【初心者向け】Facebook広告のやり方を徹底解説!アカウント作成方法から失敗しないコツまでプロが紹介

Facebookは世界最大のSNSであり、日本でも約3,000万人以上のユーザーがいます。

そのため、Facebook広告はさまざまなビジネスにおいて、有効な集客手段といえるでしょう。

しかし、Facebook広告は設定項目が多く、初心者にとっては難しいと感じるかもしれません。

そこで、の記事では初めてでもスムーズにFacebook広告が出稿できるように徹底解説します。

具体的には

  • アカウント作成方法
  • 広告運用の流れ
  • 出稿に失敗しないコツ

これらについて紹介し、「この記事を読んだら誰でもFacebook広告を始められる」という内容になっています。

Facebook広告を自社で運用しようと思っている企業の担当者の方は、ぜひ最後までお読みいただき、広告出稿の参考にしてください。

Facebook広告の運用前に知っておきたいこと

Facebook広告を始める前に、「そもそも企業としてFacebook広告をすべきか?」という検討も必要になります。

まずはFacebook広告のメリットとデメリット、そして広告の種類と特徴について知っておきましょう。

Facebook広告のメリットとデメリット

Facebookは世界で約28億人、日本でも約3,000万人のユーザーがいるので、広告のリーチが非常に広いです。

また、Facebookはユーザーの年齢、性別、地域、興味、行動などのデータを持っているため、ターゲティングの精度が高く、狙ったユーザーに絞った効率的な配信を行いやすいという特徴があります。

さらに、Facebookは自社のプラットフォームだけでなく、InstagramやMessengerなどにも広告を配信できるので、ユーザーの接触ポイントを増やすことができます。

一方、Facebook広告の主なデメリットは「ターゲティングなどの設定項目が多く、初心者だと迷ってしまう」ということでしょう。

Facebook広告は、キャンペーン、広告セット、広告という3つの階層で構成されており、それぞれに設定する項目が多数あります。

設定項目が多いことで細かな運用が可能となりますが、初心者の方にとっては「どの設定が最適なのか分からない」ということも多いでしょう。

また、他のSNS広告と比較すると以下のような特徴があります。

これらを確認し、facebook広告を導入するかを決めてみてもよいでしょう。

SNSの種類 ユーザーの年代・性別 広告の特徴 適した商材 おすすめのケース
Facebook ・30~40代
・男性がやや多い
・ビジネス目的で利用しているユーザーが多い

・実名登録で、役職ターゲティングなどが可能

・配信面やフォーマットが豊富

・BtoB商材

・転職商材

・BtoB商材のプロモーションや問い合わせを獲得したい場合

・ホワイトペーパーのダウンロードやリード獲得したい場合

Instagram ・10~30代
・女性が多い
インフルエンサーの活用や、ハッシュタグ投稿などで、話題性を獲得しやすい 写真で訴求しやすい女性向けの商材

(例:飲食店・アパレルブランドなど)

・フルスクリーンでインパクトのある広告を配信したい場合

・ブランド認知度を向上させたい場合

X(旧Twitter) ・20~40代が多い
・男女差なし
リポストによる拡散性が高い ・企画やキャンペーン告知

・アプリのインストール

ユーザー参加型キャンペーンの告知や、短期間で多くのユーザーに周知したい場合
LINE ・全年代
・男女差なし
いいねやリポストなどがしやすく、エンゲージメントを獲得しやすい 女性をターゲットにした商材

(例:健康食・コスメなど)

他のSNS広告ではアプローチできない層に広告を配信したい場合
TikTok ・10~20代
・女性がやや多い
・海外ユーザーへの広告配信も効果的

・ブランド認知効果が高く、話題性を獲得しやすい

・Z世代をターゲットにした商材

・期間限定のキャンペーン告知

・直近の成果ではなく、ブランド認知度を高めたい場合

・静止画広告では商品やサービスの魅力が伝えきれない場合

YouTube ・全年代
・男女差なし
豊富な広告フォーマットで、目的に合わせた配信が可能 ・キャンペーン告知

・副業や投資などのセミナー

・シルバー世代まで幅広い層にアプローチしたい場合

・静止画広告では商品やサービスの魅力が伝えきれない場合

出典:利用者に多い年代・性別は、総務省「令和4年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書」参考に表作成

