TikTok広告の運用代行会社を選ぶポイントと依頼すべきかの判断基準について紹介

公開日:2024.03.27

TikTok広告の配信の代行を検討中しているものの

「TikTok広告の運用代行を依頼したいけれど、どの広告代理店を選べばよいかわからない」
「広告代理店に頼むべきかどうか判断に迷っている」

このように広告代理店選びの難しさから判断できずにいる担当者も多いのではないでしょうか。

本記事では

  • TikTok広告運用代行のおすすめ代理店10選
  • TikTok広告運用に強い代理店を選ぶ6つのポイント
  • TikTok広告の運用代行を依頼するメリット・デメリット

についてくわしく解説します。

代理店選びで失敗は避けたい、信頼できる広告代理店とパートナーシップを組みたいと考えている担当者は、ぜひこの記事を参考にしてください。

最適な代理店を見つけることでTikTok広告の可能性を最大限に引き出し、マーケティング目標の達成に近づくことができるでしょう。

TikTok広告運用代行のおすすめ代理店10選

TikTok広告の運用を代行する代理店選びは、広告キャンペーンの効果や結果に大きく影響するため大変重要です。

ここでは、TikTok広告の運用実績が多く、動画広告のサポートが得意なおすすめ代理店を10社紹介します。

株式会社J・Gripマーケティング

株式会社J・Gripマーケティングは、Web広告運用を専門とする「総合Webプロデュース企業」です。

継続率90%以上、350社以上の豊富な実績があり、最新テクノロジーを駆使したサービスを提供しています。

  • TikTok広告をはじめとするSNS広告に強い
  • 戦略設計から運用までトータルでサポートできる
  • TikTok広告の動画制作も対応できる

また、株式会社J・GripマーケティングはTikTok広告の成果に直結するターゲティングを得意としています。

サイトに一度訪れたユーザーに対して広告を配信する機能を活用した効果的なアプローチを行い、高い成約率の達成をサポートしています。

Web集客戦略の設計から広告運用まで一貫してサポートできるため、複数のSNS広告を運用している企業にもおすすめです。

公式HP:株式会社J・Gripマーケティング

株式会社pamxy

株式会社pamxyは、TikTokやYouTubeを中心に、マーケティングの包括的支援を行っている企業です。

TikTokアカウントで30万人超えのフォロワー数を誇ります。

これらの自社運用で培ったノウハウを活かし、お笑いコンビ「ナイツ」の塙宣之さんのチャンネルをはじめ、数多くのクライアントのSNS広告運用代行を手がけています。

  • TikTok公式クリエイターがノウハウを提供
  • SNSに特化したマーケターがサポート
  • 動画SNSが得意

YouTubeの人気チャンネルなども手がけているため、動画クリエイティブ全般の実績が多い会社に依頼したい企業におすすめです。

公式HP:株式会社pamxy

Star Creation

StarCreationは、1000名以上のクリエイターをもつ大規模なTikTokマルチチャンネルネットワークです。

TikTok運用において豊富な経験と実績を持っており、人気クリエイターとのコラボレーションを通じて、高品質なコンテンツ制作を行っています。

  • 1,000名以上のクリエイターが在籍
  • 人気クリエイターを起用できる
  • ニーズに合わせて最適なクリエイターを提案してもらえる

フォロワー数の多いクリエイターに自社商品を紹介してもらい、多くのユーザーに認知してもらいたい企業におすすめです。

公式HP:Star Creation

株式会社メディアエイド

株式会社メディアエイドは、TikTokマーケティングに特化した企業です。TikTokで34万人ものフォロワーを持つ現役の医学部生が代表を務めています。

160社以上のTikTokアカウントの運用代行実績を持つため、アカウント運用代行に強みを持っています。

  • 毎月2,000本の動画制作を行っている
  • 毎月1,000本以上の台本を作成し、データとして蓄積
  • Z世代のクリエイターチームがサポート

多くのTikTok制作実績を活かした広告運用を依頼したい企業におすすめです。

公式HP:メディアエイド

studio15株式会社

studio15株式会社は、TikTokに特化したマーケティングサービスを提供する企業です。

TikTokに特化することで、クリエイターマネジメントや企画・制作から運用までワンストップでサービスを提供しています。

