比較でわかるTikTok広告5つの特徴|他のSNS広告との違いとは

全世界で10億人(※2021年9月時点)を突破し、日本国内の月間アクティブユーザー数が約1,700万人(※2021年8月時点)にのぼるTikTok。10~20代のZ世代が多く利用していることから、自社のマーケティング施策に取り入れる企業も増えてきました。

中でも、TikTokアプリ内にPR動画を配信できる「TikTok広告」は、ブランド認知度の向上や購入促進など、幅広い目的で利用されています。

しかし、いまだに「TikTok広告って何?」と疑問を抱いている方も多いのではないでしょうか。そこで、この記事では、以下のポイントについて解説していきます。

  • TikTok広告5つの特徴
  • TikTok広告がおすすめの企業、サービスの特徴
  • TikTok広告用動画制作のポイント
  • TikTok広告のデメリット

何も知らずにTikTok広告を配信しても、思うような効果は見込めません。まずは他のSNS広告との比較から、TikTok広告の特徴を理解し、費用対効果の高い広告運用をおこなえるようにしましょう。

(※)参照:Thanks a billion! | TikTok Newsroom
(※)参照:「2021年に活用を始めないと乗り遅れる」電通天野氏に聞くTikTok活用の今

TikTok広告5つの特徴

TikTok広告のおもな特徴は、以下の5つです。

  1. 広告感が薄くなじみやすい
  2. フルアテンション視聴でエンゲージメントを獲得しやすい
  3. 他のSNSにシェアしやすい
  4. テンプレートを使って動画クリエイティブを制作できる
  5. 予約型広告と運用型広告の2種類ある

それぞれの特徴について詳しく解説します。

1. 広告感が薄くなじみやすい

TikTok広告は、広告感が薄くなじみやすいのが特徴です。広告というと「鬱陶しい」というイメージを持つ方も多いでしょう。とくに、YouTube広告の場合、自分が見たい動画を遮るように広告が表示されます。そのため、広告に対して「うざい」「鬱陶しい」などのネガティブな印象を持っている方も多いはずです。しかし、TikTok広告は、フィード内のオーガニック投稿に紛れて表示されるため、広告感が薄くユーザーのストレスを最小限に抑えらます。

SNS広告は、自社サービスのPRにうってつけの施策ですが、場合によってはマイナスブランディングになる可能性もあります。効果的にブランディングしたい場合は、広告感の薄いTikTok広告を利用するのもひとつでしょう。

2. フルアテンション視聴でエンゲージメントを獲得しやすい

TikTok広告は、フルアテンション視聴による高いエンゲージメント獲得が期待できます。フルアテンションとは、いわゆる「全集中」という意味です。TikTokユーザーは、他のSNSユーザーよりも視聴態度が良く「音声ON」が160%「全画面視聴」が162%。一方で「ながら視聴」は50%と低いのが特徴です。この結果からも、TikTokユーザーは”集中”しながらアプリ内の動画を視聴していることがわかります。

また、集中して動画を見ているということは、動画に対するアクションも活発になります。投稿へのいいねやコメント、シェアなどのエンゲージメント率の高さもTikTok広告の大きな特徴といえます。

(※)参照:TikTokユーザー調査レポート|TikTok for Business

3. 他のSNSにシェアしやすい

TikTokは、ボタンひとつでX(=旧Twitter)やInstagramなど、他のSNSにシェアできます。そのため、TikTok内で人気が出た投稿は、他のSNSにも拡散されるので、高いブランド認知効果が期待できます。実際、TikTok For Businessよると「見た内容を別のSNSで紹介したことがある」と回答したユーザーは、他のSNSユーザーに比べて2倍以上多くいました。

これまでは、拡散力といえば「X」でしたが、これからはTikTok広告の拡散力にも期待が寄せられます。

(※)参照:TikTokユーザー調査レポート|TikTok for Business

4. テンプレートを使って動画クリエイティブを制作できる

TikTok広告の配信でもっともネックなのは「動画クリエイティブの制作」です。動画編集スキルがない以前に、どのようなクリエイティブを作れば効果が出るのかわからないという方も多いでしょう。TikTok広告では、動画編集スキルがなくてもクリエイティブ制作ができるように、いくつかのテンプレートが用意されています。テンプレートを活用すれば、画像やテキストをはめ込むだけなので、誰でも簡単に動画クリエイティブを制作できます。

ただし、テンプレートを活用した場合、画像のつぎはぎ感は否めません。しっかりと効果を出したい場合は、動画編集ソフトを使うか、制作会社に外注することをおすすめします。

