【一覧】Instagram広告のターゲティング種別!費用対効果を高める運用方法とは

SNSを活用したマーケティング手法は、今や当たり前の時代です。中でも、Instagram広告は、自社サービスのプロモーションや問い合わせ獲得など、幅広い目的で高い効果が期待できます。

しかし
「Instagram広告で設定できるターゲティングがわからない……」
「Instagram広告が本当に自社サービスにマッチしているのかわからない……」

と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そこで、この記事では以下のポイントについて解説していきます。

  • Instagram広告のターゲティングの特徴
  • Instagram広告で設定できるターゲティング種別
  • Instagram広告を成功させるターゲティング設定のコツ
  • 費用対効果を高めるInstagram広告の運用方法

Instagram広告を運用するうえで、ターゲティング設定はとても重要なポイントです。ターゲティング設定についての知識を深め、広告効果を最大化したい方はぜひ参考にしてみてください。

Instagram広告|ターゲティングの特徴

広告媒体によって、設定できるターゲティング設定や特徴は異なります。Instagram広告におけるターゲティング設定の大きな特徴は、Facebookデータをもとにした精度の高さです。

Facebookは実名登録が必須のSNS。ビジネス目的で利用する方も多いため、職業や勤務先などの個人情報を登録しているユーザーが数多くいますInstagram広告では、そんなFacebookデータをもとにしたターゲティング設定ができるため、高い広告効果が期待できます。

【一覧】Instagram広告のターゲティング種別

Instagram広告で設定できるターゲティング種別は、大きく以下の4種類。

  • デモグラフィックオーディエンス
  • 詳細ターゲティング
  • カスタムオーディエンス
  • Advantage+オーディエンス

具体的な設定項目と詳細を以下の表にまとめました。

ターゲティング おすすめの配信目的 項目 詳細
デモグラフィックオーディエンス キャンペーン告知・ブランド認知度を高めたい場合 地域 地域や行動範囲で広告配信をしたい場合におすすめ
年齢 指定した年齢のユーザーに広告を配信したい場合におすすめ
性別 指定した性別のユーザーに広告を配信したい場合におすすめ
言語 ユーザーが普段使っている言語で広告配信したい場合におすすめ
詳細ターゲティング ・クリック率・エンゲージメント率を高めたい場合

・ブランド認知度を高めたい場合

利用者層 学歴や仕事、ライフイベントなどをもとに広告配信したい場合におすすめ

(例:専門学生・IT業界・子どもがいる人など)

興味関心 特定のジャンルに興味を示しているユーザーに広告配信したい場合におすすめ

(例:ファッションデザイン・デザートなど)

行動 モバイルデバイスや旅行など、ユーザーの行動にもとづいて広告配信したい場合におすすめ

(例:よく旅行する人・海外駐在者など)

カスタムオーディエンス ・問い合わせ・資料請求などのCVを獲得したい場合

・フォロワーを獲得したい場合

カスタマーリスト 自社で保有する顧客データをもとに広告配信したい場合におすすめ
リマーケティング 特定のWebサイトページに訪問したユーザーに広告配信したい場合におすすめ
アプリ・Instagramアカウントユーザー Instagramアカウントのフォロワーや投稿に対してアクションを起こしたユーザーに広告配信したい場合におすすめ
類似オーディエンス 各リストに近しいオーディエンスに広告配信したい場合におすすめ
Advantage+オーディエンス ・リーチ(※1)を広げたい場合

・効果改善したい場合

効果に応じて自動でターゲティングを拡張してほしい場合におすすめ

Instagram広告で効果を出すためには、これらのターゲティング種別を理解する必要があります。それぞれの特徴を、詳しく解説していきます。

(※1)広告を見る(見た)人の数。

デモグラフィックオーディエンス

Instagram広告で設定できるデモグラフィックオーディエンスは、以下の4つです。

  • 地域
  • 年齢
  • 性別
  • 言語

デモグラフィックとは、年齢や性別などの「人口統計学に関する属性」を指します。デモグラフィックオーディエンスだけで広告配信することを「ブロード配信」と呼び、キャンペーン告知やブランド認知の向上に向いています。