バズるコンテンツの作り方やTikTok特有の運用テクニックを熟知しており、目標達成に直結するノウハウを持っています。

  • 多数のクリエイターが所属している
  • TikTok特化ならでは独自ノウハウ
  • TikTok関連施策を多角的にサポート

TikTok広告のみで成果をあげたい、ワンストップで業務を依頼したい企業におすすめです。

公式HP:studio15株式会社

株式会社セプテーニ・ホールディングス

株式会社セプテーニ・ホールディングスは、SNS広告運用に強みを持つ企業です。

顧客データやAIを活用したデジタルマーケティングを得意としています。

TikTokでは、「TikTok For Business Agency Award 2021」にてブランド部門 Silverの受賞歴があります。

  • 顧客データを活用し、総合的なデジタルマーケティングを実施
  • 電通グループと提携し質の高いサービスを提案
  • SNSマーケティングに関するウェビナーを実施

従業員数2,000名を超える電通グループ企業のため、大手の代理店に依頼したいと考えている企業におすすめです。

公式HP:株式会社セプテーニ・ホールディングス

株式会社リーディングコミュニケーション

株式会社リーディングコミュニケーションは、SNSマーケティングサービスを提供している企業です。

企画立案から広告運用まで、プロモーションの全工程をワンストップでサポートしています。

SNSアカウントの総フォロワー数は825万人を超えており、幅広いユーザー層にアプローチが可能です。

  • 運用アカウントのSNSフォロワー数が825万人超え
  • 人気クリエイターを起用した企画を実施できる
  • TikTokと公式マネジメント締結している

人気のクリエイターを起用したい、クリエイターにこだわりがある企業におすすめです。

公式HP:株式会社リーディングコミュニケーション

CARTA COMMUNICATIONS

CARTA COMMUNICATIONSは、大手広告代理店である株式会社サイバー・コミュニケーションズから事業継承した企業です。

TikTokアカウントの開設から広告運用、分析・レポーティングまで、TikTokマーケティングのあらゆる側面をサポートします。

  • TikTok広告関連のウェビナーを実施
  • クリエイターのアサイン・クリエイティブの制作にも対応
  • 500社以上の取引実績

TikTok広告以外のSNSにも幅広く対応しているので、総合的にSNS広告をプロデュースして欲しい企業におすすめです。

公式HP:CARTA COMMUNICATIONS

株式会社ウィニングフィールド

株式会社ウィニングフィールドは、AI技術を駆使した高精度のターゲティングを特徴としている企業です。

Webコンサルティングや広告運用代行、ランディングページ制作、さらには広告プランナー養成講座など、デジタルマーケティングに関する幅広いサービスを提供しています。

  • AIによる高精度なターゲティングを使った広告運用
  • マーケティング担当者へのインハウス支援も実施
  • 広告運用を学べるワークショップを実施

ターゲティングの設定に迷っている、将来的には自社内で運用するための知識を得たい企業におすすめです。

公式HP:株式会社ウィニングフィールド

Nativex JAPAN

Nativex Japanは、中国最大手のインターネット広告代理店「Nativex」の日本法人です。

TikTokの運営会社とグローバルパートナーシップを結んでおり、世界各国にオフィスを構えています。TikTokの新機能を使えるのが強みで、グローバルな広告運用を行えます。

  • TikTokの運営会社「Bytedance」とグローバルパートナーシップを組んでいる
  • 海外のインフルエンサーを起用できる
  • 世界のデザイナーの提携し、独自のクリエイティブを制作できる

海外のユーザーに向けてTikTok広告を配信したい企業におすすめです。

公式HP:Nativex JAPAN

TikTok広告運用代行会社に依頼できる業務内容

TikTok広告運用代行の業務内容は多岐にわたります。

おもな業務は、広告キャンペーンの計画、実行、管理を行いTikTok広告の成果をあげることです。

具体的には以下のようなサービスを行います。

  • 広告戦略の提案
  • 広告アカウントの設定・管理
  • 広告キャンペーンの作成・運用
  • 広告クリエイティブの制作
  • 効果測定
  • レポート作成