5. 予約型広告と運用型広告の2種類ある

TikTok広告は、予約型広告と運用型広告の大きく2種類あります。

予約型広告とは、掲載期間や料金があらかじめ決まっている広告のこと。アプリ起動時やクリエイター参加型の広告などがあり、ブランド認知度の向上やエンゲージメント獲得にうってつけです。しかし、TikTokの予約型広告は、数百万以上、プランによっては1,000万円を超えるものもあります。

一方、運用型広告は、予算やターゲットが柔軟に設定できます。広告予算に余裕がない場合は、運用型広告での配信を検討しましょう。

TikTokの予約型広告と運用型広告とは?広告配信が効果的なケースや費用相場について詳しく知りたい方はこちら。

関連記事

【一覧】TikTok広告の広告フォーマット!運用に必要な基礎知識

更新日:2024.01.31

比較でわかる!TikTok広告と他SNS広告の特徴一覧

TikTok広告の特徴を知るためには、他のSNS広告の特徴を知らなければいけません。TikTok広告を含む主要なSNS広告の特徴は、以下の表のとおりです。

ユーザーの年代・性別 広告の特徴 適した商材 おすすめのケース
TikTok ・10~20代
・女性がやや多い
・広告感が薄くなじみやすい
・フルアテンション視聴によるエンゲージメントが高い
・他のSNSにシェアしやすい
・Z世代をターゲットにした商材
・期間限定のキャンペーン告知
・直近の成果ではなく、ブランド認知度を高めたい場合
・静止画広告では商品やサービスの魅力が伝えきれない場合
Facebook ・30~40代
・男性がやや多い
・ビジネス目的で利用しているユーザーが多い
・実名登録で、役職ターゲティングなどが可能
・配信面やフォーマットが豊富
・BtoB商材
・転職商材
・BtoB商材のプロモーションや問い合わせを獲得したい場合
・ホワイトペーパーのダウンロードやリード獲得したい場合
Instagram ・10~30代
・女性が多い
・豊富な広告フォーマットを使い分けることで高い効果が期待できる
・Facebookデータに基づいた精度の高いターゲティングを利用できる
写真で訴求しやすい女性向けの商材

(例:飲食店・アパレルブランドなど)

・フルスクリーンでインパクトのある広告を配信したい場合
・ブランド認知度を向上させたい場合
X(旧Twitter) ・20~40代が多い
・男女差なし
・いいねやリポストなどがしやすく、エンゲージメントを獲得しやすい ・企画やキャンペーン告知
・アプリのインストール
ユーザー参加型キャンペーンの告知や、短期間で多くのユーザーに周知したい場合
LINE ・全年代
・男女差なし
・全年代のユーザーが利用している
・「トークリスト」や「LINE NEWS」など、さまざまな場所に広告を配信できる
・女性をターゲットにした商材

(例:健康食・コスメなど)

他のSNS広告ではアプローチできない層に広告を配信したい場合
YouTube ・全年代
・男女差なし
・豊富な広告フォーマットで、目的に合わせた配信が可能 ・キャンペーン告知
・副業や投資などのセミナー
・シルバー世代まで幅広い層にアプローチしたい場合
・静止画広告では商品やサービスの魅力が伝えきれない場合

出典:利用者に多い年代・性別は、総務省「令和4年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書」参考に表作成

SNS広告にはそれぞれ特徴があります。

たとえばBtoB商材にはFacebook広告が向いていますが、ブランド認知度を高めたい場合には、TikTok広告・Instagram広告の方が向いています。
また、女性やZ世代などある程度ターゲットが決まっている場合はTikTok広告がおすすめですが、幅広い世代にアプローチしたい場合はYouTube広告がおすすめです。

「TikTokが流行っているからTikTok広告を出そう」ではなく、商材やターゲットに合わせて媒体を使い分けるようにしましょう。

SNS広告それぞれの特徴について、さらに詳しく知りたいという方は、こちらの記事も参考にしてください。

関連記事

6大SNS広告の種類について特徴や費用、運用のコツまでプロが詳しく解説

更新日:2023.11.07

TikTok広告がおすすめの企業・サービスの特徴

TikTok広告がおすすめなのは「ある程度まとまった広告予算を準備できる企業」です。TikTokの予約型広告は数百万以上、中には1,000万円を超えるプランもあります。そのため、まとまった広告予算が準備でき、一気にブランド認知度を向上させたい場合にTikTok広告はおすすめです。

