SNS広告の運用代行会社を選ぶポイントと依頼すべきかの判断基準について紹介

公開日:2024.03.29

SNS広告は、企業のマーケティング戦略において欠かせないツールです。その効果は、ブランド認知の拡大からコンバージョンの増加に至るまで、多岐にわたります。

しかし、SNS広告の運用には専門的な知識が必要であり、多くの企業が適切な運用方法や効果測定の手法に頭を悩ませています。

  • SNS広告を始めたいけどやり方が分からない
  • SNS広告運用を自社で行っていたけど限界がある

このような疑問や悩みを持った担当者も多いのではないでしょうか。

この記事を読むことで

  • SNS広告運用代行会社と費用相場
  • 失敗しないSNS広告代理店の選び方とおすすめSNS広告代理店10社
  • SNS広告運用代行に依頼するメリット・デメリットと依頼すべきかの判断基準

こうした内容を知ることができます。

「SNS広告運用の代行を依頼する先を探している」「どのような代理店があるのか知りたい」「SNS広告の運用代行の相場を知りたい」という担当者はぜひ参考にしてください。

SNS広告運用代行の種類や業務内容は?

SNS広告運用代行サービスは、企業がSNS広告を最大限に活用するための強力なパートナーです。

しかし、代理店によって提供されるサービスの種類や特徴は異なります。

ここでは、SNS広告運用代行の種類や主な業務内容について詳しく見ていきましょう。

SNS広告運用代行の種類と特徴

SNS広告運用代行サービスは、その提供するサービスの範囲と専門性によって、大きく分けて3つのタイプに分類されます。

  • フルサービス型:広告の企画から運用、分析まで一貫して行う
  • コンサルティング型:戦略立案やアドバイスに特化している
  • ツール/プラットフォーム型:自動化ツールによってクライアント自身で運用を行うサポート提供

各サービスの選定にあたっては、企業の現状のリソース・目的・目標を明確にし、それに最適なサービスを選ぶことが大切です。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

フルサービス型

企画から分析まで一貫したサービスを提供するため、広告運用の全体像を把握しやすくなります。

また、専門的な知識が不要なため、社内リソースを他の業務に集中させられます。

「フルサービス型」は広告運用に関する内部リソースが限られている企業や、専門知識が不足しているスタートアップや中小企業に向いているでしょう。

コンサルティング型

戦略立案やアドバイスに特化しているため、既存の運用に対する新たな視点や専門的な知見を得られます。

自社の強みを活かしつつ、効率的な運用改善が期待できます。

「コンサルティング型」は、既に一定の広告運用を行っているが、さらなる改善や効果的な戦略を求めている中規模から大規模企業に向いているでしょう。

ツール/プラットフォーム型

自動化ツールを利用することで、時間とコストを節約しつつ、運用の効率化を図ることが期待できます。

ただし、ツールの選定や運用にはある程度の知識が必要ですので、継続的な学習とアップデートが求められます。

「ツール/プラットフォーム型」は、SNS広告運用に関する基本的な知識を持ち、内部での運用能力を強化したい企業に向いているでしょう。

SNS広告運用代行の業務内容

SNS広告運用代行サービスの業務内容は、クライアントのニーズに応じて多岐にわたります。

一般的には、以下のような業務を行います。

ターゲットオーディエンスの分析 効果的な広告キャンペーンを実施するためには、ターゲットとなるオーディエンスを正確に理解することが重要です。
広告コンテンツの制作 魅力的なビジュアルやコピーを用いて、ターゲットオーディエンスの関心を引く広告を制作します。
広告運用の最適化 データ分析を通じて、広告のパフォーマンスを常に監視し、最適化を行います。
レポーティング 定期的なレポートを提供し、広告の効果をクライアントに報告します。