広告の作成から配信後の運用までトータルで依頼することも可能です。

また、自社でカバーしきれない部分のみを依頼できる広告代理店もあるので、ニーズに合った業務を依頼できる代理店を選択するとよいでしょう。

TikTok広告運用代行の費用相場

TikTok広告運用代行の費用相場は、広告代理店によって提供されるサービスプランが多岐にわたるため、会社によって大きく異なります。

おもな料金体系は、月額契約型と代行手数料型の2種類です。

月額契約型は、毎月定額の料金を支払う方式で、サービス内容や運用する規模に応じて料金が設定されます。

一方、成果報酬型は、広告の成果(コンバージョン数や売上など)に応じて料金が発生する方式です。

どの業務を依頼するかによっても費用が変わります。あくまでも目安となりますが、依頼内容に対する費用の目安は以下のとおりです。

  • 運用アドバイスのみ:月額5~20万円
  • 運用代行:月額30~60万円
  • 他のSNS施策など総合的に代行:月額50~100万円

運用アドバイスのみのプランでは、月額5〜20万円程度が相場です。おもなサービス内容は、広告戦略の提案やアカウント設定のサポートなどになります。

運用代行まで依頼すると、月額30〜60万円程度かかるのが一般的です。

こちらは、広告の戦略立案からキャンペーンの作成・運用、クリエイティブの制作、効果測定までを広告代理店が一括して行います。

会社によりプランなども異なるため、依頼する業務を明確にしてから依頼先を選ぶのがおすすめです。

さらに、TikTok広告だけでなく、他のSNS施策なども含めて総合的に代行を依頼するプランもあります。

複数のSNSをトータル運用の依頼をする場合は月額50〜100万円以上と、高額になる傾向があります。

複数のSNSを運用している場合は、相乗効果を期待できるメリットがあるため、予算の範囲内で検討してみましょう。

代行手数料型は、消化した広告費の20%前後が費用となります。

例えば、広告費が20万円だった場合、手数料として4万円を代理店に手数料を支払います。代理店によって設定は異なるため、個別に見積もりを依頼して確認しておきましょう。

TikTok広告運用に強い代理店を選ぶ6つのポイント

広告運用を外注する広告代理店にもさまざまな特徴があります。

どの代理店に依頼するかにより成果が大きく変わるため、代理店選びは慎重に行うことが大切です。

TikTok広告運用に強い代理店を選ぶためのポイントは以下の6つです。

  • TikTok広告の運用実績は豊富か
  • 自社の業界に対する知見はあるか
  • 高いクリエイティブ制作スキルがあるか
  • 予算に合ったプランを提供しているか
  • 柔軟な契約期間に対応できるか
  • 担当者とのコミュニケーションは取りやすいか

