TikTok広告のターゲティング種類と仕組み一覧!運用成功3つのポイント

「TikTok広告で設定できるターゲティングの種類は?」
「どんなターゲティングをすれば、TikTok広告で効果が出るの?」

10~20代の若い世代を中心に、人気を集めているTikTok。近年では企業がマーケティング施策のひとつとして導入するケースも増えてきました。そんなTikTokに広告を出して成果を出したいと考える方も多いでしょう。そこで、この記事では、以下のポイントについて、詳しく解説していきます。

  • 【一覧】TikTok広告で設定できるターゲティングの種類と仕組み
  • TikTok広告の特徴
  • TikTok広告の運用を成功させる3つのポイント

この記事を読めば、TikTok広告の特徴やターゲティングの仕組みが理解でき、効率的な運用方法がわかるようになります。TikTok広告でアプローチできるユーザー層や、効果が出る方法について知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

【一覧】TikTok広告で設定できるターゲティングの種類と仕組み

TikTok広告で設定できるターゲティングの種類は、以下の通りです。

それぞれの仕組みを詳しく解説していきます。

デモグラフィック

デモグラフィックは「人口統計学」という意味を持っており、マーケティングでは”ユーザー属性”を指します。例えば、年齢や性別、職業、学歴など、その人が持っている属性のことをデモグラフィックと呼びます。

一口にデモグラフィックといっても、広告媒体によって設定できる条件が異なる場合があります。TikTok広告で設定できるデモグラフィックは、以下のとおりです。

デモグラフィック 選択項目・詳細
性別 男性・女性
年齢 13~17歳・18~24歳・25~34歳・35~44歳・45~54歳・55歳以上
地域 ロケーションに基づきユーザーに配信:国 / 地域・地方 / 県・市・指定マーケットエリア / DMA(アメリカ限定)
言語 ユーザーのアプリ言語設定に基づいて配信

TikTok広告では、上記6項目のデモグラフィックが設定可能です。しかし、TikTokユーザーが自分で登録するのは「生年月日」のみで、言語は使用しているデバイスによります。そのため、デモグラフィック項目の中で「年齢」と「言語」だけがプロフィール情報を元にした信憑性のあるターゲティングといえます。

中でも、TikTok広告が開示している「地域ターゲティング」の基準は”さまざまなシグナルに基づいて、ユーザーに広告が配信される”というもの。とても曖昧な基準です。しかし、これまでの運用経験上、設定したエリアから大きく外れたことはほとんどないので、そこまで心配する必要はありません。

また、デモグラフィックの中で、地域ターゲティングのDMA(※1)と世帯収入は、アメリカ限定の項目なので、注意しましょう。

参照:Ad Targeting Dimensions | TikTok Ads Manager
参照:About Location Targeting | TikTok Ads Manager
(※1)居住者が同じローカルテレビ局やラジオ局にアクセスできるアメリカの地理的領域。

ユーザーリスト

TikTok広告で設定できるユーザーリストは、以下の2種類です。

  • カスタムオーディエンス
  • 類似オーディエンス

ユーザーリストは自分で作成できるので、精度が高く、広告効果が期待できます。それぞれの仕組みや作成方法を紹介していきます。

カスタムオーディエンス

TikTok広告で作成できるカスタムオーディエンスは、以下の7種類です。

リスト名 詳細
カスタムファイル Apple広告識別子(IDFA)Google広告ID(GAID)の両方のモバイル端末の広告識別子(MAID)を使用して作成するカスタマーリスト
広告エンゲージメント コンテンツを閲覧、クリック、エンゲージメントしたユーザーリスト
アプリイベント アプリのダウンロードや購入などの特定の行動を取ったユーザーリスト
ウェブサイト閲覧者 指定したウェブサイトを閲覧、特定の行動を取ったユーザーリスト
リード獲得 リード獲得広告で、フォームを閲覧、送信したユーザーリスト
Business Account 広告主のTikTokアカウントをフォロー、インタラクション(相互交流)を行ったユーザーリスト
ショップアクティビティ TikTok Shopで特定のアクションを行ったユーザーリスト