これにより、SNS広告の専門知識がなくても効果的な広告運用が可能となります

失敗しないSNS広告代理店の選び方

SNS広告代理店を選ぶ際には、自社のビジネスに最適なパートナーを見つけることが重要です。

ポイントを踏まえ自社にとって最適なSNS広告代理店を選ぶことで、SNS広告の効果を最大限に引き出し、ビジネスの成長に貢献できます。

以下のポイントを参考に、失敗しない代理店選びを行いましょう。

自社の課題に合わせた提案ができる

自社のビジネスモデルや課題を深く理解し、それに合わせてカスタマイズされた提案を行う代理店は理想的です。

たとえば「20代の女性に商品を買ってもらいたいのに、自社で運用しているSNS広告経由でサイトに訪問するユーザーは30代以上の女性が中心」という課題がある場合、SNS広告の媒体やターゲット、クリエイティブ、配信時間などを検証し直す必要があります。

検証の結果「クリエイティブ内の文言の変更を行う」「18時以降に絞って配信をする」などの具体的な提案があれば、その指針に沿って業務を行なっているかどうか判断できる上、効果があったのかを分析しやすくなるでしょう。

提案内容が具体的で、自社の目標達成に直結するかどうかを評価することが重要です。

代理店が自社の広告配信目的を理解し、それを実現するための戦略を提案してくれるかどうかを見極めましょう。

料金体系が明確である

料金体系は明確で理解しやすいものであるべきです。

WEBサイトに料金表が掲載されていれば参考にするとよいですが、固定のプランを用意しておらず、クライアントによって最適な運用プランを提供するSNS広告代理店も多いです。

その場合は、実際に問い合わせし、見積もりを作成してもらうことで解題を解決するために必要な具体的な料金を把握しましょう。

不安がある場合は、広告運用を依頼した際のシミュレーションを作成してもらい、見込める成果と代理店に支払う費用のバランスを考えることが大切です。

不明瞭なコストがなく、どのようなサービスにどの程度の費用がかかるのかが事前にわかる代理店を選ぶことが望ましいです。

迅速な施策実行力がある

市場は常に変化しており、迅速に施策を実行できる代理店は非常に価値があります。

特にSNS広告はトレンドに敏感であり、スピーディな対応が求められます。

代理店がどれだけ迅速に市場の変化に対応し、効果的な広告施策を実行できるかを確認しましょう。

たとえば、代理店のWEBサイトで発信しているブログ記事を確認したり、担当者にトレンドに関する質問をすることで、その代理店の対応力や実行力を判断できるでしょう。

実績や評判があり信頼できる

代理店選びでは、過去の実績・クライアントからの評判・提供サービスの質などを総合的に評価する必要があります。

また、長期的なパートナーシップを築けるかどうかも重要なポイントです。

悪質な代理店は、過大な成果を約束したり、不透明な料金体系を示すことがあります。

また、連絡が取りにくい、レポーティングが不十分などの特徴もあります。

信頼できる代理店は、透明性があり、実績に基づいた確かな提案を行います。

WEBサイトやSNS等での口コミを確認するなど第三者の意見も参考にしながら、信頼できる代理店であるかを確認しましょう。

SNS広告運用代行に強いおすすめ代理店8社

ここからは、SNS広告に強い実績豊富なフルサービス型の広告代理店のおすすめ8社を紹介します。

自社の課題に合わせた提案に強い代理店

株式会社J・Gripマーケティング

 

こんな企業におすすめ!

  • 複数のSNSプラットフォームで一貫したブランディングを行いたい
  • ターゲットに合わせた最適な広告戦略を求めている
  • 効率的な広告運用で成果につなげたい
  • データ分析に基づく精密な広告運用を望む

「株式会社J・Gripマーケティング」は、Facebook・Instagram・Twitter・TikTokなど、主要なSNSプラットフォームにおける広告運用に強い代理店です。

特に、データ分析を駆使した広告戦略の立案と実行には定評があり、さまざまな業種・業界にわたるブランドイメージ向上や売上増加に貢献しています。

FacebookやInstagramでは、ターゲット層に合わせた細かいセグメンテーションとターゲティングを行い、高いエンゲージメントを生み出します。

「売れる」クリエイティブにこだわり、成果重視で作成から配信・分析、次なる展開までまとめてサポートしています。

SNS広告で配信する動画も制作可能なため、バナー広告だけでなく動画広告も展開したい場合にピッタリでしょう。

また、TikTok広告では、ユニークな動画コンテンツを通じて、若年層を中心とした新しい顧客層にアプローチすることが可能です。

株式会社J・Gripマーケティングの概要

会社名:株式会社J・Gripマーケティング
本社所在地:東京都世田谷区松原1丁目36番9号 白川ビル4階
URL:https://jgrip-marketing.co.jp/

アナグラム株式会社

こんな企業におすすめ!