それぞれくわしく解説します。

TikTok広告の運用実績は豊富か

まず、TikTok広告の運用実績が豊富であるかどうかを確認しましょう。

広告運用で実績をあげている場合でも、TikTok広告を扱った経験が浅ければ、期待する成果をあげるのは難しいといえます。

次に会社のホームページで過去の実績を確認し、具体的な実績をチェックしましょう。

どれくらいの成果があるのか、どういった業界の実績があるのかを確認するとよいでしょう。

また、担当者に運用内容を質問すれば、より具体的な実務経験を評価できます。

自社の業界に対する知見はあるか

担当者が過去に自社の業界や関連業界を担当した経験があるかどうかを確認しましょう。

業界経験が豊富な担当者は、業界特有の課題やユーザーの行動パターンを把握しているため、的確なアドバイスを提供できます。

また、業界に特化した広告クリエイティブの作成スキルがあれば、ターゲット層の共感を呼び起こしやすく、高い広告効果が期待できます

担当者個人の経験だけでなく、代理店全体としての業界知識が蓄積しているかも重要です。

代理店内で業界に関する情報共有が行われているかどうかを確認しましょう。

広告運用における成功事例や失敗事例、業界トレンドなどの知見が社内で共有されていれば、担当者が変わった場合でも一定のクオリティを保てます。

業界特有の言葉遣いや表現方法への理解度もチェックポイントです。
業界用語を適切に使いこなせるかどうかは、広告メッセージの説得力に直結します。

さらに、競合他社の動向や業界全体のトレンドについても把握しているかどうかを確認しましょう。

市場環境を踏まえた上で、自社の強みを生かした広告戦略を提案できる代理店が理想的です。

高いクリエイティブ制作スキルがあるか

クリエイティブ制作スキルが高いかどうかも、重要な判断基準となります。

優れたクリエイティブは広告の効果に直結するため、代理店の制作スキルの見極めがポイントです。

代理店のクリエイティブ制作スキルを評価する方法を2つ紹介します。

  • 過去の広告クリエイティブ実績を確認する
  • 自社のターゲット層に合ったクリエイティブを制作できるか確認する

代理店が手がけたキャンペーンの事例を分析することで、ビジュアルやメッセージの特徴などを把握できます。

代理店がターゲット層の好みや行動パターンを深く理解し、共感を呼ぶコンテンツを生み出せるかどうかも重要です。

クリエイティブの制作スキルを見極めるには、代理店にいくつか制作物や企画書を掲示してもらうのがおすすめです。

  • ターゲットに合っているか
  • 自社では思いつかないようなアイデアが盛り込まれている

こうした観点から評価してみてください。

また、動画編集やデザインなどの技術的なスキルレベルも見逃せません。

特にTikTokは動画コンテンツのため、高度な動画編集スキルは必須です。

代理店のポートフォリオや実際の広告素材を確認し、クオリティの高さをチェックしましょう。

クリエイティブは複数の代理店の作品を見比べると相対的に判断しやすくなります。

予算に合ったプランを提供しているか

予算とニーズに合ったサービスを選ぶことで、費用対効果の高い広告運用を実現できます。

柔軟にプラン内容を変更できない代理店では、ピンポイントで業務を依頼できずに価格が高くなる可能性があるため注意が必要です。

また、費用対効果を重視した提案をしてくれる代理店を選ぶことも重要です。

予算を最大限に活用し、広告の目標達成に向けて最適な戦略を立ててくれる代理店は、クライアントの利益を第一に考えています。

単にプランを提案するのではなく、予算内で最大の成果を出すための具体的な方法を提示してくれる代理店が望ましいでしょう。

クライアントの事情を考慮し、範囲内で最適な広告運用方法をアドバイスできる代理店は、顧客のビジネス成功に真摯に取り組む姿勢を持っています。
予算を無視した非現実的な提案をする代理店は避けましょう。

柔軟な契約期間に対応できるか

柔軟な契約期間に対応可能かどうかも大切です。

例えば、特定のキャンペーンやプロジェクトに限定して広告運用を依頼したい場合や、試しに配信するときなどは、短期間の契約をおすすめします。

必要な期間のみや月単位など、柔軟な契約オプションを用意している代理店なら、クライアントの状況に合わせたサービスを提供できます。

また、契約期間中の解約条件についても確認しておきましょう。

予算の見直しや広告運用の成果によっては、契約内容を途中で変更したり、解約したりする必要が生じる可能性があります。
いざというときに解約できない、といったリスクを抑えるためにも把握しておくことをおすすめします。

