Instagram広告で質の高いフォロワーを増やす方法と知っておくべき注意点をわかりやすく解説

Instagramは世界で最も人気のあるSNSの一つで、日本でも月間アクティブユーザー数は3,300万人に達しています。

Instagram広告は、この巨大なユーザーベースにアプローチするための有効な手段ですが、ただ広告を出せばフォロワーが増えるというわけではありません。

この記事では、

  • Instagram広告で「質の高い」フォロワーを増やす方法
  • フォロワー獲得を目的とした広告出稿の注意点

などについて詳しく解説します。

  • フォロワーを増やすためにInstagram広告を出稿したい
  • フォロワーを増やして認知やブランディングを測りたい

このような疑問や悩みを持ったSNS担当者の方は、ぜひ参考にしていただき、フォロワーを増やすための取り組みを行ってください。

Instagram広告でフォロワーを獲得するメリット

Instagram広告とは、Instagram上で配信される広告のことです。

Facebook広告と同じ管理画面から作成できるので、Facebookと連携した広告運用が可能です。

Facebookの豊富なユーザーデータを活用した高いターゲティング精度により、自分のブランドに合ったフォロワーにアプローチできます。

また、ストーリーやコレクションなどの豊富な広告フォーマットを活用することで、フォロワーにとって魅力的なコンテンツでブランドイメージを伝えることで、高いブランディング効果が期待できます。

そして、Instagram広告でフォロワーを増やすことには以下のようなメリットがあります。

  • 投稿の拡散力が高まる
  • 売上につながりやすくなる

フォロワーが多いと投稿に対するいいねやコメントが増え、投稿がフォロワーのフォロワーにも見られる可能性が高くなります。

つまり、フォロワーが増えると認知度やブランディング効果が向上するということです。

さらに、Instagramでは投稿に商品タグをつけたり、ショッピング機能を使ったりすることで直接購入に誘導できるため、売上につながりやすくなります。

また、商品やサービスを利用したユーザーが口コミとして評価してくれる可能性もあり、新規顧客の獲得やリピート購入も期待できるでしょう

Instagram広告のメニューに「フォロワー獲得」はない

Instagram広告では、広告配信の目的を選択して配信を行います。

マーケティングフローに沿った下記の広告配信の目的から選択できます。

  • ブランドの認知度アップ
  • リーチ
  • トラフィック
  • エンゲージメント
  • アプリのインストール
  • 動画の再生回数のアップ
  • リード獲得
  • メッセージ
  • コンバージョン
  • カタログ販売
  • 来店数の増加

上記のとおり、広告配信の目的に「フォロワー獲得」はありません。

フォロワー獲得を目的にInstagram広告を配信することは違反ではありませんが、Instagramがあまり推奨していないと考えられています。

Instagramは、広告を通じてユーザーに価値を提供することを重視しており、単にフォロワーを増やすだけではその価値が低いと判断しているからです。

しかし、それはフォロワー獲得ができないということではありません。

実は、「ブランドの認知度アップ」や「トラフィック」を目的に選択することで、フォロワーを獲得するためのInstagram広告を配信できます。

これらの目的では、広告のリンク先にInstagramのプロフィールページを指定できるのです。

そして、広告のCTA(コールトゥアクション)に「フォローする」を選択することで、ユーザーにフォローを促す広告を配信できます。

Instagram広告でフォロワーを獲得する前にやるべきこと

Instagram広告でフォロワーを獲得するには、広告の配信設定だけでなく、事前の準備も重要です。

事前に以下の3点を確認しておきましょう。

Instagram広告でフォロワーを獲得する前にやるべきこと

これらのことを行うことで、自社のブランドや商品に興味を持ってくれるユーザーを見つけやすくなり、フォロワーとの関係性を強化できます。

それでは、それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

ペルソナの作成とターゲットの設定

Instagram広告でフォロワー獲得をするには、ペルソナを作成することが大切です。

ペルソナとは訴求したいユーザーの架空の人物像のことで、自社の商品やサービスを利用する理想的な顧客像をイメージすると良いでしょう。

ペルソナを作成するステップは以下のとおりです。

例として美容系の商品を販売する場合を想定しています。

 