  • SNS広告で成果を出すためのポイントが分からない
  • 品質の高いクリエイティブ制作も依頼したい
  • 日本語以外のプロモーションも依頼したい

「アナグラム株式会社」は主にリスティング広告などの運用型広告を専門に取り扱うプロフェッショナル集団ですが、SNS広告運用の実績も豊富です。

クリエイティブ専門のチームが設けられており、単に制作を行うだけではなく目標達成のための戦略を立案し、成果を出すことにこだわって業務を行っています。

GoogleとYahoo!をはじめとした、主要なプラットフォームから公式に認定されており、Twitterに公式で認定された代理店でもあります。

また、運用型広告チームのメンバーによって最新情報に関するブログ記事や、運用型広告関連の書籍も執筆しています。

ブログや書籍は、代理店のノウハウや実力を判断する材料となります。

アナグラム株式会社の概要

会社名:アナグラム株式会社
本社所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷4丁目4-4 フィールド北参道 1・2F(受付1F)
URL:https://anagrams.jp/

株式会社MOLTS

こんな企業におすすめ!

  • SNS広告の実績が豊富な代理店に依頼したい
  • 100万円以上の広告予算がある
  • SNS広告のインハウス化を検討している

「株式会社MOLTS」は、コンテンツマーケティングやリスティング広告、ディスプレイ広告の運用も行う代理店ですが、SNS広告運用では50社を超える豊富な実績があります。

運用代行サービスのみにとどまらず、広告運用のインハウス化を目指す企業向けに、アドバイザリー契約やコンサルティング契約などのプランが用意されています。

運用代行の場合は、広告費の20%が運用代行手数料(最低出稿金額100万円〜、最低3ヵ月)での契約となっています。

株式会社MOLTSの概要

会社名:株式会社MOLTS
本社所在地:東京都目黒区平町2-13-5
URL:https://moltsinc.co.jp/

少額の予算からでも始めやすい代理店

株式会社プロモスト

こんな企業におすすめ!

  • 少額の予算からSNS広告を始めたい
  • Instagram広告の実績が豊富な代理店に依頼したい
  • SEOやMEO、リスティング広告などの運用も依頼したい

「株式会社プロモスト」は、主にFacebook・Instagram・Twitter・LINEの4つSNS広告の運用を得意としており、特にInstagram広告の運用実績が豊富です。

SNS広告運用のほかにもSEO対策やMEO対策、リスティング広告、WEB制作などのサービスを展開しており、多角的な視点でマーケティングをサポートしてくれます。

また、運用費は月5万円から依頼が可能で、少額の予算からSNS広告の運用代行を依頼したいと考えている企業にもおすすめです。

株式会社プロモストの概要

会社名:株式会社プロモスト
本社所在地:東京都中央区銀座1-13-15 ダイワロイヤル銀座ビル オフィスフロア2F
URL:https://www.promost.co.jp/

株式会社ADrim

 

こんな企業におすすめ!

  • SNS広告の運用実績が豊富な代理店に依頼したい
  • SNSアカウント運用も任せたい
  • BtoB商材の広告運用にも強い代理店に依頼したい

「株式会社ADrim」はSNS広告やリスティング広告、アフィリエイトなど

さまざまなプラットフォームを活用したメディアミックスで包括的なマーケティング戦略を行う代理店です。

「月間約1,000社」といった業界の中でもトップクラスの実績数を誇り、BtoCに限らず、BtoB商材の運用にもノウハウを持っています。

運用手数料は月5万円から依頼が可能で、少額の予算からでもSNS広告の運用代行を依頼しやすいことも特徴です。

株式会社ADrimの概要

会社名:株式会社ADrim
本社所在地:東京都千代田区神田錦町二丁目2番地1 WeWork KANDA SQUARE内12F
URL:https://adrim.co.jp/

実績が豊富な代理店

株式会社グラッドキューブ

 

 

こんな企業におすすめ!