Facebook広告の種類と特徴

Facebook広告は、キャンペーンの目的に応じて選べる広告フォーマットがあり、キャンペーンの目的やターゲットによって使い分けることができます。

たとえば、ブランド認知度向上やリーチの目的であれば、画像広告や動画広告、ストーリーズ広告などが効果的です。

引用:世界中のすべての広告主向けにFacebookストーリーズ広告の提供を開始|Meta

トラフィックやコンバージョンの目的であれば、カルーセル広告やコレクション広告、サーチ広告などが適しているでしょう。

画像引用元:カルーセル広告の7つの活用法|Meta for Business

広告フォーマットの特徴やメリットを理解して、自分のビジネスに合った広告を選ぶことで、成果につながります。

Facebook広告の基本ステップを一から解説

Facebook広告を始めるにあたって、まずはFacebook広告の基本ステップを押さえておきましょう。

まずはFacebookビジネスマネージャのアカウントを作成する

Facebook広告を始めるには、まずはFacebookビジネスマネージャのアカウントを作成します。

Facebookビジネスマネージャとは、Facebookのビジネスツールを一元管理できるプラットフォームです。

Facebook広告のアカウントは

  • Facebookページから作成する方法
  • ビジネスマネージャから作成する方法

の2つがありますが、広告パフォーマンスやセキュリティの観点から、ビジネスマネージャから作成する方がおすすめです。

Facebookビジネスマネージャのアカウントを作成するには、以下の手順を踏みます。

  • Facebookビジネスマネージャの「公式サイト」にアクセス
  • 「ビジネスマネージャを作成」をクリック
  • Facebookの個人アカウントでログイン
  • ビジネスの名前、メールアドレス、電話番号などの情報を入力
  • 「ビジネスを作成」をクリック

これで、Facebookビジネスマネージャのアカウントの作成は完了です。

広告アカウントと支払い方法を設定する

広告アカウントとは、Facebook広告の運用に必要な情報や設定を管理するアカウントです。

広告アカウントを作成しないと、Facebook広告の配信ができません。

広告アカウントを作成するには、以下の手順を踏みます。

  • Facebookビジネスマネージャの「公式サイト」にアクセスす
  • 「ビジネス設定」をクリック
  • 「アカウント」の中の「広告アカウント」をクリック
  • 「+広告アカウントを追加」をクリック
  • 「新しい広告アカウントを作成」を選択
  • 広告アカウントの名前、通貨、時間帯などの情報を入力
  • 「広告アカウントを作成」をクリック

そして、広告アカウントに支払い方法を設定します。クレジットカードやデビットカード、PayPalなどの支払い方法を選択できます。

Facebookページを作成する(必須ではないが推奨)

Facebookページとは、Facebook上で自分のビジネスやブランド、組織などを紹介するためのページです。

Facebook 広告 やり方

参考:J・Grip マーケティングFacebookページ

Facebookページを作成することで、以下のメリットがあります。

  • Facebook広告の配信先として利用できる
  • Facebookユーザーとのコミュニケーションを促進できる
  • Facebookページのフォロワーやエンゲージメントを増やすことができる
  • Facebookページの分析やインサイトを取得できる

Facebookページを作成しなくても、Facebook広告を始めることはできますが、上記のメリットを考えると作成した方がよいでしょう。

Facebookページを作成する手順は、以下のとおりです。

  • Facebookビジネスマネージャの「公式サイト」にアクセス
  • 「ビジネス設定」をクリック
  • 「アカウント」の中の「ページ」をクリック
  • 「+ページを追加」をクリック
  • 「新しいページを作成」を選択
  • ページの名前、カテゴリー、説明などの情報を入力
  • 「ページを作成」をクリック