関連記事

TikTok広告の費用の目安はどれくらい?種類別の課金方式や相場を詳しく解説

更新日:2024.01.31

また、ブランド認知度の向上ならInstagram広告やYouTube広告なども選択肢のひとつにあります。しかし、他のSNS広告に比べて、TikTok広告は拡散力・エンゲージメント率に優れています。そのため、口コミなどを拡散しやすいBtoC商材はとくにTikTok広告がおすすめです。

反対に、拡散が期待できないBtoB商材などはTikTok広告との相性が悪い可能性があります。AI技術やChatGPTなど、新しい技術は好まれる傾向にありますが、基本的にTikTok広告は「役に立つ」「ためになる」BtoC商材との相性が抜群です。

TikTokのユーザー層や使われ方

TikTokとは、簡単にいうと15秒から1分ほどの短尺動画を作成・投稿できる動画プラットフォームです。アプリ内の特殊効果を活用すれば、誰でも簡単に”盛れる”動画を作れるため、10~20代のZ世代を中心に人気を集めています。

短尺動画は

  • 手軽に投稿できる
  • 気にいならない動画はスキップできる

などの特徴から「タイパ(=タイムパフォーマンス)」が高いといわれています。YouTubeやInstagramなどでも使われていますが、短尺動画がメインコンテンツであるTikTokが若者の心を掴んだと考えられるでしょう。

(※)参照:令和4年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書

TikTokユーザーの年齢層は年々上昇している?

TikTokは、10~20代のZ世代を中心に支持を集めていますが、近年は徐々に年齢層が上がってきています。博報堂DYパートナーズと博報堂の共同プロジェクト「コンテンツビジネスラボ」の調査結果(※1)によると、2019年以降TikTokユーザーの年齢層が上昇し、現在では30代や40代のユーザーも多く利用しています。そのため、TikTokは若者だけでなく「Y世代(※2)」にもアプローチできるSNSといえます。

(※1)参照:日本のTikTokユーザーは平均34歳、博報堂調査が示す実態|DIGIDAY
(※2)1980~1995年ごろに生まれた人。ミレニアム世代やゆとり世代と呼ばれている

新しいことを学ぶ場所として使われている

TikTokは、ダンス動画や面白い動画などを目的に見ている印象ですが、実は「新しいことを学ぶ場所」としても使われています。TikTok For Businessによると、ユーザーが1人のときに行うこととして「時事やトレンドの情報を得る(59%)」「新しいレシピやDIYを学ぶ(60%)」などが挙げられています。

一昔前は、調べものといえばGoogleが当たり前でした。それが、InstagramなどのSNSを使うようになり、今ではTikTok(短尺動画)で情報を得る時代になっています。TikTokをマーケティング施策に取り入れる場合は、このようなユーザーの利用意図を考慮して検討しましょう。

(※)参照:ユーザーが長く滞在し、エンゲージし、幸せを感じる「TikTokでの充実した時間」|TikTok for Business

TikTok広告の特徴は「動画」! TikTok向け動画制作5つのポイント

TikTok広告は”短尺動画広告”です。そのため、TikTok広告の効果は動画で決まるといっても過言ではありません。TikTok広告用の動画を制作する際は、以下5つのポイントを参考にしてみてください。

  1. 尺を15秒以内に収める
  2. サイズは「9:16」に統一する
  3. 開始3秒以内にインパクトのある情報を入れる
  4. 流行りのBGMを使用する
  5. 数パターン作り効果検証する

1. 尺を15秒以内に収める

TikTok広告は5~60秒の動画を配信できますが、動画尺は15秒以内に収めるのが理想です。30秒以上の長い動画は、途中でスキップされ最後まで見てもらえません。通常のTikTok投稿も15秒以内の動画が多いので、違和感をなくすためにも15秒以内に収めることをおすすめします。なお、TikTok広告が推奨としている動画尺は9~15秒(※)です。

(※)参照:Video Ads Specifications | TikTok Ads Manager

2. サイズは「9:16」に統一する

動画サイズは、スマホの縦型全画面に合わせて「9:16」がおすすめです。横長動画では、画面が小さく見えづらいので、どうしてもインパクトが薄れてしまいます。そのため、ブランディングやエンゲージメント獲得を目的としている場合は、縦長全画面の「9:16」で作るようにしましょう。

3. 開始3秒以内にインパクトのある情報を入れる

TikTok広告では、開始3秒以内の内容で広告効果が大きく変わります。TikTok For Businessの調査では「3秒以内に商品紹介がなし」よりも「3秒以内に商品紹介があり」の場合、購入・利用意向が+34%も高くなっています。