上記のように、TikTok広告ではさまざまなカスタムオーディエンスが作成できますが、中でも使いやすいのは

  • 広告エンゲージメント
  • ウェブサイト閲覧者

です。

【広告エンゲージメントの活用効果】

広告エンゲージメントを活用したカスタムオーディエンスでは、配信中の広告、または過去に配信していた広告に対して、クリックや動画視聴などの特定の行動を取ったユーザーリストを作成できます。一度、自社サービスに興味を示したユーザーに広告を配信できるので、高いエンゲージメント効果(※2)が期待できます。

【ウェブサイト閲覧者の活用効果】

ウェブサイト閲覧者を活用したカスタムオーディエンスでは、一度、自社サイトに訪問したユーザーリストを作成できます。いわゆる「リマーケティング(※3)」という手法になり、自社サービスやブランドを認知しているユーザーに広告を配信できるので、CV獲得率の向上が期待できます。

一方、TikTok広告では、電話番号やメールアドレスを使ったカスタムオーディエンスの作成はできません。2023年10月現在では「テスト中(※4)」とのこと。またカスタムオーディエンスは、リスト数が1,000人未満の場合は使用できないので注意しましょう。

(※2)いいね、コメントなどのアクション。
(※3)特定のページに訪問したユーザーに、再度広告を配信する手法。
(※4)参照:About Customer File | TikTok Ads Manager

類似オーディエンス

カスタムオーディエンスは、広告効果を高める非常に有効なリストですが、リスト数が1,000人未満の場合は使用できません。そこで便利なのが「類似オーディエンス」です。類似オーディエンスを使用することで、カスタムオーディエンスで作成したユーザーリストに近しい人に広告を配信できます。

類似オーディエンスは、効率よく広告を配信したい場合や、CV獲得率を向上させたい場合などに有効なターゲティングのひとつです。ただし、類似オーディエンスを作成するためには、カスタムオーディエンスのユーザーリストが100以上必要なので注意しましょう。

興味&行動

TikTok広告では、アプリ内でのユーザーの興味関心や行動などに基づいて広告を配信できます。このターゲティングを大きく分類すると、以下の2種類に分かれます。

  • 興味関心ターゲティング
  • 行動ターゲティング

それぞれの仕組みや具体的に設定できる項目を紹介していきます。

興味関心ターゲティング

興味関心ターゲティングでは、設定したカテゴリーに興味を示しているユーザーに広告を配信できます。例えば「飲食・グルメ」のカテゴリーを設定すると、TikTokアプリ内で飲食やグルメ関係に興味を示しているユーザーに広告が配信されます。特定のジャンルに興味はあるものの、具体的な行動はまだ取れていないユーザー層(=潜在層)に、ブランドやサービスを認知してもらいたい場合におすすめです。

興味関心ターゲティングは、広告媒体によって、設定できるカテゴリーが異なります。TikTok広告を出稿する際は、興味関心ターゲティングの中から、自社サービスやブランドに適したターゲティングがあるか確認しましょう。TikTok広告で設定できる興味関心ターゲティングの大カテゴリーは、以下のとおりです。

・ファッション/靴/帽子/カバン
・家庭用品
・ビジネスサービス
・eコマース(非アプリ)
・日常生活サービス
・ペット
・マタニティ・ベビー
・飲食・グルメ
・アプリケーション
・デジタル家電
・アウトドアスポーツ
・家の改装
・旅行
・金融
・車両&輸送手段
・携帯電話/パソコン
・ニュースデータ
・メークアップ/スキンケア
・ゲーム
・教育

※2023年10月現在

また興味関心ターゲティングのカテゴリーには、大カテゴリーにくわえて、中カテゴリー・小カテゴリーまであります。大カテゴリーを選択した場合は、その配下にある中カテゴリーと小カテゴリーのターゲティングを含むことになるので注意しましょう。

行動ターゲティング

行動ターゲティングは、TikTokアプリ内のユーザー行動に基づいて広告を配信できます。TikTok広告で設定できる行動ターゲティングには、大きく3種類あります。

行動ターゲティング 詳細 おすすめのターゲット
動画インタラクション 過去15日間に動画コンテンツへのエンゲージメントしたユーザー(動画視聴完了・いいね・コメント・シェア) 具体的な行動をとっているが、まだ比較検討段階のユーザー(準顕在層)
クリエイターインタラクション 過去30日間に特定のタイプのTikTokクリエイターをフォロー、またはそのクリエイターのプロフィールを閲覧したことのあるユーザー 具体的に欲しい商品が決まっているユーザー(準顕在層~顕在層)
ハッシュタグインタラクション 過去7日間に特定のハッシュタグを使ってTikTok動画を視聴したユーザー 自分で欲しい情報を取りに行く、関連度の高いユーザー

