コンテンツマーケティングを外注する前に必ず確認しておくべきポイント・注意点について解説

コンテンツマーケティングは、ユーザーのニーズが多様化している現在、ユーザーの立場にたったマーケティング手法としてますます注目されています。

自社でもコンテンツマーケティングを取り入れようと考えているものの、次のような課題に直面している担当者も多いのではないでしょうか。

  • コンテンツマーケティングを実施しているが、なかなか効果があがらない
  • 社内のリソースが足りなくてコンテンツマーケティングを外注したい
  • 外注するにも業者の選び方がわからない

外注する業務内容を間違えると、コンテンツマーケティングは失敗に終わり、貴重な時間と多くの費用を失う可能性もあります。

コンテンツマーケティングを外注するには、予算だけでなく自社の目的に合った施策やサポートを行う会社を選ぶことが大切です。

この記事では

  • コンテンツマーケティングを外注をするメリット・デメリット
  • 外注するときに気をつけるべきこと
  • 外注する際の相場と業者の選び方

これらについて詳しく紹介します。

コンテンツマーケティングを成功させるためには適切な注することが重要です。

リソース不足ならコンテンツマーケティングは外注しよう

コンテンツマーケティングはただひたすらコンテンツを公開していけばいいというものではありません。
コンテンツマーケティングで成果をために必要な業務は以下のように非常に多岐にわたります。

  • 戦略の策定
  • コンテンツの作成
  • コンテンツの運用
  • データ分析
  • コンテンツの改善

そのため、社内ですべての作業を行うのはかなりの負担がかかります。

社内のリソースが不足している場合はもちろん、知見やノウハウが蓄積していなければ、外注するのもひとつの方法です。

実際、約70%の企業がコンテンツマーケティング業務を外注している、という調査結果も出ています。(参考:コンテンツマーケティング・サーベイ2022 – 2023

外注するにはそれなりのコストが必要です。
予算が多く取れない場合でも、予算の範囲内で依頼できる業務だけでも外注すれば社内リソースへの負担が軽くなるので、ピンポイントでの依頼も検討してみるとよいでしょう。

コンテンツマーケティングを自社で行う場合の3つの課題

コンテンツマーケティングは、長期的にブランドの認知度やイメージを高める効果が期待できますが、自社で行う場合にはさまざまな課題があります。

コンテンツの企画・制作に時間とコストがかかる

コンテンツマーケティングは、簡単に成果が出るものではありません。

継続的に質の高いコンテンツを提供する必要があり、自社でコンテンツを企画・制作となると、そのための人員や予算といったリソースを確保するのが難しいケースがほとんどです。

コンテンツの企画・制作には、以下のような工程が必要です。

  • ターゲットやペルソナの分析
  • コンテンツのテーマやキーワードの選定
  • コンテンツの構成や文体の決定
  • コンテンツの執筆・校正
  • コンテンツの画像や動画の作成・編集

これらの工程を社内で行うことはできそうでしょうか?

また、コンテンツの質を保つためには、定期的な見直しや更新も必要ということも頭に入れておかなければなりません。

コンテンツの専門性や魅力が不足する

コンテンツマーケティングの目的は、見込みの顧客に価値を提供することです。

そのためには、自社の商品やサービスに関する専門的な知識や、顧客のニーズや関心を引く工夫が必要です。

自社でコンテンツを作ると、そのような視点やスキルが不足する場合があります。

たとえば、作成したコンテンツに以下のような問題が起こる可能性があります。

  • 自社の商品やサービスの特徴やメリットを十分に伝えられない
  • 顧客の疑問や課題を解決できない
  • 顧客の感情や興味を引かない
  • 他社と差別化できない

自分たちが自社のことを一番知っていると思いがちですが、ユーザーの求める情報と企業が伝えたいことは違います。

偏った情報発信はユーザーにとって有益な情報を提供できないだけでなく、自社イメージの低下につながる可能性もあります。

コンテンツの効果測定や改善が難しい

コンテンツマーケティングの成果を評価するには、コンテンツの配信や閲覧に関するデータを収集・分析が必須です。

コンテンツマーケティングの効果測定や改善では、以下のようなデータを活用します。

  • コンテンツのアクセス数や滞在時間
  • コンテンツのシェア数やコメント数
  • コンテンツのクリック率やコンバージョン率
  • コンテンツのSEOやSNSの状況