Facebookピクセルを設置する

Facebookピクセルを設置することで、コンバージョンやイベントなどの効果測定を行えます。

Facebookピクセルは、ユーザーの行動を追跡するためのコードです。

Facebookピクセルを設置しなくても広告を配信することは可能ですが、成果や分析が行いづらくなるため、設置しておいたほうがよいでしょう。

設置方法は、以下のとおりです。

  • イベントマネージャにアクセスし、「データソースをリンク」をクリックし、「ウェブ」を選択
  • 「接続」をクリックし、ピクセル名を入力し、「ピクセルを作成」をクリック
  • 「ピクセルを今すぐ設定」をクリックし、「手動でピクセルコードをウェブサイトに追加」をクリック
  • ピクセルコードをコピーして、ウェブサイトの<head>タグ内に貼り付け。「次へ」をクリック
  • イベントコードを手動で追加をクリックし、コンバージョンを計測したいイベントを選択。例えば、購入や登録など
  • イベントコードをコピーして、コンバージョンが発生するページに貼り付け、「次へ」をクリック
  • 「アセットを追加」をクリックし、広告アカウントを選択し、「追加」をクリック
  • 「ユーザーを追加」をクリックし、ピクセルを管理するユーザーを選択し、権限を付与

ピクセルの設定が完了したら、「ピクセルのテスト」をクリックし、自分のサイトやアプリで行動を起こして、ピクセルが正しく動作しているか確認しましょう。

Facebook広告の運用の流れとポイント

Facebook広告の運用は、キャンペーン、広告セット、広告の3つのレベルで設定を行います。

Facebook 広告 やり方

手順に沿って、Facebook広告の運用の方法とポイントについて、詳しく見ていきましょう。

キャンペーンを作成する

キャンペーンでは、広告の目的を設定します。

目的によって、広告の配信方法や最適化方法が変わるため、ビジネスの目的に適したものを選択しましょう。

Facebook広告では、以下のような目的があります。

  • ブランドの認知力アップ
  • アプリやサイトに誘導するトラフィック
  • アプリのインストール
  • 動画の再生数
  • リード獲得
  • コンバージョン など

キャンペーンを作成する上で、「何を目的とするのか?」を事前に決めておくことは重要です。

キャンペーンの作成方法は以下の通りです。

  • 「広告マネージャ」のキャンペーンのタブから「作成する」をクリック
  • 目的を選択(目的によって、広告の形式や配置が制限される場合があります。たとえば、動画の再生数を目的とする場合は、動画広告のみが選択できます)
  • キャンペーン名を入力(キャンペーン名は、自分が管理しやすいように分かりやすいものであればOK)
  • 「キャンペーン予算の最適化」をオンにするかどうかを選択(この機能をオンにすると、複数の広告セットに対して、予算を効果的に配分してくれます。ただし、広告セットごとに最低予算が必要)
  • 「キャンペーンの詳細設定」をクリックすることで、さらに細かい設定が可能(たとえば、キャンペーンの配信スケジュールや配信条件、入札戦略などを設定できます)

目的に合わせて、最適な広告フォーマットや配置を選ぶことで、効果的な広告配信ができます。

広告セットを作成する

広告セットとは、Facebook広告の中間の階層で、広告の配信条件を設定する場所です。

Facebook広告の成果を左右する重要な設定が多く、初心者の方を悩ませるステップでもあります。

広告セットでは、予算やスケジュール、ターゲティングなどを設定します。

広告セットは、キャンペーンの下で複数作成でき、たとえば同じ目的の広告でも、ターゲットや予算を変えて配信する場合は、別の広告セットを作ります。

広告セットの作成方法は以下の通りです。

  • 「広告マネージャ」の広告セットのタブから「作成する」をクリック
  • 広告セット名を入力。広告セット名も、自分が管理しやすい名前をつける
  • 「オーディエンス」でターゲットを設定。ターゲットは、地域や年齢、性別、言語などの基本的な属性だけでなく、興味や行動などの詳細な条件も設定可能。また、カスタムオーディエンスやルックアライクオーディエンス(※)などの高度なオプションも利用可能。
    ※カスタムオーディエンス:自分のサイトやアプリに訪れたユーザーやメールリストなどのユーザーをターゲット設定可能
    ※ルックアライクオーディエンス:カスタムオーディエンスに似た特徴を持つユーザーをターゲット設定可能 
  • 「配置」で配信場所を設定します。自動配置を選ぶと、Facebookが最適な場所に配信してくれます。手動配置を選ぶと、自分で配信場所を選ぶことができます。配信場所には、以下のような種類があります。
    フィード、ストーリーズ、インストリーム、検索結果、マーケットプレイス、オーディエンスネットワーク、メッセンジャー、インスタグラム など
  • 「予算と掲載期間」で予算と配信期間を設定。
  • 予算:日次予算と期間予算のどちらかを選べる
  • 配信期間:開始日と終了日を指定できる
  • 「配信の最適化」で配信方法を設定します。キャンペーン目的に応じて、以下のような種類から選ぶ。
  • コンバージョン:コンバージョン数を増やしたい場合におすすめ
  • リンククリック:広告のクリック数を増やしたい場合におすすめ
  • 表示回数:クリックされなくても、表示回数を増やして、多くのユーザーに広告をみてもらいたい人におすすめ など
  • 「入札戦略」で入札方法を設定。
    自動入札を選ぶと、Facebookが最適な入札額を決めてくれます。手動入札を選ぶと、自分で入札額を決めることができます。入札額は、配信の最適化に応じて、以下のような単位で設定可能。
  • コンバージョン単価:費用効率よくコンバージョンを獲得したい場合におすすめ
  • リンククリック単価:費用効率よく広告のクリック数を獲得したい場合におすすめ
  • 表示回数単価:費用効率よく広告の閲覧回数を獲得したい場合におすすめ など

