【一覧】TikTok広告の広告フォーマット!運用に必要な基礎知識

10~20代のZ世代を中心に人気のTikTok。ブランド認知や商品購入などの広告効果も期待できることから、近年TikTok広告を配信する企業も増えてきています。

しかし、TikTok広告は種類が多く「どの広告フォーマットを使えばいいのかわからない…」という方も多いのではないでしょうか。そこで、この記事では以下のポイントについて解説していきます。

  • TikTok広告の広告フォーマット一覧
  • 広告フォーマット別の特徴や費用相場
  • TikTok広告の運用ポイント
  • TikTok広告配信時の注意点

TikTok広告に限らず、Web広告は広告フォーマットや機能などが転々とする傾向にあります。本当に効果の出る広告運用をするためには、できるだけ最新情報を入手するように心がけましょう。

【一覧】TikTok広告で利用できる広告フォーマット種別

TikTok広告の種類は、大きく以下の2つに分類されます。

  • ブランド広告リザベーション(予約型広告)
  • オークション広告(運用型広告)

それぞれで利用できる広告フォーマットを、以下の一覧表にまとめました。

【ブランド広告リザベーション(予約型広告)】

広告フォーマット 費用相場 おすすめのケース
TopView 最低出稿金額500万円~ フルスクリーンでインパクトのある広告を配信し、ブランド認知度を一気に高めたい場合
Reach&Frequency 配信量に応じた消化分請求 確実に狙ったユーザーにアプローチしたい場合
Branded Mission Mission Standard:903万円~

Mission Mega:1,806万円~

TikTokのユーザーコンテンツを利用して、エンゲージメントを高めたい場合

※2024年1月現在

【オークション広告(運用型広告)】

広告フォーマット 費用相場 おすすめのケース
ブランドキャンペーン目的 最低出稿金額5,000円/日 リーチの最大化や動画視聴を促したい場合
パフォーマンスキャンペーン目的 最低出稿金額5,000円/日 Webサイトへの誘導やアプリインストール、コンバージョンを獲得したい場合

※2024年1月現在

なお、インターネット上には、広告フォーマットのひとつとして、起動画面広告やブランドエフェクト広告などが記載されていることがあります。2024年1月現在では、起動画面広告がTopViewに名称変更。ブランドエフェクト広告は、単品購入も可能ですが、基本的にはBranded Missionのオプションにあたります。予約型広告の出稿を検討する場合は、TikTok広告の問い合わせページから、現時点で出稿できる最新の広告フォーマットを確認することをおすすめします。

ここからは、ブランド広告リザベーション(予約型広告)・オークション広告(運用型広告)それぞれの

  • 広告フォーマットの特徴
  • 課金形式や費用相場

について、詳しく解説します。

ブランド広告リザベーション(予約型広告)

「ブランド広告リザベーション(予約型広告)」は掲載枠に限りがあるため、高いブランド認知効果が期待できますが、出稿費用が数百万円以上・中には1,000万円を超えるフォーマットもあります。出稿できる広告フォーマットは、以下の3つです。

広告フォーマット おすすめのケース 課金形態 費用相場 キャンペーン目的
TopView リーチ インプレッション課金型(CPM)(※1) 最低出稿金額500万円~ フルスクリーンでインパクトのある広告を配信し、ブランド認知度を一気に高めたい場合
Reach&Frequency リーチ インプレッション課金型(CPM) 配信量に応じた消化分請求 確実に狙ったユーザーにアプローチしたい場合
Branded Mission パッケージ課金 Mission Standard:903万円~

Mission Mega:1,806万円~

TikTokのユーザーコンテンツを利用して、エンゲージメントを高めたい場合

また、ブランド広告リザベーション(予約型広告)ではブランドリフト調査も可能(※2)です。ブランドリフト調査とは、ブランディング広告の効果を調べる指標の1つです。広告出稿後にアンケートを実施し、広告接触ユーザーと非接触ユーザーを比較して、ブランド認知度や好感度、購買意欲などを計測できます。広告管理画面上では計測できない効果を分析できるため、ブランディング目的で広告を出稿する際にはおすすめです。