しかし、対象が広過ぎると関係のないユーザーにも広告が配信されるため、多くの場合は「詳細ターゲティング」「カスタムオーディエンス」と組み合わせて設定します。

地域

Instagram広告の地域ターゲティングは「選択した地域に住んでいる人や、最近その地域にいた人」に広告を配信できます。設定できる地域区分は、以下のとおり。

  • 都道府県
  • 市区町村

また、Instagram広告では、指定した住所から「半径〇km以内」などの細かな設定も可能です。都道府県や市区町村などの指定区域ではなく、徒歩圏内や行動範囲で広告を配信したい場合におすすめです。

ただし、Instagram広告のシステム上、漢字で入力しても表示されない場合があります。たとえば「千葉県」と入力しても選択項目に出てきません。その場合は「chiba」のように英語表記で入力してみてください。

(※)参照:ターゲット地域について|Metaビジネスヘルプセンター

年齢

Instagram広告の年齢ターゲティングは「13~65歳」まで1歳単位で設定可能です。ただし、18歳以下を設定する場合、一部広告に制限がかかることがあります。

また、アルコールやたばこ、ギャンブルなどの商材を広告配信する場合、18歳以下を設定すると「審査落ち」になり、最悪の場合アカウントが凍結させるので注意しましょう。

性別

Instagram広告で設定できる性別ターゲティングは、以下のとおりです。

・男性
・女性
・すべて

広告を配信したいターゲットにあわせて選択しましょう。

言語

Instagram広告の言語ターゲティングは、Facebookで設定されている言語が対象です。

たとえば

  • アメリカ人に広告を配信したい場合は「英語」
  • 日本人に広告を配信したい場合は「日本語」

など、ターゲットにあわせて言語を設定しましょう。

Facebookの言語設定上、日本語には「日本語」「日本語(関西弁)」の2種類があります。日本人を対象にする場合は、どちらも設定することをおすすめします。

また、経営者や海外と関わる仕事をしているユーザーは、あえて言語設定していないこともあります。そのため、BtoB商材などの場合は、あえて言語設定せず広告を配信するのもひとつです。

詳細ターゲティング

Instagram広告で設定できる詳細ターゲティングは、以下の3つです。

  • 利用者層
  • 興味・関心
  • 行動

詳細ターゲティングを設定することで、すでに特定のジャンルに興味を示しているユーザーに広告を配信できます。そのため、クリック率やエンゲージメント率を高めたい場合などにおすすめです。

また、デモグラフィックオーディエンスと組み合わせることで、さらに精度の高いターゲティングが可能です。

利用者層

利用者層とは「ユーザーのおかれている状況」に対して広告配信するターゲティングです。Instagram広告で設定できる利用者層のカテゴリーは、以下のとおりです。

  • 学歴
  • ファイナンス
  • ライフイベント
  • 子供がいる人
  • 交際
  • 仕事

「学歴」「仕事」などのカテゴリーはInstagram広告特有のターゲティングといえます。「学歴」では、博士号や専門学校生、大学院生など、細かい設定が可能です。また「仕事」では、従事している業界や勤務先、役職などでターゲティングできるため、BtoB商材や人材商材などに向いています。

役職は、日本語で入力しても選択肢に出てこないことが多いので、その場合は英語表記にするなど、検索方法を工夫してみてください。

興味・関心

興味・関心とは、特定のカテゴリーに興味を示しているユーザーに広告を配信できるターゲティングです。たとえば「ファッションデザイン」を設定すると、Instagramアプリ上でファッションデザインに対して興味を示しているユーザーに広告が配信されます。自社サービスに近いカテゴリーを設定することで、高い広告効果が期待できます。

また、興味・関心ターゲティングは、複数カテゴリー設定すると「OR条件(※2)」で広告が配信されます。つまり「ファッションデザイン」「グルメ」の2つを設定すると、いずれかに興味を示しているユーザーに広告が配信されます。両方の条件を満たす「AND条件(※3)」で広告を配信したい場合は、広告設定画面の「さらに細かく定義」から設定してください。

(※2)いずれかに一致する条件「または」「もしくは」
(※3)すべてを満たす条件「かつ」

行動

行動ターゲティングでは、電子機器の利用状況やユーザーの行動にもとづいて広告を配信できます。Instagram広告で設定できるカテゴリーは、以下のとおりです。

  • Digital activitiesTeam
  • Soccer
  • その他のカテゴリー
  • デジタルアクティビティ
  • モバイルデバイスユーザー
  • モバイルデバイスユーザー/デバイスの使用期間
  • 旅行
  • 海外駐在者
  • 消費者の分類
  • 行動
  • 記念日
  • 購入行動