【動画インタラクション】

動画インタラクションは、コンテンツの視聴・いいね・コメント・シェアなど、具体的な行動をとっているがまだ比較検討段階のユーザー(=純顕在層)に絞って、広告を配信できます。そのため、興味関心ターゲティングよりも意欲の高いユーザーを狙う場合におすすめです。

動画インタラクションを利用する場合は、興味関心ターゲティング同様、TikTok広告側が用意したカテゴリーから選択します。動画インタラクションで設定できるカテゴリーは、以下のとおりです。

・超常現象とホラー
・スポーツとアウトドア
・美容とスタイル
・自動車と乗り物
・家族と人間関係
・才能
・エンターテイメント
・自然
・ライフスタイル
・社会
・パフォーマンス
・文化、教育、テクノロジー

※2023年10月現在

【クリエイターインタラクション】

クリエイターインタラクションは、過去30日間に特定のタイプのTikTokクリエイターをフォロー、またはそのクリエイターのプロフィールを閲覧したことのあるユーザーに広告を配信できます。TikTokで特定のクリエイターをフォローするということは、そのジャンルに対して大きな関心を寄せている可能性があります。そのため、クリエイターインタラクションは、具体的に欲しい商品が決まっているユーザー層(=準顕在層~顕在層)を狙いたい場合におすすめです。

クリエイターインタラクションで選択できるカテゴリーは、以下のとおりです。

・ゲーム
・ランダムな撮影
・ファッションと美容
・社会
・スポーツ
・交通機関と乗り物
・アウトドア活動と自然
・2次元コンテンツ
・才能
・動物
・テクノロジーと教育
・DIYとライフハック
・人間関係
・トランジション
・モチベーションとアドバイス
・ポップカルチャー
・フィットネスと健康
・家族
・日常生活
・旅行
・妙な心地良さ
・お笑い
・口パク
・フードとドリンク
・アート
・職業
・インテリアとガーデニング
・ドラマ

※2023年10月現在

(※3)具体的に欲しい商品が決まっている層。

【ハッシュタグインタラクション】

ハッシュタグインタラクションは、TikTok広告特有のターゲティングで、特定のハッシュタグを使ってTikTok動画を視聴したユーザーに広告を配信できます。自分で欲しい情報を取りに行く「自発的行動」を取っているユーザーにアプローチできるため、より関連度の高いユーザーに広告を配信したい場合におすすめです。

ハッシュタグインタラクションは、TikTok広告が用意したカテゴリーを選択することも可能ですが、基本的には検索窓に自分で入力して探します。例えば、検索窓に「#カフェ」と入力すると、設定できるハッシュタグが表示されます(下図)

ただし、TikTok広告の不具合なのか、キーワードによっては、検索窓に入力しても表示されないケースがあります。例えば「#グルメ」と入力しても、グルメに関するハッシュタグが表示されないことがあります。その場合は「#グル」や「#グ」など、文字を省略すると表示されるようになります。最近は精度が高くなっており、一発で表示されることが多いですが、念のため頭に入れておいてください。

デバイス

TikTok広告では、デバイス設定によるターゲティングも可能です。iOSやAndroidなどの端末情報だけでなく、通信環境や使用キャリアなど、さまざまな設定項目があります。TikTok広告で設定できるデバイスの項目は、以下のとおりです。

デバイス項目 詳細
通信環境 Wi-Fi・2G・3G・4G・5G
OS iOS・Android
OSバージョン ソフトウェアバージョンに基づきユーザーに配信(例:iOS 10.0以降・Android 4.0以降)
デバイスモデル デバイスモデルに基づきユーザーに配信
デバイス価格 無制限または特定の範囲内(0〜1,000米ドル)のデバイス価格に基づきユーザーに配信
通信キャリア 携帯電話キャリアに基づきユーザーに配信
インターネットサービスプロバイダー(ISP) 過去30日間で最も頻繁に利用されたISPに基づきユーザーに配信(ISPターゲティングは、ISPの確認済みIPアドレスに対するユーザーのインターネットプロトコルアドレスのマッピングに基づいており、精度にばらつきが存在します)