ここからは、ブランド広告リザベーション(予約型広告)で選択できる広告フォーマット

  • TopView
  • Reach&Frequency
  • Branded Mission

の特徴について詳しく解説します。

(※1)インプレッション課金型(CPM):広告が1,000回表示されるごとに課金が発生する
(※2)Branded Mission、Branded Effectは単体でのブランドリフト調査は不可。TopViewもしくはインフィード広告と合わせての出稿で調査可能

インプレッション課金型(CPM)など、TikTok広告の課金形式や仕組みについては、こちらの記事でも詳しくご紹介しています。

関連記事

TikTok広告の費用の目安はどれくらい?種類別の課金方式や相場を詳しく解説

更新日:2024.01.31

1. TopView

TopViewは、アプリ起動時に表示される動画広告で、もっともインパクトのある広告フォーマットです。TopViewのおもな特徴は、以下のとおり。

  • 1日1社限定で広告枠を独占できる
  • 縦型フルスクリーンで表示されるためインパクトがある
  • アプリ起動時と最初のインフィード動画で配信される

アプリ起動時に表示されるTopViewは、圧倒的なインパクトがあり、高いエンゲージメント(※3)効果が期待できます。また、ユーザーが3秒以上視聴した後も、画面が切り替わることなくフィードに入るため、広告への抵抗や違和感を最小限に抑えられます。

高いエンゲージメント効果・拡散力が期待できるTopViewは、新規サービスのローンチやイベント告知など、短期間でブランド認知度を向上させたい場合におすすめです。

(※3)いいねやシェアなどのユーザー行動

2. Reach&Frequency

Reach&Frequencyは、運用型広告と同じ管理画面「TikTok Ads Manager」上で事前にリーチ(※4)・フリークエンシー(※5)などをシミュレーションしたうえで予約をする広告フォーマットです。Reach&Frequencyのおもな特徴は、以下のとおり。

  • 狙ったターゲティングのフリークエンシーをコントロールできる
  • リーチ数やフリークエンシーなどを事前にシミュレーションできる

Reach&Frequencyは、アプローチしたいターゲティングのフリークエンシーをコントロールできます。ターゲットユーザーに対して、適切な回数で広告を配信できるので、ブランド認知度の向上やエンゲージメント獲得に最適な広告フォーマットです。

(※4)広告を見る(見た)ユーザーの数
(※5)広告を配信する頻度

3. Branded Mission

Branded Missionは、クリエイターのリアルなコンテンツを活用した広告フォーマットです。Branded Missionのおもな特徴は、以下のとおりです。

  • 広告主とクリエイターがコンテンツを一緒に作る
  • 信頼性の高いクリエイティブを入手できる
  • いいねやコメントなどのエンゲージメントが期待できる

Branded Missionは、広告主が設定したミッションに参加条件を満たしたクリエイターが参加し、集まった投稿からインセンティブを付与する動画を選出する仕組みです。そのため、広告主には質の高いクリエイティブが集まり、その投稿を配信することで高いエンゲージメント効果が期待できます。

また、Branded Missionは、Hashtag Page(ハッシュタグページ)やBranded Effect(ブランドエフェクト)などを追加購入することも可能なので、商材に合わせて検討してみましょう。

ただし、Branded Missionは、スタンダートパッケージでも903万円以上の予算が必要で、追加オプションを購入すると1,000万円を超える可能性があります。質の高い投稿で確実にエンゲージメントを獲得したい場合に検討しましょう。

オークション広告(運用型広告)

TikTok広告のオークション広告(運用型広告)は、最低出稿金額が5,000円/日ではあるものの、運用期間・費用などを自由に設定できます。そのため、多額の広告予算を準備できない場合は「オークション広告(運用型広告)」での効果向上を目指すのがおすすめです。

TikTok広告のオークション広告(運用型広告)には、2種類あります。

キャンペーン目的 課金形態 費用相場 おすすめのケース
ブランド インプレッション課金型(CPM)

最適化インプレッション課金型(oCPM)(※6)

クリック課金型(CPC)(※7)

6秒FocusedView(※8)

最低出稿金額5,000円/日 リーチの最大化や動画視聴を促したい場合
パフォーマンス インプレッション課金型(CPM)

最適化インプレッション課金型(oCPM)

クリック課金型(CPC)