  1. 訴求したいユーザー像を大まかに決める(例:20代~30代の女性)
  2. 自社の顧客やフォロワーを分析する(例:美容に関心が高く、プチプラでおしゃれに見える服や小物が欲しい)
  3. ペルソナの要素を埋めてユーザー像を明確化する(例:佐藤美咲さん、25歳、事務職、独身、InstagramやXをよく利用する)
  4. 明確化したユーザーが持っている課題や目標の仮説立てる(例:自分の肌に合った化粧品やスキンケアが見つからない、自分の肌タイプやコンプレックスに合わせた美容商品やアドバイスが欲しい)
  5. 運用後にペルソナとフォロワーにズレがあれば随時アップデートする(例:フォロワーの反応やフィードバックを分析して、ペルソナの妥当性や改善点を見つける)

ペルソナを作成することで自社のターゲット層を明確にし、広告のメッセージやクリエイティブを効果的に作成できます。

プロフィールページを魅力的にする

フォロワー獲得を目的としたInstagram広告では、広告のリンク先にInstagramのプロフィールページを指定するため、プロフィールページの内容も重要です。

「プロフィール写真がない」「投稿が極端に少ない」など、プロフィールページが魅力的でなければ、ユーザーはフォローする気にならないでしょう。

プロフィールページを魅力的にするためには、以下のポイントを抑えることが重要です。

  • プロフィール画像:自社のロゴや商品の写真など、自社のブランドイメージを表現できるものにする
  • プロフィール文:自社の事業内容やコンセプト、ユーザーに提供できる価値などを簡潔に記述する
  • プロフィールURL:自社の公式サイトやLPなど、ユーザーにとって興味のあるページに設定する
  • ハイライト:ファーストビューであるハイライトのアイコンもサービスが伝わりやすいよう工夫する
  • ストーリーズ投稿:リアルタイム性のある情報を掲載する

プロフィールページを見たユーザーが、フォローしたいと思えるような内容となるよう工夫しましょう。

質の高いオーガニック投稿を増やす

オーガニック投稿とは、広告とは別に、自社アカウントから行う通常の投稿のことです。

もし、Instagram広告から遷移したアカウントの投稿が極端に少なかったり、商品やサービスに関係のない投稿ばかりだったらどうでしょうか?

「フォローしてもあまり有益な情報を得られないのではないか」と思う方がほとんどでしょう。

質の高いオーガニック投稿を増やすことでフォローを促すことにつながり、フォロワーとのエンゲージメントを高めることも期待できます。

最低でも9つ以上を目安に投稿しましょう。

スマホでアカウントを見た際に、9つ以上の投稿があれば、ファーストビューが投稿で埋まります。

多ければ多い程よいですが、投稿数よりも質が重要です。ユーザーにとって価値のあるコンテンツを提供できるオーガニック投稿を目指しましょう。

オーガニック投稿の質を高めるためには、以下のポイントに注意してみましょう。

  • 自社の商品やサービスに関連したもので、フォロワーの関心を持続させる
  • 静止画だけでなく動画やカルーセル、ストーリーなどのさまざまなフォーマットを活用することで、フォロワーの注目を集めやすくする
  • ハッシュタグやメンション、質問やアンケートなどを活用し、フォロワーが参加しやすくする