行動ターゲティングは「Facebook決済の利用者」「Instagramビジネスプロフィールの管理者」など、Instagram広告ならではのターゲティングが可能です。利用者層や興味・関心とは違う角度でターゲティングしたい場合に活用しましょう。

カスタムオーディエンス

カスタムオーディエンスとは、自社で持っている顧客リストやアカウントデータなどを活用して作成する「独自のオーディエンスリスト」のことです。Instagram広告で設定できるおもなカスタムオーディエンスは、以下のとおりです。

  • カスタマーリスト
  • リマーケティング
  • アプリ・Instagramアカウントユーザー
  • 類似オーディエンス

顧客データやアカウントデータをもとに作成するカスタムオーディエンスは、問い合わせや資料請求などのCV(=コンバージョン)を獲得したい場合におすすめです。一見、BtoB商材との相性が悪そうなInstagram広告ですが、カスタムオーディエンスを活用することで高い広告効果が期待できます。顧客データなどを保持している場合は、積極的に活用しましょう。

カスタマーリスト

カスタマーリストは、自社が保持している顧客データをもとに作成するオーディエンスリストのことです。既存顧客に対して広告を配信する場合に有効な手段ですが、カスタマーリスト単体で広告配信することはほとんどありません。多くの場合は、カスタマーリストをもとに作成する「類似オーディエンス」を活用して広告を配信します。類似オーディエンスについては、このあと詳しく解説します。

カスタマーリストを作成する場合は、顧客の「メールアドレス」「電話番号」などが必要になるので、事前に準備しておきましょう。

リマーケティング

リマーケティングとは、特定のWebサイトに訪問したユーザーに対して再アプローチする広告手法のことです。たとえば、自社サイトに訪問したけど、購入には至らなかったユーザーなどにアプローチできます。

リマーケティングは、一度自社商品に興味を持ったユーザーに広告を配信できるため、高い広告効果が期待できます。効率良く問い合わせや資料請求などのCVを獲得したい場合は、積極的に活用しましょう。

アプリ・Instagramアカウントユーザー

Instagram広告では、Instagramアカウントにアクションを起こしたユーザーのリストを作成できます。作成できるInstagramアカウントリストは、以下のとおりです。

  • Instagramアカウントにアクションを実行したすべての人
  • Instagramアカウントをフォローし始めた人
  • Instagramアカウントのプロフィールにアクセスしたすべての人
  • 投稿または広告でアクションを実行した人
  • 投稿または広告を保存した人

Instagramアカウントリストは、すでに自社に対して興味を持っているユーザーにアプローチできるため、商品購入やエンゲージメント獲得などに向いています。Instagram広告だけでなく、Instagramアカウントの運用も行っている場合は、ぜひ活用してみてください。

類似オーディエンス

類似オーディエンスとは、ここまで紹介したカスタムオーディエンスをもとに作成する「近しいユーザーのリスト」です。

たとえば、顧客データをアップロードしてカスタマーリストを作成したとします。しかし、顧客データが少ないと、リストの精度も低く、リーチ数も少なくなってしまいます。そこで、類似オーディエンスを作成することで、カスタマーリストに近しいユーザーにリーチを広げて配信できるようになります。類似オーディエンスは、1~10%まで選択でき、数が小さいほど類似度が高くなります。

BtoB商材ではもちろんのこと、問い合わせや資料請求、購入などのCVを獲得したい場合は、類似オーディエンスの活用をおすすめします。

Advantage+オーディエンス

Advantage+オーディエンスとは、2020年にアップデートされたMeta広告で利用できる広告自動化ツールのひとつです。広告効果を向上できるとMeta広告のAIが判断した場合、自動でオーディエンスの拡張などが実施されます。

たとえば、詳細ターゲティングで「ファッションデザイン」を設定しても、効果が見込めるとMeta広告のAIが判断した場合、それ以外のユーザーにも広告が配信される可能性があります。

たしかに、Meta広告のAIは、選択肢(リーチ数)が多いほど精度が上がり、効果が出やすいといわれています。Instagram広告が初めての方や、配信したけど思うような効果が出ない方は、Advantage+オーディエンスを活用するのもいいでしょう。