最低出稿金額5,000円/日 Webサイトへの誘導やアプリインストール、コンバージョンを獲得したい場合

オークション広告(運用型広告)は、キャンペーン目的によって、選択できる課金形態などが異なります。それぞれの特徴を理解して状況に応じて使い分けられるようにしておきましょう。

(※6)最適化インプレッション課金型(oCPM):キャンペーン目的を最適化したインプレッション課金(CPM)
(※7)クリック課金型(CPC):広告がクリックされるごとに課金が発生する
(※8)6秒FocusedView:6秒視聴する、もしくは6秒以内になんらかのアクションを取った場合に課金が発生する

インプレッション課金型(CPM)など、TikTok広告の課金形式や仕組みについては、こちらの記事でも詳しくご紹介しています。

関連記事

TikTok広告の費用の目安はどれくらい?種類別の課金方式や相場を詳しく解説

更新日:2024.01.31

1. ブランドキャンペーン目的

ブランドキャンペーン目的で設定できる目的は、以下の3つです。

キャンペーン目的 使用ケース 課金形態
リーチ より多くのユーザーに広告を配信したい場合 インプレッション課金型(CPM)
動画視聴数 動画の視聴数とエンゲージメントを最大化したい場合 6秒FocusedView
コミュニティインタラクション(CI) TikTokビジネスアカウントを強化したい場合 クリック課金型(CPC)

インプレッション課金型(CPM)

ブランドキャンペーン目的は、リーチや動画視聴、フォローなどのユーザーアクションを最大化します。そのため、ブランド認知度の向上やエンゲージメントを獲得したい場合におすすめです。

たとえばコミュニティインタラクションとは、TikTokアカウントへのフォローやプロフィール訪問数などのアクションを指します。また、次に紹介するパフォーマンスキャンペーン目的では設定できない課金形態「6秒FocusedView」を選択できることも大きな特徴です。

2. パフォーマンスキャンペーン目的

パフォーマンスキャンペーン目的は、Webサイトへのアクセスやアプリインストール、コンバージョン数の最大化などを目的に広告配信を行います。いわゆる、一般的なWeb広告です。選択できるキャンペーン目的は、以下の5つ。

キャンペーン目的 使用ケース 課金形態
トラフィック Webサイトにアクセスさせたい場合 クリック課金型(CPC)

最適化インプレッション課金型(oCPM)

リード生成 見込み顧客を獲得したい場合 最適化インプレッション課金型(oCPM)
アプリプロモーション アプリを宣伝したい場合 クリック課金型(CPC)

最適化インプレッション課金型(oCPM)

Webサイトのコンバージョン数 TikTokビジネスアカウントを強化したい場合 最適化インプレッション課金型(oCPM)
商品販売(ビデオショッピング広告) TikTokビジネスアカウントを強化したい場合 最適化インプレッション課金型(oCPM)

TikTok広告では、適切なキャンペーン目的を設定しなければ効果はでません。たとえば、コンバージョンを獲得したいのにトラフィック目的を設定すると、Webサイトへのアクセスは集まりますが、肝心のコンバージョンには繋がりません。Webサイトへのアクセスを集めたいなら「トラフィック」、見込み顧客を獲得したいなら「リード生成」など、目的に合わせて設定しましょう。

TikTok広告の効果を最大化!3つの運用ポイント

TikTok広告を効果的に配信するためには、以下のポイントを押さえておきましょう。

  1. 開始3秒以内にインパクトのある情報を挿入する
  2. クリエイティブサイズを「9:16」に統一する
  3. インフルエンサーを起用する

1. 開始3秒以内にインパクトのある情報を挿入する

TikTok広告の効果を最大化するためには、開始3秒以内にインパクトのある情報を入れましょう。TikTokアプリを利用しているユーザーは、直感的に興味がないと判断すると、すぐにスワイプして次の動画に移ります。そのため、動画の冒頭でユーザーの興味を引かなければ一向に効果は出ません。CMのように伝えたいことを最後に持ってくるのではなく、冒頭で伝えることを意識しましょう。