一度投稿したコンテンツは、いいねやシェアなどフォロワーの反応を定期的に分析することで、パフォーマンスを向上させることにつながります。

Instagram広告でフォロワーを獲得するための広告設定の手順

ここからは、フォロワー獲得を目的としたInstagram広告の設定手順をご紹介します。

基本的には通常の広告と同じですが、フォロワー獲得を目的とする場合は

  • 広告の目的
  • リンク先
  • CTAの選択

これらに注意する必要があります。

Instagram広告の基本的な出稿手順については、以下の記事を参考にしてください。

関連記事

【初心者向け】Instagram広告の出し方を徹底解説!基本から失敗しないコツまでプロがお伝えします

更新日:2023.12.27

それでは、それぞれのポイントについて見ていきましょう。

広告の目的を選ぶ

Instagram広告では、広告配信の目的を選択して配信を行います。

お問い合わせや商品購入を促す目的の場合は「コンバージョン」を選択することが多いですが、フォロワー獲得を目的とする場合は、「ブランドの認知度アップ」や「トラフィック」などがおすすめです。

これらの目的では、広告のリンク先にInstagramのプロフィールページを指定できるからです。

プロフィールページにユーザーを誘導することでフォローを促し、広告の配信範囲や予算を最適化できます。

Instagramのプロフィールをリンク先にして配信する

Instagram広告でフォロワーを獲得するには、広告のリンク先に自社のプロフィールページを指定することが重要です。

通常は自社のウェブサイトやLPのURLを入稿することが多いですが、フォロワー獲得を目的とする場合は、リンク先としてアカウントのプロフィールURLを入稿します。

プロフィールURLとは、Instagramのアプリやウェブサイトで自社のアカウントを開いたときに表示されるURLで、「https://www.instagram.com/〇〇(ユーザーネーム)」で表示されます。

たとえば、ユーザーネームが「beauty」の場合、プロフィールURLは「https://www.instagram.com/beauty」です。

プロフィールURLを入稿することで、広告をクリックしたユーザーは、自社のプロフィールページに遷移します。

プロフィールページでユーザーが「フォローする」ボタンを押すと、フォロワーを獲得できます。

CTAは「フォローする」を選択する

CTAとは広告に表示されるボタンのことで、ユーザーに何か行動を促す役割を果たします。

たとえば、ウェブサイトに誘導する場合は「詳細を見る」や「今すぐ購入」などのCTAがあります。

CTAは、広告の目的やリンク先に応じてプルダウンから選択できますが、フォロワー獲得を目的とする場合は「フォローする」を選択することがおすすめです。

「フォローする」を選択すると、広告に「フォローする」のボタンが表示されます。

ユーザーが「フォローする」のボタンを押すと、自社のアカウントをフォローしたことになり、フォロワーを獲得できます。

Instagram広告で「質の高い」フォロワーを獲得するためのポイント

ただフォロワーが増えても企業にとってメリットがなければ意味がありません。

「アカウントやサービス自体のファンになってくれるのだろうか」
「すぐにフォローを解除するようなユーザーばかりではないか」

といった点も気になるところですよね。

以下の3つのポイントを押さえれば、Instagram広告で質の高いフォロワーを獲得することは可能です。

これらのポイントを実践することで、自社のブランドや商品に興味を持ってくれるユーザーを見つけやすくなり、フォロワーとの関係性を強化することにつながります。

それでは、それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

適切なターゲティングを設定する

Instagram広告で質の高いフォロワーを獲得するためには、広告のターゲティング設定を適切に行うことが重要です。

ターゲティング設定とは、広告を表示するユーザーの属性や興味などを指定することです。

ターゲティング設定を適切に行うことで、自社の商品やサービスに興味のあるユーザーに絞ってアプローチできます。

ターゲティング設定を行う際には、以下のことに注意しましょう。

  • ターゲットが広すぎると広告の効果が薄まり、狭すぎると広告のリーチが低くなります。適切なバランスを見つけることが重要です。一般的には、数万人以上のリーチが望ましいとされています。
  • ターゲットを設定する前に、競合他社のターゲットや市場の動向を調査することがおすすめです。自社のターゲットとの差別化やニッチな市場の発見に役立ちます。
  • ターゲットを設定した後に、広告のパフォーマンスを定期的にチェックすることが必要です。ターゲットの妥当性や改善点を見つけられます。

