YouTube広告の費用は種類で大きく変わる!課金方式や相場目安を徹底解説

YouTubeは国内のユーザー数7,120万人(※)を超えた人気の動画プラットフォームです。動画といえば若者層に人気が高いイメージがあるものの、YouTubeでは2,680 万人以上のユーザーが45〜64歳と幅広い世代が視聴しています。(※)

そのため、世代を問わずアプローチできる広告として、YouTube広告の導入を考えている企業も多いことでしょう。

導入を検討する中で、

  • YouTube広告はどのくらいの費用が必要なのか
  • YouTube広告の種類によって違うのだろうか
  • 広告作成の外注も検討しているが高額なコストがかかるのか

このような疑問や心配があるマーケティング担当者もいるのではないでしょうか。

YouTube広告は数種類の広告が用意されており、どれを使用するかで課金方式や予算が異なります。

目的によって効果があがりやすい広告の種類が変わるので、予算と目的両方の観点から選ぶことが重要です。

今回は、YouTube広告の課金方法や種類別の広告費用相場について解説します。

この記事を読めば、YouTube広告の種類ごとの特徴や費用について理解でき、自社に合った広告選びを行いやすくなります。

予算内でどのようなYouTube広告を出稿できるかの目安を知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

(※)出典:Think with Google|2023年10月

YouTube広告月額の費用目安と課金方法

まず、YouTube広告の月額費用の目安と課金方法について解説します。

月額費用の目安と課金の仕組みを理解すると、自社ではどのくらいの予算が必要になるか、イメージしやすくなります。

YouTube広告の月額費用の目安は10万円から

YouTubeでは少ない予算からでも広告を配信可能です。

Googleでは日々の平均予算を1,000〜5,000円程度に設定することを推奨しています。

ただし、企業が大きな成果を目指す場合、日額1,000円では期待通りの結果を得るのは厳しいといえるでしょう。

例えば、インプレッション単価が2円だと想定します。

1,000円の予算で得られるインプレッションは500にしかなりません。

このレベルでは、広告が届くユーザー数が限られており、効果的な分析が困難になります。

そのため、YouTube広告を開始する際には、まずは月額10万円〜を目安に予算を設定するのがおすすめです。

月額10万円が難しい場合は、5万円からスタートして様子を見ていくようにしてみましょう。

もし、期待通りの成果を得られなかった場合、選んだ広告タイプや配信方式が適切でない可能性があります。

月間の予算上限を設定しても、広告はいつでも一時停止や調整が可能ですので、結果を踏まえつつ徐々に予算を増やしていくという運用がよいでしょう。

どれくらい広告費が必要なのかを具体的にイメージできない場合は、Googleの広告シミュレーションツールを利用してみましょう。
これにより、実際に広告を出稿する前に、予想される費用を事前に確認できます。

広告配信に慣れるまでは予想外の結果になることもありますが、運用を継続することで、最適な予算の目安が見えてくるでしょう。

YouTube広告の課金の仕組み

YouTube広告がどのように課金されるのかを解説します。

基本的な流れは、YouTubeに広告を掲載する広告主が広告費用を支払います。

投稿者が広告がついた動画を投稿し、ユーザーが広告を視聴・クリックなどのアクションを起こせば、投稿者に広告費用の一部が支払われる仕組みです。

YouTube広告では、広告枠に配信できる企業をオークション方式で決定します

オークションとは、複数の企業が価格を競い合い、最も高い金額を提示した企業の広告が配信される方式です。
そのため、競合他社が出した金額によって変化するのが特徴です。YouTubeの場合、広告配信の際にGoogle広告が自動的にオークションを行います。

オークションでの入札は、広告設定時に自分で決定する「上限広告視聴単価」です。

広告枠が出ると、同じ配信枠をターゲットとして希望する企業とオークションで競い合い、最も高い上限広告視聴単価を提示した企業の広告が配信されます。

また、配信広告の決定には、品質スコアが反映されるのがポイントです。品質スコアはキーワードと広告の関連性などをもとに評価されます。
そのため、
入札単価が低くてもよい掲載位置を獲得することがあります。