しかし、自社でコンテンツを管理すると、そのようなデータを取得・活用するのが難しい場合があります。

たとえば、以下のような問題が起こる可能性があります。

  • コンテンツの配信や管理に適切なツールやプラットフォームがない
  • コンテンツのデータを収集・分析する専門的な知識やスキルがない
  • コンテンツのデータを定期的にチェックする時間や体制がない

これらの問題があると、コンテンツマーケティングのPDCAサイクルが回らず、効果が最大化できません。

コンテンツマーケティングを外注する3つのメリット

外注すべきとはいえ費用がかかるとなると躊躇してしまうのも無理はありません。
しかし、コンテンツマーケティングを外注することで以下の大きなメリットがあります。

  • 社内リソースを温存できる
  • より効果の高い結果が期待できる
  • 自社で運用するよりコストを抑えられる可能性がある

もし外注すべきか迷っている場合は参考にしてみてください。

社内リソースを温存できる

コンテンツマーケティングを進めるためには多大な人員と時間が必要です。
社内の人員と時間というリソースを温存できるのが、外注の一番のメリットです。

戦略の策定から運用までワンストップで外注すれば、社内のリソースのほとんどを使用しなくて済むでしょう。

また、コンテンツマーケティングは組織やチームを組んで、長期間取り組む必要があります
もし、社内のメンバーが足りない場合は人材確保や人材育成などが必要となり、時間や手間もかかります。

コンテンツマーケティングはコンテンツ制作だけでなく、日々の運用や改善も必要です。
予算の関係ですべてを外注できなくても、運用業務を依頼するだけでもリソースの負担はかなり軽減されるはずです。

自社で行うよりも成果が期待できる

当然ながら外注することで、コンテンツマーケティング企業の経験やノウハウを活かせるため、ノウハウやリソースのない社内で実施するより高い効果が期待できます。

コンテンツマーケティングを進めるにはコンテンツ作成のための企画やコンテンツ設計が重要であり、成果の分析や改善をするためにはアクセス解析や管理をするためのツールも使いこなせる必要があります。

こうした業務をノウハウのない社内で進めることは非常に困難なため、外注することで確実に自社で行うよりも成果が期待できます。

さらに、社内だけでは自社目線のコンテンツになりがちですが、第三者の視点を加えることでよりユーザー目線に立ったコンテンツの作成が可能になるというメリットがあります。

費用対効果が高い

コンテンツマーケティングを外注することで、実は社内で行うよりコストを軽減できる可能性があります。
社内でノウハウや知見がない状態で行い、効果が上がらずに今までかけた費用や時間が無駄になるケースもあるでしょう。

また、コンテンツマーケティングは成果が上がるまで半年〜1年以上の期間が必要なため、試行錯誤して行えばさらに時間がかかってしまいます。
そうすると、それだけ多くの人件費がかかるのは当然のことです。

外注することで、成果を出すために適切な手段でコンテンツマーケティングを進めることができるため、社内で実施する場合に比べて比較的短期間で成果を出すことが可能です。

ある程度の費用はかかりますが、長期的に見れば費用対効果が高くコスト削減につながります。

コンテンツマーケティングを外注する4つの注意点

コンテンツマーケティングは外注すべきですが、その際は、いくつか気をつけておきたいポイントもあります。
特に意識しておきたい注意点を4つ解説します。

コンテンツマーケティング外注の注意点

外注先によってクオリティにバラつきがある

今では多くのWebマーケティング会社がコンテンツマーケティング業務を請け負っています。

しかし、会社によってコンテンツやコンサルティングなど、提供されるサービスにクオリティのバラつきがあるのが実情です。
外注先の企業にもさまざまな担当者が所属しているため、担当する社員による知識やノウハウのレベルの個人差もあります

そのため、外注先によっては高い効果を得られないかもしれません。

後述する外注先の選び方を参考に、適切な企業を選ぶようにしましょう。

予想以上に費用がかかる場合がある

コンテンツマーケティングは、成果がでるまでに時間が必要なため、最初に予定していた予算をオーバーすることも考えられます。
これは外注をしても自社で行っても同じです。

外注するときは成果が出るまでではなく、予算を伝えて予算内で実施できる施策や期間を提案してもらうことが大切です。
ただし、成果を期待するのであればある程度の投資は必要なので、あまりに少額の予算であれば外注は行わない方がよいでしょう。

また、業界特有の知見が必要なコンテンツ制作など、社内で行ったほうが効率がよい業務もあります。
そのため、業務を社内と外注どちらで行ったほうが費用対効果がよいかを見極め、外注する業務を決めることをおすすめします。
もしわからない場合は外注先に相談してみるとよいでしょう。