担当者とのコミュニケーションは取りやすいか

担当者とのコミュニケーションの取りやすさも、広告運用の成功に影響します。

質問や要望に対して、ていねいでわかりやすい説明をしてくれることは重要です。

また、担当者が自社のビジネスを深く理解し、的確なアドバイスをしてくれるかどうかも重要なポイントです。

状況に合わせた最適な広告戦略を提案してくれる担当者は、信頼できるパートナーといえます。

良好なコミュニケーションを取れるかどうか、見積もり依頼や問い合わせの対応などからチェックしておくとよいでしょう。

TikTok広告の運用代行を依頼する3つのメリット

TikTok広告の運用代行を依頼するメリットを3つ紹介します。

  • 社内リソースの負担を軽減できる
  • 効果の高い広告運用を実現できる
  • 最新のトレンドやノウハウを取り入れた運用を行える

運用代行によって自社のTikTok広告運用の成果アップに役立つかどうかの参考にしてください。

社内リソースの負担を軽減できる

TikTok広告の運用代行を活用すると、社内リソースの負担を大幅に軽減できるところがメリットです。

TikTok広告を効果的に運用するには、アカウント開設からターゲットやオーディエンスの詳細な設定、魅力的な広告クリエイティブの制作、継続的な効果測定と分析が必要です。
そのため、担当者は膨大な時間と専門的な知識が求められます。

運用代行サービスを利用すれば、専門的な広告運用業務を経験豊富な外部の専門家に委託できます。

その結果、社内の担当者は広告運用以外の業務に専念でき、業務効率の向上が期待できるでしょう。

効果の高い広告運用を実現できる

代理店の担当者はTikTok広告に関する豊富な実績と専門知識を持っているため、自社で運用するよりも成果を期待できます
効果的な広告を配信するためには、以下のようなスキルが必要です。

  • 適切なターゲティング
  • クリエイティブ制作
  • 配信最適化
  • データ分析

代理店ならTikTok広告の専門家がスキルを駆使し、オーダーメイドの広告戦略を提供してくれます。
その結果、コンバージョン率の向上や売上増加など、自社で行うよりも効率よく目的を達成しやすくなるでしょう。

TikTokのようなトレンドやアルゴリズムの変化が速いSNSにおいて、ブランド認知度の向上やターゲットユーザーとの絆を強めるには、代理店の専門的な知見と経験が非常に効果的です。

最新のトレンドやノウハウを取り入れた運用を行える

TikTok広告のトレンドやアルゴリズムは、絶えず変化しています。

そのため、最新情報を常にキャッチアップし、広告戦略に反映させることが非常に重要です。

代理店ならTikTokの最新動向を素早くキャッチできるため、最新のトレンドやノウハウを取り入れた効果的な広告運用が可能になります。

また、代理店に運用を任せることで、自社で最新トレンドやノウハウの調査時間と労力を大幅に削減できます。

最新のトレンドを取り入れた運用を実現できれば、TikTok広告の効果を引き出し、競合他社に差をつけることが期待できるでしょう。

TikTok広告の運用代行を依頼する前に確認すべき注意点

代行費用として最低月額5万円以上が必要

TikTok広告の運用代行を利用する場合、一般的に月額5万円以上の運行代用費用が必要となります。

代理店の規模や提供するサービスの内容、専門性のレベルによって依頼費用は大きく変動します。
とはいえ、月額数万円から数十万円程度の範囲で設定されているのが現状です。