予算が低くてもオークションに勝てる可能性があるため、オークションの経験を積むことも必要です。

オークションに勝ち広告金額が決定しても、すぐに課金されるわけではありません。

選択した広告に設定された課金方法の条件を満たすと課金が発生します。課金方法については次の章でくわしく解説します。

YouTube広告の3つの課金方法(CPV.CPM.CPC)

YouTube広告には3つの課金方法があります。

  • 動画視聴課金(CPV・Cost Per View)
  • インプレッション課金(CPM・Cost Per Mille)
  • クリック課金(CPC・Cost Per Click)

広告の種類ごとに上記いずれかの課金方法があらかじめ設定されています。
指定の条件を満たすと課金されるので、それぞれくわしく解説します。

動画視聴課金(CPV・Cost Per View)

動画視聴課金は、特定の視聴条件を満たすと課金される方式です。

「Cost Per View」の頭文字をとって「CPV」と呼ばれています。

課金が発生するおもな条件は以下のとおりです。

  • 動画広告を30秒以上視聴する
  • 動画に対して何らかの操作を行う

YouTube広告では、広告を30秒以上視聴することでカウントされますが、短い動画の場合は、最後まで視聴するなどが条件となります。

また動画をクリックされた場合も課金が発生します。

途中でスキップされた場合は、課金が発生しないので広告コストを抑えたい場合におすすめの課金方式です。

インプレッション課金(CPM・Cost Per Mille)

インプレッション課金は、動画広告が1,000回表示されると課金される方式です。

「Cost Per Mille」の頭文字をとって「CPM」と呼ばれています。

再生回数と表示回数を混同しやすいですが、CPMは動画が「表示された回数」であることを覚えておきましょう。

インプレッション課金のメリットは、予算に合わせて広告の表示回数を自動で最適化できる点です。

そのため、予算が限られている場合でも、多くのユーザーに広告を配信できます

ただし、インプレッション課金は、広告クリックの有無に関わらず、広告が規定表示された回数に応じて費用が発生します。

そのため、クリックやWebサイト訪問などの具体的なアクションにつながらない場合も多いことも理解した上で活用することが大切です。

クリック課金(CPC・Cost Per Click)

クリック課金は、ユーザーが広告をクリックしたときに費用が発生する方式です。

「Cost Per Click」の頭文字をとって「CPC」と呼ばれています。

広告が表示されるだけで費用が発生するインプレッション課金とは異なり、クリックされるまで費用が発生しないのが特徴です。

この広告方式では、1回のクリックに対して支払い可能限度額を設定することが可能です。

広告が表示されても、実際にクリックされるまで料金は発生しないため、不必要なコストを抑えられます

また、広告に関心があるユーザーがクリックするため、動画広告の効果を測定する際の重要な指標になります。

YouTube広告の種類別費用相場

YouTube広告は、大きく分けて次の6種類のフォーマットが用意されています。

  • スキップ可能なインストリーム広告
  • スキップ不可のインストリーム広告
  • インフィード動画広告
  • バンパー広告
  • アウトストリーム広告
  • マストヘッド広告

広告の種類ごとの課金方法や費用相場、向いているケースを解説しますので、ぜひ参考にしてください。

広告の種類 課金方法 費用相場 料金が発生する条件
スキップ可能なインストリーム広告 動画視聴課金(CPV) 2〜25円/1回
  • 30秒以上動画を視聴する
  • 広告がクリックされる
スキップ不可のインストリーム広告 インプレッション課金(CPM) 400〜600円/1,000回 1,000回再生される
インフィード動画広告 クリック課金(CPC) 2〜6円/1クリック ユーザーが広告をクリックして動画を再生したとき
バンパー広告 インプレッション課金(CPM) 400円~/1,000回 1,000回表示される
アウトストリーム広告 インプレッション課金(CPM) 40〜600円/1,000回
  • 画面の50%表示される
  • かつ2秒以上連続して動画が再生される
マストヘッド広告 インプレッション課金(CPM) 1日あたり数百万円~ Google担当者と相談の上個別で決定する

 