広告セットの作成のポイントは、ターゲットと配置を適切に設定することです。

ターゲットは、自分の商品やサービスに興味のあるユーザーに絞り込むことで、効率的な広告配信ができます。

配置は、自分の広告に合った場所に配信することで、ユーザーの反応を高められます。

広告を作成する

広告では、バナークリエイティブなど広告のコンテンツを設定します。

広告のコンテンツには、画像や動画、テキストやリンクなどが含まれ、ユーザーにアピールするための重要な要素となります。

広告の作成方法は以下の通りです。

  • 「広告マネージャ」の広告のタブから「作成する」をクリック
  • 広告名を入力
  • 「アイデンティティ」で広告に表示するFacebookページやInstagramアカウントを設定。事前にページやアカウントを登録しておけば、プルダウンで自動的に選択可能
  • 「形式」で広告の「画像」や「動画」などのフォーマットを設定
  • 「メディア」で広告に使用する画像や動画をアップロード。画像や動画は、鮮やかで魅力的なものを選ぶ
  • 「テキストとリンク」で広告に表示するテキストやリンクを設定。テキストは、簡潔でわかりやすく、ユーザーにメリットや価値を伝える。以下のような項目を入力
  • プライマリテキスト:広告のメインのメッセージを入力
  • ヘッドライン:広告のタイトルを入力
  • 説明:広告のサブタイトルを入力
  • ウェブサイトURL:広告をクリックしたときに遷移するウェブサイトのURLを入力。広告と関連性の高いウェブサイトに誘導する
  • コールトゥアクション:広告に表示するボタンの種類を選択。「今すぐ購入」や「詳細を見る」などがあり、ユーザーにアクションを促すものを選択。

広告の作成のポイントは、コンテンツを工夫することです。

コンテンツは、ユーザーの注意を引き、興味や欲求を刺激するものでなければなりません。

カスタムコンバージョンを作成する

カスタムコンバージョンとは、自分のサイトやアプリで起こる目標となる行動のことです。

たとえば、商品の購入や問い合わせの送信などがあります。

カスタムコンバージョンを作成することで、広告の効果測定や最適化ができます。

カスタムコンバージョンを作成するには、事前にFacebookピクセルを自分のサイトやアプリに設置しておく必要があります。

設置手順については、前項の「Facebook広告の基本ステップ」をご確認ください。

Facebookピクセルを設置したら、カスタムコンバージョンを作成します。

カスタムコンバージョンの作成方法は、以下の通りです。

  • 「広告マネージャ」の左上のメニューから「測定とレポート」をクリックし、「カスタムコンバージョン」を選択
  • 「カスタムコンバージョンを作成する」をクリック
  • 「ルール」でコンバージョンの条件を設定。たとえば、サイトの特定のURLに訪れたユーザーをコンバージョンとする場合は、URLに含まれる文字列を指定
  • 「名前」でコンバージョンの名前を入力
  • 「カテゴリ」でコンバージョンの種類を選びます。「購入」や「登録」など
  • 「値」でコンバージョンの価値を設定。コンバージョンの価値は、広告の効果測定や最適化に利用される、特にない場合は設定しなくてもOK。たとえば、購入の場合は「商品の価格」を入力