Instagram広告を成功させるターゲティングのコツ

Instagram広告を成功させるターゲティング設定のコツは、以下の3つです。

  1. ターゲットを絞り過ぎない
  2. 詳細ターゲティングを使い分ける
  3. 類似オーディエンスを活用する

ターゲティング設定は、Instagram広告の効果を左右する重要なポイントです。Instagram広告の運用を検討している方は、上記3つのコツを頭に入れておいてください。

1. ターゲットを絞り過ぎない

Instagram広告を運用するうえで、ターゲットの絞り過ぎはあまりよくありません。理由は、Instagram広告の機械学習にあります。Instagram広告の機械学習は、設定されたターゲットの中から、成果につながりそうなユーザーを見つけて広告を配信する仕組みです。そのため、ターゲットを絞り過ぎると、選択肢が少なくなり、機械学習がうまく回らなくなる可能性があります。Instagram広告を成功させるためには、少し広めにターゲット設定するのがポイントです。

2. 詳細ターゲティングを使い分ける

Instagram広告では、詳細ターゲティングの使い分けもポイントです。たとえば「営業」ひとつにしても、利用者層・勤務先・役職・興味関心と複数の選択肢があります。同じターゲティングでも、詳細ターゲティングの項目が違えば、ターゲットは大きく変わります。

Instagram広告を成功させるには「利用者層」「興味・関心」「行動」の各項目を使い分けて、適正なターゲティング設定を心がけましょう。

3. 類似オーディエンスを活用する

カスタムオーディエンスを作成する際は、あわせて類似オーディエンスも作成しましょう。類似オーディエンスを活用すれば、既存顧客に属性の近しいユーザーにアプローチできます。

類似オーディエンスは、類似度に沿って1~10%まで作成可能です。まずは、1%からはじめて、効果を見ながら徐々に拡大していくのがおすすめです。

費用対効果を高めるInstagram広告の運用方法

Instagram広告の費用対効果を高めるには、豊富な広告フォーマットや複雑なターゲティングを使いこなす必要があります。しかし、日ごろからInstagram広告に触れ、経験がないとInstagram広告の機能を使いこなすのは難しいでしょう。そのため、Instagram広告初心者の方には、以下の運用方法がおすすめです。

  • データ分析・広告運用支援ツールを利用する
  • 広告代理店に運用代行を依頼する

データ分析・広告運用支援ツールを利用する

Instagram広告の運用では、データ分析、改善などのPDCAサイクルを素早く回す必要があります。しかし、広告運用の経験がないと、何が良くて何が悪いのか判断に困ることもあるでしょう。そのため、適切なデータ分析と効果改善を実行したい場合は、「広告運用支援ツール」を利用するのがおすすめです。

利用するツールによって機能は異なりますが、

  • データ分析
  • 改善案のアドバイス
  • レポーティング機能

などは基本的に備わっています。ただし、ツールによっては、料金が数十万円かかることもあります。数多くの広告を配信している場合は便利ですが、広告配信の数や頻度が少ない場合はコスパが悪くなってしまう可能性があるので注意が必要です。

広告代理店に運用代行を依頼する

Instagram広告の費用対効果を高めるなら、広告代理店に運用代行を依頼するのもひとつです。広告代理店は、その道のプロです。過去の運用経験などを踏まえて、最適な運用方法を導いてくれます。

運用代行手数料は広告代理店によって異なりますが、広告予算の20%が相場です。そのため、広告予算50万円の場合、10万円が運用手数料として発生します。高いお金を払ってツールを利用するのであれば、信頼できる広告代理店に任せるほうが賢明な判断といえるでしょう。

関連記事

Instagram広告の効果は運用次第!効果が出にくい企業の特徴とは

更新日:2023.12.26

まとめ

Instagram広告のターゲティングは、実名登録のFacebookデータにもとづいているため、精度の高さに定評があります。Instagram広告で設定できるターゲティング種別は、大きく以下の4種類。

ターゲティング 項目 詳細
デモグラフィックオーディエンス 地域 地域や行動範囲で広告配信をしたい場合におすすめ
年齢 指定した年齢のユーザーに広告を配信したい場合におすすめ
性別 指定した性別のユーザーに広告を配信したい場合におすすめ
言語 ユーザーが普段使っている言語で広告配信したい場合におすすめ
詳細ターゲティング 利用者層 学歴や仕事、ライフイベントなどをもとに広告配信したい場合におすすめ