2. クリエイティブサイズを「9:16」に統一する

TikTok広告で効果を出すには、クリエイティブサイズ「9:16」の縦長フルスクリーンがおすすめです。TikTok広告は、縦長フルスクリーンで訴求できるのが魅力のひとつです。スマホで見た時に、横長動画では小さく見えづらいですが、縦長フルスクリーンだと見やすくインパクトもあります。また、多くのユーザーが縦長動画を投稿しているので、違和感なく広告を配信できるでしょう。

3. インフルエンサーを起用する

TikTokでは、インフルエンサーにサービスを拡散してもらうインフルエンサーマーケティングも効果的ですが、動画内にインフルエンサーを起用するのもひとつです。

実際、インフルエンサーを起用した広告と起用していない広告を比較したところ、インフルエンサーを起用した広告のCVRが約140%、6秒視聴率は約124%と、効果が高いことがわかります。また、インフルエンサーによる話しかけがある、UGC(※1)テキストが入っているなども効果的なので、インフルエンサーを起用する際は試してみてはいかがでしょうか。

(※1)ユーザー生成コンテンツ。口コミなどが該当
(※)参照:TikTok運用型広告で効果的なクリエイター活用方法を公開

TikTok広告を配信する際の注意点

ブランド認知度の向上やコンバージョン獲得など、さまざまな目的で利用できるTikTok広告ですが、出稿する際の注意点があります。出稿してからでは手遅れになることもあるので、出稿前に確認しましょう。

  • 出稿後の修正ができない
  • 申し込み後のキャンセルができない
  • 出稿できない業種・禁止コンテンツがある
  • 運用型広告は1日5,000円と最低出稿金額が決まっている

出稿後の修正ができない

予約型広告は、出稿後の修正ができません。誤字・脱字や遷移先リンクなど、ブランドイメージにも関わる部分なので、出稿前に念入りに確認しましょう。万が一、誤りに気が付いて広告を削除しても、広告費用は全額請求されるので注意が必要です。

申し込み後のキャンセルができない

TikTokの予約型広告は、お問い合わせページからメールで出稿依頼を申し込みます。しかし、一度申し込みを行うとキャンセルができないので注意が必要です。申し込みが完了した時点で広告費用が請求されるので、スケジュールや予算を整えたうえで申し込むようにしましょう。

出稿できない業種・禁止コンテンツがある

TikTok広告には、出稿できない業種・禁止コンテンツが定められています。

たとえば、

  • 薬物および麻薬道具
  • タバコ製品および喫煙
  • 差別的なコンテンツ
  • 成人向け&性的コンテンツ

など、全部で17種類あります。ほとんどは法律に反する内容ですが、差別的なコンテンツなどは一般的なサービスでも該当する可能性があるので注意が必要です。禁止コンテンツの広告出稿を試みると、広告審査に落ち、最悪の場合はアカウントが凍結する可能性があります。広告出稿する前に、禁止コンテンツに該当しないか確認しておきましょう。

(※)参照:ビジネスヘルプセンター|広告ポリシー

運用型広告は1日5,000円と最低出稿金額が決まっている

TikTokの運用型広告では、最低出稿金額が1日5,000円と決まっています。そのため、1か月間広告を配信する場合は、最低15万円が必要になる計算です。短期間で広告を停止すれば問題ありませんが、Google広告やMeta広告のように少額運用が難しいので注意しましょう。

関連記事

【ひとめでわかる】SNS広告の費用相場と効果|お得な運用方法とは?

更新日:2023.11.07

どっちがおすすめ?TikTok広告の自社運用と運用代行

TikTok広告の運用は、

  • 自社で運用する「自社運用」
  • 広告代理店などに依頼する「運用代行」

の大きく2種類があります。それぞれのメリット・デメリットを理解し、どちらが適しているのか確認しましょう。

自社運用がおすすめのケース

自社運用がおすすめのケースは、以下のとおりです。

  • TikTok広告の運用ノウハウが社内にある
  • 社内に動画編集スキルがある
  • 運用担当者をつけるほどリソースに余裕がある

TikTok広告は初心者でも運用可能ですが、効果を出すにはある程度の運用経験・スキルが必要です。社内に運用ノウハウがないと、出稿準備に時間がかかる、正しい効果測定ができないなどの不利益が生じます。お金の垂れ流しにならないためにも、社内に運用ノウハウがない場合は広告代理店などに依頼することをおすすめします。