スキップ可能なインストリーム広告

スキップ可能なインストリームは、動画を再生して5秒経過するとスキップ可能になる広告です。

動画の開始前、終了後、再生中に表示されます。

課金形式は動画視聴課金(CPV)で、課金が発生する条件は以下のとおりです。

  • 広告をスキップせずに30秒以上見続ける(ただし、30秒以下の動画は最後まで視聴する)
  • 企業のWebサイトへ訪問する

料金相場は1回の再生あたり2〜25円程度です。

30秒未満の視聴では料金が発生しません。

そのため、スキップした場合は5秒間の広告費は無料になるため、できるかぎり広告費を抑えたい場合に向いています。

スキップ可能なインストリームのメリットは、以下の3つです。

  • 最低5秒間は必ず広告を見てもらえる
  • スキップできない時間が5秒と短いため、ユーザーのストレスになりにくい
  • スキップしなかった視聴のみ課金されるので費用対効果が高い

そのため、スキップ可能なインストリーム広告は、最初の5秒でインパクトのある広告を作成することが非常に重要となります。

スキップ不可のインストリーム広告

スキップ不可のインストリーム広告は、ユーザーが15秒間スキップできない広告です。

スキップ可能なインストリーム広告との違いは「スキップの可否」となります。

課金形式はインプレッション課金(CPM)で、表示されるたびに料金がかかるわけではなく、1,000回表示されるごとに課金されます

スキップ不可のインストリーム広告の費用相場は1,000回表示あたり400〜600円です。

Googleが推奨する動画の理想的な長さは最長3分まで、最短でも再生回数としてカウントされるためには12秒以上必要です。

スキップできない時間で必ず伝えたいメッセージがある場合に向いています

しかし、ユーザーは15秒間も広告を強制的に見る必要があるため、ユーザーがストレスを感じる可能性があります。

広告嫌いなユーザーの場合は自社への評価が低下するケースもあるので注意が必要です。

そのため、最近はスキップ不可のインストリーム広告を採用する企業が減ってきていまます。

インフィード動画広告

インフィード動画広告は、YouTubeの動画再生ページの関連動画や検索結果画面に表示される広告です。

以前はTrueViewディスカバリー広告と呼ばれていましたが、名称が変更となりました。

これらの広告では動画そのものではなく、タイトルとサムネイルが表示されます。

課金方式はクリック課金(CPC)で、ユーザーが広告をクリックすると動画が再生され、料金がかかります。

1回のクリックに対する料金相場は、2〜6円程度です。

インフィード動画広告のメリットは、ユーザーが自発的に広告をクリックすれば広告を視聴できるところです。

広告に興味を持つユーザーがクリックするため、コンバージョン率が高くなりやすくなります。そのため、商品やサービスの購入を促したいときに向いています。

また、YouTubeの検索結果画面に表示する場合、検索キーワードに関連性が高い広告が表示されるため、他の広告に比べて費用対効果が高いところも特徴です。

バンパー広告

バンパー広告は、最長6秒間のスキップできない短い広告です

この広告はインストリーム広告と同様に、動画の開始前、終了後、再生中に表示されます。

課金方式は、インプレッション課金(CPM)で、1,000回表示されるごとに料金がかかります。

料金相場は1,000回表示につき400〜600円程度です。