(例:専門学生・IT業界・子どもがいる人など)

興味関心 特定のジャンルに興味を示しているユーザーに広告配信したい場合におすすめ

(例:ファッションデザイン・デザートなど)

行動 モバイルデバイスや旅行など、ユーザーの行動にもとづいて広告配信したい場合におすすめ

(例:よく旅行する人・海外駐在者など)

カスタムオーディエンス カスタマーリスト 自社で保有する顧客データをもとに広告配信したい場合におすすめ
リマーケティング 特定のWebサイトページに訪問したユーザーに広告配信したい場合におすすめ
アプリ・Instagramアカウントユーザー Instagramアカウントのフォロワーや投稿に対してアクションを起こしたユーザーに広告配信したい場合におすすめ
類似オーディエンス 各リストに近しいオーディエンスに広告配信したい場合におすすめ
Advantage+オーディエンス 効果に応じて自動でターゲティングを拡張してほしい場合におすすめ

Instagram広告では、上記ターゲティング種別を状況に応じて使い分けることが重要です。

たとえば、

  • デモグラフィックオーディエンス:キャンペーン告知やブランド認知の向上
  • 詳細ターゲティング:クリック率やエンゲージメント率の向上
  • カスタムオーディエンス:問い合わせや資料請求などのCV獲得

など、Instagram広告を配信する目的にあわせて使い分けましょう。初心者の方などは、効果にあわせて自動調整してくれる「Advantage+オーディエンス」などの活用がおすすめです。

また、Instagram広告のターゲティング設定には、いくつかのコツがあります。

  1. ターゲットを絞り過ぎない
  2. 詳細ターゲティングを使い分ける
  3. 類似オーディエンスを活用する

ターゲットの絞り過ぎは、ついやりがちなポイントなので、十分注意しましょう。詳細ターゲティングの使い分けや類似オーディエンスの活用などは、広告効果を高めるうえで必要な運用方法なので、頭に入れておくとよいでしょう。

なお、費用対効果を高める方法として「広告支援ツールの活用」もありますが、料金が高く割に合わない可能性があります。そこでおすすめなのが「広告代理店への運用代行の依頼」です。広告代理店に依頼すれば、運用手数料20%程度でプロの運用ノウハウを利用できます。Instagram広告は自社運用も可能ですが、確実にプロモーションを成功させたい場合などは、プロの力を借りるのもいいでしょう。

関連記事

Instagram広告に強い運用代行を選ぶには?おすすめ代理店5選

更新日:2024.02.24

株式会社J・Gripマーケティングでは、大手企業から中小企業までの数多くの実績をもとにお客様の目標達成に貢献したいと考えております。Instagram広告の運用を検討している方は、ぜひ一度ご相談ください。

【株式会社J・Gripマーケティングの運用事例】Instagram広告のターゲティング

家電通販サイトの認知拡大を図った成功事例です。Instagram広告のリマーケティング・類似オーディエンスを活用することで、月額10万円程度の少ない予算の中で効率良く広告を配信できました。

また、季節物の商品をカルーセル広告(※1)で配信することで、ユーザーの興味をひき、幅広いリーチに成功しました。Instagram広告を配信することで、Googleの自然検索も増えたことから、Instagram広告による相乗効果が発揮できたと考えられます。

(※1)複数枚の画像を1つの広告として配信するスライド式の広告フォーマット

プロモーション、広告、制作、PRなら、
J・Gripマーケティング
ご依頼ください。

新技術や新手法が次々と現れる中で、常に最新かつ効果的なマーケティングソリューションを提供するために、弊社ではクリエイティブ制作、システム開発、分析専門担当、WEBプロモーション運用専門担当、企画担当などクライアントニーズの全てに応えることのできる体制を整えています。

おすすめ記事

  • Instagram広告

    Instagram広告の費用対効果を高める11の運用テクニック|費用相場や適正予算も解説!

  • Instagram広告

    Instagram広告に強い運用代行を選ぶには?おすすめ代理店5選

  • Instagram広告

    Instagram広告運用を成功させる5つのポイント!運用前に知っておきたい基礎知識

関連記事