上記のように、TikTok広告では細かくデバイス項目を設定できます。しかし、初心者がTikTok広告を運用する場合、基本的にデバイスは触れなくても問題ありません。デバイスのターゲットを絞る場合は、通信環境やOSぐらいにとどめておきましょう。

参照:Ad Targeting Dimensions | TikTok Ads Manager

TikTok広告の特徴

TikTok広告とは、その名のとおり、TikTokアプリ内に出稿する広告です。広告感が薄いためユーザーに受け入れられやすく、ブランド認知効果が高いなど、さまざまなメリットがあります。また、

  • 「予約型の純広告」が配信できる
  • ターゲティングの「自動配信」ができる

という、TikTok広告ならではの特徴もあります。

関連記事

比較でわかるTikTok広告5つの特徴|他のSNS広告との違いとは

更新日:2024.01.23

TikTok広告は「予約型の純広告」が配信できる

TikTok広告が他のSNS広告と異なるのは、予約型の純広告を出稿できる点。予約型の純広告とは、掲載期間・掲載費用が決まっており、一定期間配信する広告形態です。TikTok広告で出稿できる純広告は、以下の3種類です。

  • 起動型広告
  • インフィード広告
  • ハッシュタグチャレンジ

予約型の純広告には、

  • 運用の手間がかからない
  • 注目度の高い場所に広告が掲載される

というメリットがあります。ただし、TikTok広告の純広告は、

  • 数百万円~数千万円かかる

ため、広告予算の準備には注意が必要です。

関連記事

TikTok広告の費用の目安はどれくらい?種類別の課金方式や相場を詳しく解説

更新日:2024.01.31

TikTok広告のターゲティングは「自動配信」ができる

広告運用では、自分でターゲティングを設定するのが基本ですが、TikTok広告の場合は「自動配信」を選択することも可能です。「自動配信」を選択すると、目的やクリエイティブに基づいて、TikTok広告側が自動で広告を配信してくれます。

自分でターゲティングを設定する「カスタム配信」の方が確実ではありますが、はじめての広告運用で何も分からないという方は「自動配信」も選択肢のひとつでしょう。ただし、「自動配信」では18歳未満のユーザーには広告が配信されないので、注意が必要です。

TikTok広告の運用を成功させる3つのポイント

TikTok広告は、うまくいけば高い広告効果が期待できますが、ターゲティングの選択肢が多く、運用が難しいというデメリットがあります。そのため、本来は広告代理店などのプロに運用を依頼するのがベストですが、どうしても自社で行いたいという場合もあるでしょう。そんな方は、ここで紹介する3つのポイントを参考にしてみてください。

1. ターゲットを絞り過ぎない

理想とするターゲットにピンポイントで広告を配信することは重要ですが、ターゲットの絞り過ぎには注意が必要です。ターゲットを絞り過ぎてしまうと、TikTok広告の機械学習がうまく回らず、効果が悪くなってしまう可能性があります。TikTok広告の機械学習は、設定されたターゲットの中から、目的を達成できそうなユーザーを選んで広告を配信する仕組みです。そのため、ターゲットを絞りすぎると、選べるユーザーが少なくなり、効果を発揮できないことがあります。

設定したターゲットが広いか狭いかは、広告セット編集画面の右側に表示される「ユーザーリスト」で確認できます(下図)。ユーザーリストが「狭い」と表示される場合は、少しターゲットの範囲を広げるようにしましょう。

2. 複数のターゲットを検証する

TikTok広告で効果を出すには、複数のターゲットを設定し、効果検証するのがおすすめです。複数のターゲットを検証することで、どのターゲット層にマッチしているのか分かるようになります。

例えば、おしゃれなカフェの広告を配信するとしましょう。真っ先に思い浮かぶターゲットは

「飲食・グルメに興味を示している20~30代女性」

です。しかし、他にも

「彼女とのデート用にお店を探している男性」
「たまにカフェでゆっくり仕事したいと考えているフリーランス」

など、いくつかのターゲット候補が挙げられるはずです。

ターゲットが変われば広告の内容も変わってきます。それぞれのターゲットに適した広告を用意することで、より精度の高い効果検証ができるでしょう。

3. クリエイティブの効果検証を行う

TikTok広告は、ターゲティングも重要ですが、クリエイティブの質で効果が大きく左右します。そのため、広告を配信したら終わりではなく、クリエイティブの分析を行い、定期的に入れ替えるなど、効果検証が必要です。