バンパー広告とインストリーム広告のおもな違いは、動画の長さと課金の仕組みの2点です。

バンパー広告は最長6秒という動画の短さが特徴ですが、インストリーム広告はGoogleが推奨する時間の目安はありますが、制限時間は設けられていません。

また、バンパー広告は表示回数に基づいて課金されるのに対し、インストリーム広告は再生時間に応じて課金されます。

短い動画で勝負したい場合はバンパー広告、長い動画に広告を配信したい場合はインストリーム広告を利用するとよいでしょう。

パンバー広告は動画時間が6秒と短いため、ユーザーにストレスを与えにくいといわれています。

スキップ不可の特性を生かし、多くのユーザーにブランドや商品の認知を拡大をしたい場合に適しています。

6秒間でユーザーに製品やブランドを効果的にアピールできる広告作りが重要です。

アウトストリーム広告

アウトストリーム広告は、YouTube以外のGoogleアプリやサイトに表示される、モバイル専用の広告です。

課金方式は、インプレッション課金(CPM)で、1,000回表示されるごとに料金がかかります。

アウトストリーム広告では「広告が画面の50%以上を表示され、2秒以上視聴された場合」に表示されたとカウントします。

料金の相場は40〜600円です。2秒以上視聴されるとカウントされるため、最初は少額から試しながら様子をみるのをおすすめします。

アウトストリーム広告は、YouTubeユーザー以外にも広告を見せられるのが強みです。

そのため、YouTubeを利用していないモバイルユーザーにアプローチしたい場合に向いています。

マストヘッド広告

マストヘッド広告は、YouTubeのホーム画面上部に表示される広告です。

YouTube内で最も目立つ位置にあるため、高い訴求効果を持つのが特徴です。

課金方式はインプレッション課金(CPM)ではあるものの、専門の代理店を通してGoogleの担当者に枠を確保する必要があります。金額は相談の上で決定され企業ごとによってさまざまです。

マストヘッド広告の最大のメリットは、YouTubeホーム画面のトップに表示されるため、多くのユーザーの目に触れやすいところです。

しかし、目立つ位置にあるため費用も高額になりがちです。
具体的な金額は公開されていませんが、1日に数100万円以上の料金がかかるとされています。

ユーザーの注目を集めやすく、広告が自動再生されるため、新商品やブランドの認知拡大やキャンペーン告知など短期間に多くのユーザーに宣伝したいときに使用します。

テレビCMのように高品質な動画を作成できれば、予想以上の効果を期待できる可能性もあるでしょう。

各広告の種類別の費用相場と向いているケースをまとめると以下のとおりです。
予算と目的に合わせて最適な広告を選んでみてください。

広告の種類 費用相場 向いているケース
スキップ可能なインストリーム広告 2〜25円/1回 できるかぎり広告費を抑えて動画広告を配信したいとき
スキップ不可のインストリーム広告 400〜600円/1,000回 必ず伝えたいメッセージを伝えたいとき
インフィード動画広告 2〜6円/1クリック 商品やサービスの購入を促したいとき
バンパー広告 400円~/1,000回 多くのユーザーにブランドや商品の認知を拡大をしたいとき
アウトストリーム広告 40〜600円/1,000回 YouTubeを利用していないモバイルユーザーに配信したいとき
マストヘッド広告 1日あたり数百万円~ 短期間に多くのユーザーに宣伝したいとき

 