また、広告運用は、出稿準備だけでなく日々の数値チェックや分析、レポーティングなど、意外とやることが多いです。TikTok広告を自社運用する場合は、本業に支障をきたさないようにリソースを確保しておきましょう。

運用代行がおすすめのケース

運用代行がおすすめのケースは、以下のとおりです。

  • TikTok広告の運用ノウハウがない
  • 社内で動画編集ができない
  • 社内にリソースがない

社内に運用ノウハウや動画制作スキルがない場合は、運用代行を依頼しましょう。広告の種類が豊富でターゲティングも特殊なTikTok広告で、初心者の方がいきなり効果を出すのは至難の業です。限られた予算の中で費用対効果を高めたい場合は、広告運用のプロである広告代理店などに相談することをおすすめします。

運用代行は、広告費用の20%程度が運用手数料として発生します。広告予算は少し割高になりますが、プロの運用ノウハウを活用でき、社内のリソース問題も解決するのでコスパは良好といえます。社内に運用ノウハウやリソースがない場合は、運用代行を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

【自社or代行】SNS広告運用はどちらが良い?診断チャートと6つの成功ポイント

更新日:2023.11.29

まとめ

TikTok広告には、

  • ブランド広告リザベーション(予約型広告)
  • オークション広告(運用型広告)

の大きく2種類があります。それぞれで出稿できる広告フォーマットの一覧は、以下の表を参考にしてみてください。

分類 広告フォーマット 課金対象 費用相場 おすすめのケース
ブランド広告リザベーション(予約型広告) TopView インプレッション課金型(CPM) 最低出稿金額500万円~ フルスクリーンでインパクトのある広告を配信し、ブランド認知度を一気に高めたい場合
Reach&Frequency インプレッション課金型(CPM) 配信量に応じた消化分請求 確実に狙ったユーザーにアプローチしたい場合
Branded Mission パッケージ金額 Mission Standard:903万円~
Mission Mega:1,806万円~
TikTokのユーザーコンテンツを利用して、エンゲージメントを高めたい場合
オークション広告(運用型広告) ブランドキャンペーン目的 インプレッション課金型(CPM)

最適化インプレッション課金型(oCPM)

クリック課金型(CPC)

6秒FocusedView

最低出稿金額5,000円/日 リーチの最大化や動画視聴を促したい場合
パフォーマンスキャンペーン目的 インプレッション課金型(CPM)

最適化インプレッション課金型(oCPM)

クリック課金型(CPC)

6秒FocusedView

最低出稿金額5,000円/日 Webサイトへの誘導やアプリインストール、コンバージョンを獲得したい場合

※2024年1月現在

TikTok広告で効果を出すには広告フォーマット選びも重要ですが、効果を最大化したい場合は以下3つのポイントを押さえておきましょう。

  1. 開始3秒以内にインパクトのある情報を挿入する
  2. クリエイティブサイズを「9:16」に統一する
  3. インフルエンサーを起用する

TikTok広告は、広告の種類も多く、ターゲティングなども特殊です。そのため、社内に運用ノウハウや動画編集スキルがない場合は、運用代行の依頼を検討しましょう。

株式会社J・Gripマーケティングでは、大手企業から中小企業までの数多くの実績をもとにお客様の目標達成に貢献したいと考えております。TikTok広告の運用を検討している方は、ぜひ一度ご相談ください。

プロモーション、広告、制作、PRなら、
J・Gripマーケティング
ご依頼ください。

新技術や新手法が次々と現れる中で、常に最新かつ効果的なマーケティングソリューションを提供するために、弊社ではクリエイティブ制作、システム開発、分析専門担当、WEBプロモーション運用専門担当、企画担当などクライアントニーズの全てに応えることのできる体制を整えています。

おすすめ記事

  • Tik Tok広告

    TikTok広告の費用の目安はどれくらい?種類別の課金方式や相場を詳しく解説

  • Tik Tok広告

    【完全ガイド】TikTok広告の種類と選び方|特徴・費用から効果的な運用方法まで

  • Tik Tok広告

    TikTok広告のターゲティング種類と仕組み一覧!運用成功3つのポイント

関連記事