広告予算などにもよりますが、まずは訴求別の動画クリエイティブを3パターン程度用意し、効果に合わせて追加、停止を行うのがベストです。動画クリエイティブの制作や編集が難しい場合は、動画制作会社や広告代理店に依頼することも検討しましょう。

関連記事

TikTok広告運用で効果をアップする3つの秘訣とは?運用型広告の基本を解説

更新日:2024.01.12

まとめ

TikTok広告は、10~20代の若い世代に人気のアプリ「TikTok」に出稿できる広告です。

  • 広告感が薄く受け入れられやすい
  • ブランド認知効果が高い

などのメリットがある一方、

  • 設定できるターゲティングの種類が多い
  • 質の高い動画クリエイティブが必要

なため、運用が難しい広告媒体でもあります。

TikTok広告のターゲティングには、

  • ターゲット設定を自分で行う「カスタム配信」
  • TikTok広告側がターゲット設定を行う「自動配信」

があります。もちろん、カスタム配信の方が狙ったターゲットに広告を配信できますが、広告運用初心者の場合は「自動配信」で、ターゲット配信をTikTok広告側に任せるのもひとつです。

カスタム配信を選択した場合、TikTok広告で設定できるターゲティングの種類は、以下の通りです。

TikTok広告のターゲティングで注意したいのは、上記のうち「興味&行動」の「行動ターゲティング」です。行動ターゲティングでは、TikTokアプリ内のユーザー行動に基づいた広告配信が可能で、中でも以下の3種類に分類されます。

詳細 おすすめのターゲット
動画インタラクション 過去15日間に動画コンテンツへのエンゲージメントしたユーザー(動画視聴完了・いいね・コメント・シェア) 具体的な行動をとっているが、まだ比較検討段階のユーザー(準顕在層)
クリエイターインタラクション 過去30日間に特定のタイプのTikTokクリエイターをフォロー、またはそのクリエイターのプロフィールを閲覧したことのあるユーザー 具体的に欲しい商品が決まっているユーザー(準顕在層~顕在層)
ハッシュタグインタラクション 過去7日間に特定のハッシュタグを使ってTikTok動画を視聴したユーザー 自分で欲しい情報を取りに行く、関連度の高いユーザー

行動ターゲティングは、どんなユーザー層に向けて広告を配信したいのか、目的に沿って選ぶことが重要です。TikTok広告特有のターゲティングになるので、うまく使いこなして、広告効果を高めましょう。

関連記事

【完全ガイド】TikTok広告の種類と選び方|特徴・費用から効果的な運用方法まで

更新日:2024.02.22

また、TikTok広告の運用を成功させるためには、以下3つのポイントを押さえておきましょう。

  1. ターゲットを絞り過ぎない
  2. 複数のターゲットを検証する
  3. クリエイティブの効果検証を行う

効果的なTikTok広告を配信するためには、運用面での経験や知識はもちろん、質の高い動画クリエイティブも必要です。社内に制作スキルやリソースがない場合は、広告代理店などのプロに相談することをおすすめします。

株式会社J・Gripマーケティングでは、大手企業から中小企業までの数多くの実績をもとにお客様の目標達成に貢献したいと考えております。TikTok広告についてお悩みの場合は、お気軽にご相談ください。

プロモーション、広告、制作、PRなら、
J・Gripマーケティング
ご依頼ください。

新技術や新手法が次々と現れる中で、常に最新かつ効果的なマーケティングソリューションを提供するために、弊社ではクリエイティブ制作、システム開発、分析専門担当、WEBプロモーション運用専門担当、企画担当などクライアントニーズの全てに応えることのできる体制を整えています。

おすすめ記事

  • Tik Tok広告

    TikTok広告の費用の目安はどれくらい?種類別の課金方式や相場を詳しく解説

  • Tik Tok広告

    TikTok広告のターゲティング種類と仕組み一覧!運用成功3つのポイント

  • Tik Tok広告

    他のSNSにはないTikTok広告のメリットとは?必ず知っておくべきデメリットや必要な費用も紹介

関連記事