YouTube広告動画の作成費用

YouTube広告を配信するにあたり、動画の制作費用も予算として考えておく必要があります。

動画広告は自社で制作することも可能です。

しかし、YouTube広告の作成が初めての企業や動画制作の担当者がいないは、動画の質が成果を左右するので、専門の制作会社に依頼するのをおすすめします

動画の制作における費用は、次のような要素によって金額が異なります。

  • 動画の長さ
  • 編集の内容
  • 企画の内容
  • 撮影方法
  • 動画の種類

予算の範囲は数万円から数百万円までと非常に広く、テレビCMのような高品質な動画を目指す場合には高い費用がかかります。

一方で、テンプレートを使用した制作やスマホでの撮影など、コストを抑えた手法を採用すれば、数万円程度で制作することも可能です。

【予算別】YouTube広告動画の外注費用

ここからは、YouTube広告動画を外注した場合、予算内でどのような内容を依頼できるかの目安を紹介します。

外注費用は依頼する制作会社によっても異なります。大規模な制作会社に依頼するよりも、中小やフリーランスに依頼したほうが予算を低く抑えられます。

制作費と動画のクオリティのバランスをよく考慮した上で依頼するのがおすすめです。そのためにも何社か見積もりを依頼して比較検討してみましょう。

5,000円〜30,000円

動画の編集のみを依頼する場合は、5,000円〜30,000円で依頼できます。

おもに以下のような編集作業を依頼します。

  • 動画にテロップ(字幕)挿入する
  • 動画に効果音を入れる
  • 画像やイラストを入れる

基本的な編集作業のみの相場なので、画像作成などは別途費用がかかります。

予算重視で可能なかぎり外注費を抑えたい場合は、編集作業だけでも依頼するとよいでしょう。

ただし、この価格帯では必要最低限の作業しか依頼できません。
クオリティの高さを重視するのであれば、もう少し予算が必要です。

50,000円〜100,000円

動画の企画段階から依頼する場合の価格帯です。

構成やタイトル作成など撮影以外は外注したい場合は、動画1本あたり50,000円〜100,000円は必要となります。

自社の目的に合わせた企画や構成の作成の依頼も可能となります

企業によって提供内容が異なりますので、他にもサムネイル作成などのサービスをセットにしているところもあります。

300,000〜500,000円以上

編集・企画に加えて、YouTube広告の運用やコンサルまで総合的に依頼する場合の価格です。

YouTube広告はただ公開して終わりではなく、成果を出すためには効果検証も必須です。

この価格帯では、YouTube広告全体に関わる業務を依頼するため、予算も高額になります。

自社にYouTube広告のノウハウやリソースが足りず、予算に余裕があればすべて外注することを検討してもよいでしょう。

できるかぎり制作費用を抑えるコツ

外注を検討しているものの、できるかぎり費用を抑えたい場合は、内製できる部分は自社で行い、それ以外の専門的な作業を外注することがポイントです。

例えば、次のようなポイントを自社で実施すれば、外注費用の削減につながります。

  • 撮影・台本の作成
  • 著作権フリー音源の利用
  • 素材は自社で用意し、編集のみを依頼
  • シナリオや絵コンテを作成して提供

足りない作業だけピンポイントで請け負う制作会社もあるため、予算を伝えてその範囲で対応できる外注先を選ぶことも大切です。

ただし、自社でクリエイティブを作成するには、経験やノウハウがあるスタッフが行う必要があります。

YouTube広告はクリエイティブの質で広告の成果が大きく左右されるため、プロに任せたほうが費用対効果が高くなるケースも多いです。

自社の制作環境をふまえた上で自作できる範囲を検討しましょう。

動画制作の外注先の選び方については以下の記事で詳しく解説しているので、依頼を検討している場合は参考にしてみてください。

関連記事

動画制作を外注する方法とは?気になる費用相場を詳しく解説

更新日:2023.09.29

まとめ

YouTube広告の月額費用は、10万円からが目安です

YouTube広告の課金方式は3種類で広告によって異なります。

課金方式と対応する広告の種類をまとめると次のとおりです。

課金方式 広告の種類
動画視聴課金 スキップ可能なインストリーム広告
インプレッション課金
  • スキップ不可のインストリーム広告
  • バンパー広告
  • アウトストリーム広告
  • マストヘッド広告
クリック課金 インフィード動画広告

YouTube広告は、少額の広告費でも配信できるのがメリットです。

高額なマストヘッド広告以外は、比較的リーズナブルな価格で配信できます。

費用対効果を高めて効率よく広告成果を上げるには、ある程度の経験が必要です。
そのため、
慣れないうちは広告費を抑えて試行錯誤を行い、効果があがるパターンを理解できたら金額をあげていくようにしましょう。

広告動画の作成を外注する場合は、さらに外注費が必要です。

自社で用意できる動画や画像といった素材を事前に準備しておくと、広告制作のコストを抑えられます。

ただし、YouTube広告は動画の出来栄えが広告の成果に大きく影響するので、自社で品質の高いクリエイティブを作成できるかどうか、確認しておくことも重要です。

どのような広告を掲載するか、どの業務を外注するかを予算に応じて検討してください。

株式会社J・Gripマーケティングでは、大手企業から中小企業までの数多くの実績をもとにお客様の目標達成に貢献したいと考えております。

効果の出るYouTube広告運用をお考えの方は、ぜひ一度ご相談ください。

プロモーション、広告、制作、PRなら、
J・Gripマーケティング
ご依頼ください。

新技術や新手法が次々と現れる中で、常に最新かつ効果的なマーケティングソリューションを提供するために、弊社ではクリエイティブ制作、システム開発、分析専門担当、WEBプロモーション運用専門担当、企画担当などクライアントニーズの全てに応えることのできる体制を整えています。

おすすめ記事

  • YouTube広告

    YouTube広告1日の予算は少ないと効果なし!ズバリ月10万円から計算して決めよう

  • YouTube広告

    YouTube広告のメリットとは?運用するべきかどうかを判断するためのガイド

  • YouTube広告

    プロが教えるYouTube広告のターゲティング方法|広告効果を高める3つのコツ

関連記事