  • SNS広告をできるだけ早く出稿したい
  • Facebook広告に力を入れている代理店に依頼したい
  • 有名企業の成功事例をもつ代理店に依頼したい

「株式会社グラッドキューブ」は、SNS広告のほか、リスティング広告やディスプレイ広告、ホームページ制作、LPOなどを行っている代理店です。

株式会社マネーフォワードや吉本興業株式会社など、有名企業の実績が多数あります。

Facebook広告運用では専門チームが運用を行い、メンバーはFacebook広告の認定資格を保有しています。

認定資格を保有しているということは「Facebookの運用代理店として実力があることをFacebookが証明している」ことです。

リスティング広告では、GoogleとYahoo!の認定代理店となっており「Google Premier Partner Awards 」で顧客成長部門と動画広告部門で日本国内第1位の受賞経験があります。

SNS運用では、株式会社マネーフォワードのブランドワード検索ボリュームで前年比160%を達成した実績もあります。

初期費用や最低契約期間はなく、最短3営業日で配信が可能で、SNS広告をすぐに配信したいと考える企業にもおすすめです。

株式会社グラッドキューブの概要

会社名:株式会社グラッドキューブ
本社所在地:大阪府大阪市中央区瓦町2-4-7 新瓦町ビル 8F
URL:https://corp.glad-cube.com/

株式会社アイレップ

こんな企業におすすめ!

  • 業界大手の代理店に依頼したい
  • SNSマーケティングの戦略から依頼したい
  • クリエイティブ制作にも力を入れたい

「株式会社アイレップ」は、博報堂DYグループのインターネット広告代理店で、グループ各社が保有するノウハウを活かし、クライアント企業の事業課題に向き合います。

各SNSメディアにおける勝ちクリエイティブを分析し、高い成果を実現するプランニングを実行します。

また、配信タイミングやクリック率の維持にまで注目した繊細な広告運用が可能です。

さらに、ソーシャル戦略をより強固なものにするため、Facebook社との共同調査「検索エンジン経由の流入調査」などのシステムを保有しています。

 

株式会社アイレップの概要

会社名:株式会社アイレップ
本社所在地:東京都渋谷区恵比寿四丁目20番3号 恵比寿ガーデンプレイスタワー21F
URL:https://www.irep.co.jp/

 

株式会社メディックス

こんな企業におすすめ!

  • FacebookやLINEの認定代理店に依頼したい
  • 高品質なクリエイティブ制作も依頼したい
  • 実績の多い老舗の代理店に依頼したい

「株式会社メディックス」は創業35年以上の老舗で、インターネット広告代理店として多くの実績があります。

SNS広告運用においては、ターゲティングからクリエイティブ制作まで、一貫した運用を行っています。

「LINE Biz Partner Program広告部門Basic 認定」「Facebook MarketingPartner(エージェンシー)」を取得しており、Twitter認定代理店でもあります。

認定を取得している代理店は実力を保証されており、信頼できると言えます。

デジタルマーケティングの総合的な知識を持つアカウントプランナーが集客・制作・分析にいたるまで、デジタルマーケティングの全体設計を担当し、ビジネス拡大が期待できます。

株式会社メディックスの概要

会社名:株式会社メディックス
本社所在地:東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング 19F
URL:https://www.medix-inc.co.jp/

適切なSNS広告代理店を選ぶことは、企業のマーケティング戦略において非常に重要です。

それぞれの特徴を表にまとめていますので、自社のニーズに最も合った代理店を見つけましょう。

代理店名 運用手数料 特徴
株式会社J・Gripマーケティング 要問い合わせ クリエイティブ制作や動画配信にも強い
アナグラム株式会社 運用広告費の20% クリエイティブの分析や戦略立案を行う
株式会社MOLTS 月15万円~ インハウス化支援も行う
株式会社プロモスト 月5万円~ Instagramの実績が豊富
株式会社ADrim 月5万円~ メディアミックスで包括的なマーケティング戦略を行う
株式会社グラッドキューブ 運用広告費の20% 最短3営業日で配信スタートが可能
株式会社アイレップ 要問い合わせ 博報堂DYグループのインターネット広告代理店で信頼性が高い
株式会社メディックス 要問い合わせ 創業35年以上で実績が豊富