いずれにしても、コンテンツマーケティングは、成功までには予想以上のコストがかかりがちであるという考えはもっておくとよいでしょう。

社内にノウハウが蓄積しにくい

外注先に業務を丸投げしてしまうと自社にノウハウが貯まりにくくなります。

社内にノウハウが貯まることで外注をしなくてもコンテンツマーケティングに取り組めるというメリットがあるので、外注をしている期間になるべく社員が施策について学ぶ体制を作っておくことをおすすめします。

また、外注先から業務報告を受けても、社内メンバーに知識がないと正しい評価やフィードバックを行えません。
ですので、できれば丸投げをするのではなく、一緒に伴走していくという気持ちを持つことが重要です。
そしてそのほうが成果にもつながりやすくなります。

会社によってはセミナーやツールの使い方のサポートを行っているので、利用を検討してみるのもおすすめです。

外注しても成果が出るまでに時間がかかる

すでにお伝えしている通り、コンテンツマーケティングは成果が出るまでに時間がかかります。
これは自社で行っても外注しても同じです。

コンテンツマーケティングでは、ユーザーが求める情報などをコンテンツとして提供しながら関係を築き、最終的に自社の商品の購入やサービスを利用してもらうのが目的です。
露骨なアプローチでユーザーに嫌われないように、少しずつ信頼関係を確立していくため、一定以上の時間が必要となります。

もちろん成果が出るまでの期間は外注したほうが早いことが多く、自社では1年、外注では半年のような差がでるケースもあります。

とはいえ、外注すれば数か月で目に見える効果があがるわけではないことは覚えておきましょう。

コンテンツマーケティング外注時の費用相場と依頼可能な施策内容

以下ではコンテンツマーケティングの外注に必要な費用について解説していきます。
金額ごとに依頼可能な施策内容とおおまかな費用相場を紹介します。

月額10万円以下

記事の制作のみであれば、月額10万円以下で依頼可能です。他にはWordPressの設置や入稿なども対応できます。

記事1本あたりの相場は1万〜1万5千円程度です。
ただし、記事の文字数や内容の専門性によって大きく変動するので、コンテンツ内容によってもう少し高額になります。

この金額帯だとあまり質は期待できないため、あくまでもとりあえず月に数本、記事をコンスタントに作成を依頼したいという企業向けとなります。

記事の作成だけであれば、コンテンツマーケティング会社に依頼するより、クラウドソーシング経由でフリーのライターに業務委託したほうがコストを抑えられる可能性が高いです。

月額10~30万円

記事の制作に加えてアクセス解析ツールを使用した分析などを依頼できます。

他にはWordPressなどのCMSの初期設定やSEO対策なども行えます。
コンテンツマーケティングで必要となる最低限の作業を依頼できる金額と考えるとよいでしょう。

さらにデザインの設定やクリエイティブの制作などが必要な場合は、追加料金がかかる場合もあります。

月額30~50万円

戦略の設計、分析・効果測定、運用サポート、改善施策の設定とトータルで依頼する場合は、月額30~50万程度の費用が必要です。
企業によってはインタビュー記事の制作やSNS運用なども対応できるようになります。

この価格帯がコンテンツマーケティング全体の業務を総合的に任せたい場合の費用目安といってよいでしょう。

ある程度予算があり、しっかりとコンテンツマーケティングを外注したい場合は、毎月この程度の費用が発生することを念頭に置いておきましょう。

月額50万円~

月額50万円以上は、記事の制作の本数を増やしたり、オウンドメディアの運用や動画制作などを追加したい場合もこの価格帯となります。

新規メディアの立ち上げや月次のコンサルティング支援などを受けたい場合も、月額50万円以上は見ておいたほうがよいでしょう。
費用対効果を慎重に検討し、実績が豊富な会社に依頼することをおすすめします。

以下は費用と実施可能な施策内容の一覧表です。

記事の作成やCMSの設置など施策は比較的安価ですが、戦略や施策の設計やWebサイトの運用などが入ると価格が高くなる傾向があります。

費用を抑えたい場合は、依頼する業務を絞ってピンポイントで依頼するとよいでしょう。

月額費用 実施可能な施策
10万円以下 ・記事作成
・CMS(WordPressなど)の設置
10〜30万円 ・記事作成
・CMS(WordPressなど)の設置
・アクセス解析
・SEO対策
30〜50万円 ・記事作成
・インタビューの記事作成
・CMS(WordPressなど)の設置
・アクセス解析
・SEO対策
・戦略設計
・改善施策の策定
50万円以上 ・記事作成
・インタビューの記事作成
・CMS(WordPressなど)の設置
・アクセス解析
・SEO対策
・戦略設計
・改善施策の策定
・動画制作