さらに、代理店に支払う費用は、広告配信に必要な広告費用とは別に発生することに注意が必要です。

運用代行サービスを検討するなら、代行依頼費と広告費の両方を考慮に入れた上で、適切な予算計画を策定することが重要となります。

例えば、月に広告を20万円出稿し、月額5万円の運用代行サービスを依頼した場合は、月に25万円が必要です。

必要な業務のみを依頼して、他は自社で行うなど依頼方法を工夫すれば、費用を抑えられます。

自社にノウハウが蓄積されづらい

広告運用を代理店に一任すると、自社のスタッフは業務を通して知見やノウハウに接する機会を得にくくなります。

そのため、代理店の担当者との連携を密にし、運用プロセスや戦略に関する知識の共有を積極的に図ることが重要です。

定期的な情報共有の場を設け、自社の担当者が運用ノウハウを学べる機会を意図的に作っていきましょう。

また、代理店からの定期レポートやレビューを通じて、運用方針の変更点や改善策を詳しく理解し、自社の広告戦略への理解を深めることも有効な対策となります。

自社の意図を反映した広告運用をしにくい場合がある

代理店とのコミュニケーションが不十分な場合、自社の意図を正しく反映した広告運用を実現できない可能性があります。

自社の広告目標やターゲット、ブランドのコンセプトなどの重要な情報を代理店と詳細に共有することが大切です。

これらの情報が曖昧だと、代理店は効果的な広告戦略の立案が難しくなり、結果的に望んだ成果が得られないリスクが高まります。

さらに、代理店とは定期的な進捗報告会議やコミュニケーションの場を設け、密接に連携することが重要です。

広告キャンペーンの進捗状況を適切なタイミングで把握し、必要に応じて迅速に修正や改善を加えられるようになります。

TikTok広告の運用代行を依頼すべきかどうかのチェックポイント

TikTok広告の運用代行を依頼するかどうかは、自社の状況やニーズによって変わります。

運用代行を依頼すべき企業と依頼すべきでない企業の特徴は以下のとおりです。

運用代行を依頼すべき企業 ・社内リソースが限られている
・効果的な広告運用を行いたい
・最新のトレンドやノウハウを取り入れた運用を行いたい
運用代行を依頼するか要検討の企業 ・社内に十分な知識や経験を持つスタッフがいる
・自社の意図やブランドメッセージに非常にこだわりがある
・月額の予算が10万円以下

TikTok広告運用の代行は、社内リソースや専門知識が不足している企業、高い広告効果を求める企業、最新トレンドを活用したい企業に適しています。

代行により社内の負担を減らしつつ、専門性の高いクリエイティブ制作や配信戦略、トレンドに即した運用が可能になります。

社内に専門知識や経験を持つスタッフがいる企業は、代行費用を節約してノウハウを内部で蓄積するために社内運用が可能です。

また、ブランドメッセージやターゲティング設定など、自社の意図を優先させたい企業も自社での運用が向いています。

予算が限られており代行費用を出しにくい場合は、社内リソースやニーズを総合的に検討し、運用代行の可否を判断する必要があります。

まとめ

TikTok広告運用代行の活用を検討する際は、自社の状況やニーズ、広告目標を慎重に見極めることが重要です。

運用代行の利用により社内リソースの負担を軽減しつつ、専門的な知識と経験を持った担当者とともに高い広告効果を追求できるでしょう。

TikTok広告運用に強い代理店を選ぶポイントは、以下のとおりです。

  • TikTok広告の運用実績は豊富か
  • 自社の業界に対する知見はあるか
  • 高いクリエイティブ制作スキルがあるか
  • 予算に合ったプランを提供しているか
  • 柔軟な契約期間に対応できるか
  • 担当者とのコミュニケーションは取りやすいか

価格だけでなく、長期的な視点でパートナーシップを構築できる代理店を見極めることが大切です。

信頼できる代理店とのパートナーシップを通じて、TikTok広告の可能性を最大限に引き出し、ビジネスの成功につなげていきましょう。

株式会社J・Gripマーケティングでは、大手企業から中小企業までの数多くの実績をもとにお客様の目標達成に貢献したいと考えております。

成果を求めるTikTok広告運用をお考えの方は、ぜひ一度ご相談ください。

執筆者情報

J-Grip Marketing編集部

Web集客・制作分野におけるブランディング・コンサルティング・マーケティングのプロフェッショナル。効果的でありながらWeb集客の本質に関する情報を、専門的にかつ分かりやすく紹介いたします。

プロモーション、広告、制作、PRなら、
J・Gripマーケティング
ご依頼ください。

新技術や新手法が次々と現れる中で、常に最新かつ効果的なマーケティングソリューションを提供するために、弊社ではクリエイティブ制作、システム開発、分析専門担当、WEBプロモーション運用専門担当、企画担当などクライアントニーズの全てに応えることのできる体制を整えています。

おすすめ記事

  • Tik Tok広告

    TikTok広告の費用の目安はどれくらい?種類別の課金方式や相場を詳しく解説

  • Tik Tok広告

    他のSNSにはないTikTok広告のメリットとは?必ず知っておくべきデメリットや必要な費用も紹介

  • Tik Tok広告

    TikTok広告のターゲティング種類と仕組み一覧!運用成功3つのポイント

関連記事