この結果からも、開始3秒以内にインパクトのある情報を入れることで、ユーザーの購買意向を高められることがわかります。

(※)参照:TikTok For Business初のクリエイティブリサーチ|TikTok For Business

4. 流行りのBGMを使用する

TikTok広告では、BGM選びも広告効果に影響します。たとえば、TikTokではテンポの速い曲が人気のため、BPM120以上の曲を使用することで完全視聴率が上がるといわれています。

BPM120とは、1分間に120回のリズムを刻むテンポで、ランニングやウォーキングなどの際に使われています。BPM120以上の代表的な曲は、以下のとおりです。

  • 恋するフォーチュンクッキー / AKB48(BPM122)
  • ガッツだぜ!! / ウルフルズ(BPM124)
  • 負けないで / ZARD(BPM126)
  • ultra soul / B’z(BPM127)

また、BGM選びは、テンポ以外にも流行りを用いるのも効果的です。流行りの曲が耳に入ると、自然と聞いてしまい興味がわくものです。TikTok広告の動画を制作する際は、BGMのテンポや流行りなどを考慮するとよいでしょう。

5. 数パターン作り効果検証する

TikTok広告用の動画は1つだけではなく、数パターン作り効果検証するのがベストです。10人いれば10通りの考え方があるように、それぞれのターゲットに刺さる動画を作る必要があります。

パターン違いの動画を作る際のコツは、少し違う動画ではなく、全く違う動画を作ることです。たとえば、Aという広告に対してA’(ダッシュ)を作るのではなく、B、Cの動画を作るイメージです。数パターンの動画を作って、どの動画がユーザーに刺さっているのか効果検証を行いましょう。

運用前に知っておきたいTikTok広告のデメリット

TikTok広告には、デメリットもあります。

  • 予約型広告はキャンセル・修正ができない
  • 運用型広告の最低出稿金額は日予算5,000円
  • BtoBのCV目的では効果が期待できない

広告運用するうえで重要な項目なので、しっかり頭に入れておきましょう。

予約型広告はキャンセル・修正ができない

TikTokの予約型広告は、申し込み後のキャンセル・出稿後の修正ができません。そのため、予約型広告を出稿する場合は、事前に予算やスケジュールなどを入念に確認しておきましょう。

運用型広告の最低出稿金額は日予算5,000円

TikTokの運用型広告は、最低出稿金額が日予算5,000円と決まっています。そのため、1か月間配信したい場合「5,000×30」で最低15万円の広告予算が必要になります。短期間で広告を停止すれば問題ありませんが、Google広告やMeta広告のように少額運用が難しいので注意しましょう。

BtoBのCV目的では効果が期待できない

TikTok広告は、ブランド認知度の向上やエンゲージメント獲得などには向いていますが、BtoBのCV(=コンバージョン)目的ではあまり効果は期待できません。最近になってようやくBtoBの事例なども出始めていますが、まだ大きな効果は期待できないでしょう。

そのため、BtoB商材の広告配信をする場合、TikTokはブランド認知に特化させ、CVはGoogle広告やFacebook広告で取るなど、媒体の使い分けを検討しましょう。

関連記事

【初心者向け】Facebook広告のやり方を徹底解説!アカウント作成方法から失敗しないコツまでプロが紹介

更新日:2023.12.29

TikTok広告の効果を高めるなら運用代行がおすすめ?

TikTok広告を運用する方法として

  • 自社運用
  • 運用代行

の大きく2つがあります。それぞれにメリット・デメリットがあるので、双方を考慮したうえで検討しましょう。

自社運用のメリット・デメリット

自社運用のメリットは、以下のとおりです。

  • 外注費用がかからない
  • 自社に運用ノウハウが蓄積される

自社運用の大きなメリットは、外注費用がかからないことです。一般的に広告代理店などに運用代行を依頼すると運用手数料が発生しますが、自社運用では必要ありません。余計なコストを削減できるのは、自社運用のメリットといえます。また、自社に運用ノウハウが蓄積されるので、今後の広告運用の糧になります。

一方、自社の運用のデメリットは、以下のとおりです。

  • 運用ノウハウがないと難しい
  • 本業に支障をきたす可能性がある

TikTok広告などの動画広告は、運用が難しく初心者の方が効果を出すのは非常に困難です。どの指標を見て、何を改善すればいいのかわからず、場合によっては垂れ流し状態になる可能性も考えられます。また、出稿準備・日々の数値チェック・レポーティングなど、広告運用はやることが多く、リソース問題も懸念されます。自社運用する場合は、本業に支障をきたさないようにリソースを確保する必要があるでしょう。