カスタムコンバージョンを作成した後は、広告セットの配信の最適化でコンバージョンを選び、広告の効果測定や最適化を行えます。

カスタムコンバージョンは、ビジネスに合わせてカスタマイズできるため、効果的な広告運用に役立ちます。

Facebook広告で成果を出す2つのコツ

Facebook広告は、設定や運用によって、成果が大きく変わります。

Facebook 広告 やり方

ここでは、Facebook広告で成果を出すためのコツを2つ紹介します。

ターゲットを絞りすぎない

Facebook広告の強みの一つは、豊富なターゲティングオプションです。

興味や行動などの詳細な条件で、自分の商品やサービスに合ったユーザーをターゲットにできます。

しかし、ターゲットを絞りすぎると、広告のリーチが低くなり配信が不安定になってしまうことも。

また、広告の競争が激しくなり、入札額が高くなる可能性も上がってしまいます。

ターゲットを絞りすぎないためには、ターゲットの規模を確認しましょう。

オーディエンスネットワークの「潜在的なリーチ」や「予想される日次の結果」を見ると、ターゲットの規模が適切かどうか確認できます。

一般的には、数万人以上のリーチが望ましいとされています。

ターゲットの条件が多すぎると、ターゲットが狭くなるため、必要な条件だけに絞り込みましょう。
また、条件の組み合わせにも注意が必要で、AND条件よりもOR条件の方が、ターゲットが広くなります。

クリエイティブを工夫する

Facebook広告の改善には、クリエイティブが重要です。

クリエイティブとは、広告のコンテンツのことであり、画像や動画、テキストやリンクなどが含まれます。

クリエイティブは、ユーザーの注意を引き、興味や欲求を刺激するものでなければ成果が見込めません。

そのためには、まず配信面ごとにクリエイティブサイズを用意することが重要です。

Facebook広告の配信面にはフィードやストーリーズなど、さまざまな配信面がありますが、配信面によって広告のサイズや形式が異なります。

たとえば、フィードでは、正方形や縦長の画像が有効ですが、ストストーリーズでは、画面いっぱいに広がる横長の画像が有効です。

配信面ごとにクリエイティブサイズを用意することで、広告の見栄えや効果を高めることができます。

また、クリエイティブを長期間同じものにしておくと、ユーザーの飽きや慣れが起こり、広告の効果が低下する可能性があります。

クリエイティブを定期的に更新し、ユーザーの興味を持続させましょう。

まとめ

Facebook広告は、やり方次第で成果が上がりやすい広告ツールです。

Facebook広告を効果的に運用するには、以下のようなことが必要です。

  • 広告の目的を明確にする
  • 広告の設定や運用に注意する
  • 広告の配信結果や効果測定を行う
  • 広告の改善や最適化を行う

効果のあるクリエイティブを作成し改善し続けることは、リソースに限りがある企業では非常に難しく、期待する効果が見込めない可能性があります。

そのため、Facebook広告運用など、自社で取り組むことが難しいものは外注することで成果が見込めます。

Facebook広告は、設定や運用によって、成果が大きく変わります。
そのため、自社の目標に合わせてFacebook広告を運用してくれる代理店に任せることがおすすめです。

株式会社J・Gripマーケティングでは、大手企業から中小企業までの数多くの実績をもとにお客様の目標達成に貢献したいと考えております。

いきなりFacebook広告を自社で始めるのは難しそう、Facebook広告で効率よく成果を出したいとお考えの企業様は、ぜひ一度ご相談ください。

プロモーション、広告、制作、PRなら、
J・Gripマーケティング
ご依頼ください。

新技術や新手法が次々と現れる中で、常に最新かつ効果的なマーケティングソリューションを提供するために、弊社ではクリエイティブ制作、システム開発、分析専門担当、WEBプロモーション運用専門担当、企画担当などクライアントニーズの全てに応えることのできる体制を整えています。

おすすめ記事

  • Facebook広告

    Facebook広告の効果とは?知っておきたい費用対効果を高める5つの施策

  • Facebook広告

    【最新】Facebook広告の費用相場!費用対効果を高める3つの方法

  • Facebook広告

    【初心者向け】Facebook広告のやり方を徹底解説!アカウント作成方法から失敗しないコツまでプロが紹介

関連記事