適切なターゲティングを設定するためには、先に解説したペルソナ作成が重要です。

自社の商品やサービスに合わせたペルソナを作成し、ターゲット層を明確にしましょう。

フォローしたくなるクリエイティブを制作する

Instagram広告でフォロワーを獲得するためには、クリエイティブが非常に重要となります。

クリエイティブはユーザーの興味や関心を惹き、フォローする理由を与えるものでなければなりません。

たとえば、ユーザーの悩みや課題を解決できる商品(サービス)の特徴やメリットを伝えるクリエイティブや、ユーザーにとって有益な情報やノウハウを提供するクリエイティブなどが効果的です。

以下のポイントを考慮して、効果的なクリエイティブを作成しましょう。

  • 静止画だけでなく、動画やカルーセル、ストーリーなどの様々なフォーマットを活用することで、ユーザーの注目を集めやすくなる。
  • 自社のオリジナルハッシュタグやCTAボタンを設置することで、ユーザーにフォローするアクションを促す
  • 定期的にABテストを行い、ユーザーの反応をもとに分析・改善することで、勝ちパターンを探していく

また、発見タブやハッシュタグ検索をしている潜在層に向けて、サービスやブランドをPRするため、一目で目を引くデザインで商材特性やイメージを配信し、フォローしてもらえるようなコンテンツを考えてみましょう。

魅力的なクリエイティブの参考として、Metaが提供する「広告ライブラリ」がおすすめです。

自社の商品やサービスと関連するキーワードで検索し、他社が出稿しているInstagram広告やFacebook広告のクリエイティブを閲覧できます。

プレゼントやキャンペーンを実施する

Instagram広告でフォロワーを獲得するためには、プレゼントやキャンペーンを実施することも効果的です。

プレゼントやキャンペーンは、ユーザーにとって魅力的なインセンティブを提供することで、フォローする動機を高めます。

インセンティブは、自社の商品やサービスに関連したものにすることで、ターゲットとなるユーザーにアピールできます。

効果的なキャンペーンにするために、以下のポイントも参考にしてみてください。

  • 投稿へのいいねやコメント、ハッシュタグの使用などエンゲージメントを促すものにすることで、フォロワーの質を高めることにつながる。
  • プレゼントやキャンペーンの実施期間は短すぎず長すぎず、ユーザーの関心を持続させられるものにすること。
  • 結果発表や当選者の紹介など、フォローアップも忘れないこと。