SNS広告運用代行会社に依頼するメリット

SNS広告運用代行サービスを利用することで、専門知識を持ったプロフェッショナルによる効果的な広告運用が可能になります。

これには、以下のような複数のメリットがあります。

複数プラットフォームで効率の良い広告パフォーマンスを展開できる

多くのSNS広告運用代行サービスは、Facebook・Instagram・Twitter・TikTokなど、複数のプラットフォームにまたがる広告キャンペーンを一元管理しています。

これにより、異なるプラットフォームの特性を活かした広告戦略を展開し、より広い範囲のターゲット層にリーチすることが可能です。

プラットフォームごとに最適化されたコンテンツを作成し、各プラットフォームのユーザー行動や嗜好に合わせたターゲティングを行うことで、広告の効率と効果を大幅に向上させることが期待できます。

リスク管理と炎上防止によりブランドイメージを守れる

優れたSNS広告運用代理店は、広告内容の適切な管理とモニタリングを通じて、リスクを管理し、炎上を防止します。

これにより、ブランドイメージを保護し、信頼性の高い広告運用を実現します。

代理店は、広告が公開される前にリスクを評価し、不適切なコンテンツや誤解を招く可能性のあるメッセージがないかを確認します。

また、広告が公開された後も、ユーザーの反応を監視し、必要に応じて迅速に対応することで、ブランドの評判を守ります。

SNS広告運用代行に依頼するデメリット

SNS広告運用代行サービスを利用する際には、いくつかのデメリットも考慮する必要があります。

以下に主なデメリットを挙げ、それぞれについて説明します。

広告費の15〜20%の運用手数料がかかる

SNS広告運用代行サービスを利用するデメリットは、当然ですが費用がかかるという点です。

運用代行には広告プラットフォームに支払う広告費用以外に運用手数料が発生し、これが予算に与える影響を考慮する必要があります。

運用手数料の相場は15〜20%と言われており、決して安い金額ではありません。

運用手数料に見合った成果が得られない場合、自社でSNS広告を運用するよりもコストパフォーマンスが悪くなる可能性もあります。

自社にノウハウが蓄積しにくい

代行サービスを利用すると、SNS広告運用に関するノウハウが自社内に蓄積されにくくなります。

運用を代行会社に丸投げをしてしまうと、将来的に自社で広告運用を行う際に、知識や経験が不足する可能性があります。

自社内にSNS広告運用に関するノウハウを残したい場合は、インハウス支援サービスなどを展開している代理店を選ぶと良いでしょう。

広告の目的やターゲットのすり合わせが必要

SNS広告運用代行サービスをスムーズに行うためには、代行会社との間で正確なコミュニケーションが必要です。

誤解や誤った期待を避けるためにも、明確なコミュニケーションを心がけることが重要です。

特に、運用の目的やアプローチしたいターゲット層は明確に伝えるようにしましょう。

SNS広告運用代行を依頼するかの判断基準

SNS広告運用代行を検討する際には、そのサービスが自社の状況や目標に合致しているかどうかを見極めることが重要です。

適切な判断を下すためには、自社の特徴やニーズを理解し、代行サービスのメリットとデメリットを天秤にかける必要があります。

SNS広告運用代行を依頼すべき企業・依頼を検討すべき企業の特徴

SNS広告運用代行を依頼することは、特定の企業にとって大きなメリットがあります。

以下の特徴を持つ企業は、代行サービスの利用を検討すべきと言えます。

専門知識が不足している 専門的な知識や経験がない場合、プロフェッショナルによる運用が効果的です。
リソースが限られている 人員や時間が限られており、自社での運用が難しい場合に有効です。
複数プラットフォームを活用したい 複数のSNSを効率的に管理し、統一された戦略で広告を展開したい企業に適しています。
リスク管理を重視する 炎上などのリスクを避け、ブランドイメージを守りたい企業には必須です。