運用代行のメリット・デメリット

運用代行のメリットは、以下のとおりです。

  • 効果が出やすい
  • 本業に集中できる
  • 動画制作を依頼できる場合もある

運用代行のメリットは、効果が出やすいことです。当たり前ですが「初心者とプロ」どちらが効果出やすいかは一目瞭然です。とくに、動画広告で効果を出すには、プロの力は必須といえます。広告代理店を選ぶ際は、動画広告での運用実績や動画制作の可否などを確認しましょう。また、運用代行は、広告運用に関するすべての業務を依頼できます。そのため、社内のリソース問題が解決し、本業に集中できるのもメリットのひとつです。

一方、運用代行のデメリットは、以下のとおりです。

  • 運用手数料が発生する
  • 自社に運用ノウハウが蓄積されない

広告代理店などに運用代行を依頼すると、運用手数料が発生します。一般的には広告費用の20%程度ですが、中には成果報酬や月額固定で支払うケースもあります。相場の20%で考えると、100万円の広告予算を配信する場合、20万円が運用手数料として上乗せになる計算です。20%は高いと思うかもしれませんが、スタッフ1人の人件費分と考えれば妥当な金額といえます。それでも「高い」と思う場合は、運用手数料が15~18%程度の広告代理店や、運用手数料にクリエイティブ制作費が含まれている広告代理店を検討しましょう。

関連記事

【自社or代行】SNS広告運用はどちらが良い?診断チャートと6つの成功ポイント

更新日:2023.11.29

まとめ

Z世代以外に、30~40代のY世代の利用者も増えつつあるTikTok。最近では、ダンス動画や面白い動画を見るだけでなく「新しいことを学ぶ場所」としても使われています。そんなTikTokの、他のSNS広告とは違うおもな特徴は以下の5つです。

  1. 広告感が薄くなじみやすい
  2. フルアテンション視聴でエンゲージメントを獲得しやすい
  3. 他のSNSにシェアしやすい
  4. テンプレートを使って動画クリエイティブを制作できる
  5. 予約型広告と運用型広告の2種類ある

TikTok広告は、ある程度のまとまった広告予算を準備でき、一気にブランド認知度やエンゲージメントを獲得したい場合におすすめです。とくに、口コミや商品の拡散が期待できるBtoC商材との相性は抜群で、反対にBtoB商材との相性は悪い傾向にあります。しかし、TikTok広告は“動画クリエイティブが良ければ、どんな商材でも効果はでます”TikTok広告用の動画を作る際は、以下のポイントに注意して作ってみてください。

  1. 尺を15秒以内に収める
  2. サイズは「9:16」に統一する
  3. 開始3秒以内にインパクトのある情報を入れる
  4. 流行りのBGMを使用する
  5. 数パターン作り効果検証する

TikTok広告の運用には、自社運用と運用代行の2パターンありますが、運用経験がない場合は運用代行を依頼するのが賢明です。広告運用は、正しい分析、改善案がなければ効果はでません。また、広告運用はやることが多く、自社運用では本業に支障をきたす可能性もあります。20%程度の運用手数料が発生しますが、社内のリソース問題を解決し、確実に効果を出したい場合は運用代行を検討しましょう。

株式会社J・Gripマーケティングでは、大手企業から中小企業までの数多くの実績をもとにお客様の目標達成に貢献したいと考えております。TikTok広告の運用を検討している方は、ぜひ一度ご相談ください。

プロモーション、広告、制作、PRなら、
J・Gripマーケティング
ご依頼ください。

新技術や新手法が次々と現れる中で、常に最新かつ効果的なマーケティングソリューションを提供するために、弊社ではクリエイティブ制作、システム開発、分析専門担当、WEBプロモーション運用専門担当、企画担当などクライアントニーズの全てに応えることのできる体制を整えています。

おすすめ記事

  • Tik Tok広告

    TikTok広告の費用の目安はどれくらい?種類別の課金方式や相場を詳しく解説

  • Tik Tok広告

    TikTok広告のターゲティング種類と仕組み一覧!運用成功3つのポイント

  • Tik Tok広告

    他のSNSにはないTikTok広告のメリットとは?必ず知っておくべきデメリットや必要な費用も紹介

関連記事