ただし、キャンペーンを実施する際に注意したい点があります。

それは、Instagramのコミュニティガイドラインでは「フォローに対する見返りとして金銭でのやりとりを禁止している」ことです。

現金はもちろん、Amazonギフトカードなどをプレゼントするような内容に関しては、注意が必要です。

そもそも、自社サービスとの関係が薄いインセンティブは質の悪いフォロワーを集めることになりかねません。

懸賞を含めたフォロワー獲得のキャンペーンを実施する場合は、ルールを理解した上での準備が必要です。

Instagram広告でフォロワーを獲得する注意点

Instagram広告を活用してフォロワーを獲得することには多くのメリットがある一方、いくつかの注意点もあります。

注意点を理解し対策を講じることで、Instagram広告で質の高いフォロワーを獲得することにつながります。

Instagram広告でフォロワーを獲得する注意点

それでは、それぞれの注意点について詳しく見ていきましょう。

他のSNSよりも高い費用がかかる可能性がある

Instagram広告は、オーガニック投稿と違って費用がかかります。

広告費用は広告の目的やターゲット、競合状況などによって変わりますが、一般的には数十円〜数百円程度の単価であることが多いです。

これは、他のSNS広告と比べても高い水準であるといえるでしょう。

たとえばFacebook広告の平均単価は約10円、X広告(旧:Twitter広告)の平均単価は約20円程度です。

Instagram広告の単価が高い理由の一つは、ユーザーのエンゲージメントが高いプラットフォームであることにあります。

Instagramのユーザーは投稿に対していいねやコメントをすることが多く、広告に対しても反応しやすいため、広告の効果が高くなり、単価も高くなります。

また、Instagramは若い世代のユーザーが多いプラットフォームで、ユーザーの約6割は18〜34歳の間に属しています。

この世代は消費意欲が高くトレンドに敏感な層であるため、この層にアプローチする広告は競争が激しく単価も高くなります。

それでも、Instagram広告がおすすめな企業やサービスもあり、以下のようなものが考えられます。

  • ビジュアルで魅力を伝えられる商品やサービスを提供する企業やサービス(ファッションやコスメ、旅行やグルメなど)
  • 若い世代をターゲットとする企業やサービス(ゲームや音楽、エンターテイメントなど)

Instagram広告でフォロワーを獲得するためには、高い費用を払う必要がありますが、それに見合うだけの効果が期待できます。

しかし、ただやみくもに広告を出すだけでは、費用対効果が低くなる可能性があります。

広告の効果測定をしっかり行い、適切なターゲティングを行うなどし、コストパフォーマンスの高い運用方法を見極めることが重要です。

また、広告の目的やターゲットに合わせて、最適な広告フォーマットやクリエイティブを選択することも効果的です。

フォロワーの質が低くなる可能性がある

Instagram広告でフォロワーを獲得する場合、広告に興味を持ったユーザーがフォローすることになります。

しかし、そのユーザーが本当に自社の商品やサービスに関心があるかどうかは分からない場合もあるでしょう。

広告のターゲティングが不適切だとフォロワーの質が低くなり、エンゲージメントやコンバージョンが減少する可能性があります。

たとえば、プレゼントやキャンペーンに参加するためだけにフォローしたユーザーなどは、フォローした後に投稿に反応しないか、すぐにフォローを解除するかもしれません。

フォロワーの質が低くなることを防ぐためには、先に解説した、広告のターゲティングを適切に設定し、自社のペルソナに合致するユーザーにアプローチすることが重要です。

また、オーガニック投稿でもフォロワーにとって有益な情報や価値を発信し、フォロワーのファン化を図ることも効果的でしょう。

まとめ

この記事では、フォロワー獲得を目的としたInstagram広告の出稿方法やポイントについて解説しました。

Instagram広告でフォロワーを獲得するためには、ペルソナの作成やプロフィールページの工夫、質の高いオーガニック投稿などの事前の準備が必要です。

広告を利用して獲得したフォロワーは、質が低くなると思われがちですが、ポイントを押さえれば、Instagram広告で質の高いフォロワーを獲得することは可能です。

  • 適切なターゲティングを設定する
  • フォローしたくなるクリエイティブを制作する
  • プレゼントやキャンペーンを実施する

しかし、Instagram広告を運用した経験がないと、自社で取り組むのはなかなか難しいものです。そのため、自社の目標に合わせて広告運用してくれる代理店に任せることがおすすめです。

株式会社J・Gripマーケティングでは、大手企業から中小企業までの数多くの実績をもとにお客様の目標達成に貢献したいと考えております。

いきなりInstagram広告を自社で始めるのは難しそう、Instagram広告で効率よくフォロワーを増やしたいとお考えの企業様は、ぜひ一度ご相談ください。

プロモーション、広告、制作、PRなら、
J・Gripマーケティング
ご依頼ください。

新技術や新手法が次々と現れる中で、常に最新かつ効果的なマーケティングソリューションを提供するために、弊社ではクリエイティブ制作、システム開発、分析専門担当、WEBプロモーション運用専門担当、企画担当などクライアントニーズの全てに応えることのできる体制を整えています。

おすすめ記事

  • Instagram広告

    Instagram広告の費用対効果を高める11の運用テクニック|費用相場や適正予算も解説!

  • Instagram広告

    Instagram広告運用を成功させる5つのポイント!運用前に知っておきたい基礎知識

  • Instagram広告

    【一覧】Instagram広告のターゲティング種別!費用対効果を高める運用方法とは

関連記事