一方で、SNS広告運用代行はすべての企業に適しているわけではありません。

以下のような特徴を持つ企業は、自社での運用を検討すべきかもしれません。

運用手数料に支払う予算の余裕がない 運用手数料が予算に影響を与える場合、内製化が望ましいかもしれません。
運用ノウハウを自社に蓄積させたい 長期的に自社での運用能力を高めたい場合は、内製化によるノウハウの蓄積が重要です。
独自の戦略を持つ 自社独自の広告戦略やターゲット設定が明確な場合、内製化やインハウス支援サービスを利用するなど柔軟な対応をすることが望ましいです。

SNS広告運用代行の費用相場

広告代理店の料金形態には、大きく3つの種類があります。

  • 運用手数料タイプ
  • 定額タイプ
  • 成果報酬タイプ

依頼する広告代理店によって、料金形態が異なる場合があるので、必ず契約前に確認するようにしましょう。

運用手数料タイプ

もっともオーソドックスなのが「運用手数料タイプ」です。

運用手数料の相場は広告費用の15%〜30%程度で、多くの広告代理店は20%に設定しています。

20%と聞くと「高い」と感じるかもしれませんが、広告運用に必要な業務をすべて代行してくれると考えると、妥当な金額といえます。

運用手数料タイプは、広告予算が上がるほど運用手数料も上がるので、人件費などと天秤にかけて検討するようにしましょう。

定額タイプ

運用手数料タイプとは異なり「定額タイプ」でサービスを提供している広告代理店もあります。

定額タイプのメリットは、広告予算に限らず費用が発生するため、月額のランニングコストを計算しやすいことです。

一般的には、月額3〜6万円などの低価格で始められますが、定額タイプの場合は作業範囲が限られていることがあります。

たとえば「シミュレーション作成不可」「改善案の提案不可」など、対応していない作業が発生する可能性があります。

定額タイプの広告代理店に依頼する際は、定額料金でどこまでの作業を代行してもらえるのかを確認しておきましょう。

成果報酬タイプ

珍しいですが「成果報酬タイプ」の広告代理店もあります。

成果報酬タイプは、広告運用によって発生した、商品の購入や問い合わせなどのコンバージョンに対して料金が発生する仕組みです。

つまり、一般的な運用手数料はなく、コンバージョンが発生しない限り、費用が発生することはありません。

成果報酬タイプの広告代理店は、広告運用に自信を持っていることが多く、成果を上げやすいというメリットもあります。

ただし、報酬はやや高めに設定されていることが多いため、成果報酬型が必ずお得になるという訳ではありません。

しっかりと成果に対して報酬を支払いたいと考えている方は、成果報酬タイプの広告代理店を探すことをおすすめします。

まとめ

SNS広告で成果を出すならSNS広告運用に強い代理店に依頼することが有効です。

以下の4つのポイントを参考に、広告代理店を見極めましょう。

  • 自社の課題に合わせた提案ができる
  • 料金体系が明確である
  • 迅速な施策実行力がある
  • 実績や評判があり信頼できる 

とくに「自社内でSNS広告の専門知識やリソースが不足している」「複数プラットフォームを活用し効率の良い配信を行いたい」と考えている企業にとっては、SNS広告運用を代理店に依頼することが推奨されます。

株式会社J・Gripマーケティングでは、大手企業から中小企業までの数多くの実績をもとにお客様の目標達成に貢献したいと考えております。効果の出るSNS広告運用をお考えの方は、ぜひ一度ご相談ください。

執筆者情報

J-Grip Marketing編集部

Web集客・制作分野におけるブランディング・コンサルティング・マーケティングのプロフェッショナル。効果的でありながらWeb集客の本質に関する情報を、専門的にかつ分かりやすく紹介いたします。

プロモーション、広告、制作、PRなら、
J・Gripマーケティング
ご依頼ください。

新技術や新手法が次々と現れる中で、常に最新かつ効果的なマーケティングソリューションを提供するために、弊社ではクリエイティブ制作、システム開発、分析専門担当、WEBプロモーション運用専門担当、企画担当などクライアントニーズの全てに応えることのできる体制を整えています。

おすすめ記事

  • SNS広告

    【ひとめでわかる】SNS広告の費用相場と効果|お得な運用方法とは?

  • SNS広告

    6大SNS広告の種類について特徴や費用、運用のコツまでプロが詳しく解説

  • SNS広告

    【媒体別】導入前に知るべきSNS広告のメリットとデメリット

関連記事