コンテンツマーケティングの業務は非常に幅広く、施策によって大きく費用は変わります。
また企業によっても提供内容はことなるため、あくまでも参考程度にしていただき、詳細は問い合わせていただくほうが確実でしょう。

コンテンツマーケティングを外注するための5STEP

コンテンツマーケティングを外注する場合でも、自社の目的や方針を明確にし、外部のパートナーとのコミュニケーションや協力を密にすることが必要です。

コンテンツマーケティングを外注する際には、以下の基本的な流れを把握しておくことで、より良い成果が期待できます。

コンテンツマーケティングを外注

【STEP1】目的や方針を明確にする

コンテンツマーケティングを外注する前に、自社の目的や方針を明確にしておきましょう。

コンテンツマーケティングの目的や方針には、以下のような項目が含まれます。

  • コンテンツマーケティングの目標やKPI(アクセス数や売上など)
  • ターゲットやペルソナ
  • コンテンツのテーマや形式
  • 配信するチャネル(ブログやSNSなど)や頻度

これらの情報は、外部のパートナーに依頼する際の基準や指針とすると良いでしょう。

自社のニーズや要望を明確に伝えることで、外注先が適切なコンテンツを作成できるようになります。

【STEP2】外注先を選ぶ

コンテンツマーケティングを外注する際には、自社の目的や方針に合った外部のパートナーを選ぶことが重要です。

外部のパートナーとは、コンテンツの企画・制作・配信・分析などを代行してくれる会社や個人のことで、以下のような種類があります。

  • コンテンツ制作会社
  • マーケティングエージェンシー
  • フリーランスのライターやクリエイター

これらの外部のパートナーの中から自社のニーズに合ったものを選ぶためには、以下のようなポイントを考慮するとよいでしょう。

  • 実績が豊富かどうか
  • どこまで対応可能か
  • 得意分野は何か
  • 担当者の対応は良いか
  • コンテンツ制作の体制が整っているか

外注先選びで押さえておきたいポイントについては非常に重要なので、後述します。

【STEP3】見積もりを取る

外注先の候補を選んだら、見積もりを取りましょう。

見積もりを取ることで、自社の予算やスケジュールに合わせて、コンテンツの内容や数量を調整できます。

見積もりをする際には、以下のような項目について事前に確認しておくとよいでしょう。

  • コンテンツの内容や数量
  • 費用や支払い方法(月額かスポットか等)
  • コンテンツの納期や修正回数
  • コンテンツの著作権や責任

これらの項目について、自社と外注先との間で合意を得ることが重要です。

また、契約時にコンテンツの効果測定や改善の方法についても明確にすることが望ましいです。

想定していた予算をオーバーしている場合は、予算の内訳を確認し、不要な項目があれば削るなど、相談してみましょう。

コンテンツマーケティングの外注にはそれなりの費用がかかるため、数社から話を聞き、自社が行いたいおすすめします。

【STEP4】コンテンツの企画・制作・配信・分析をチェックする

契約が完了したら、実際に運用が開始されます。

コンテンツの企画・制作・配信・分析を外注先に依頼することになることが多いですが、以下のような工程があります。

  • テーマやキーワードの決定
  • 構成や文体の確認
  • 執筆や校正
  • 画像や動画の作成や編集
  • 配信や管理
  • データの収集や分析

これらの工程を外注先に任せる場合でも、丸投げはせず、自社として以下のような内容を決める必要があります。

  • コンテンツの目的
  • コンテンツの方向性
  • コンテンツ公開後に期待する効果

また、コンテンツの品質や効果を確認し、必要に応じて修正や改善を依頼することも必要です。

この過程では、自社と外部のパートナーとのコミュニケーションが重要となります。

【STEP5】成果やフィードバックの共有

コンテンツの企画・制作・配信・分析が終了したら、成果やフィードバックを共有してもらいます。

成果やフィードバックとは、以下のようなポイントを含むものです。

  • コンテンツの効果測定の結果
  • コンテンツの品質や満足度
  • コンテンツの問題点や改善点
  • 今後のコンテンツマーケティングの方針や提案

これらのポイントを報告してもらうことで、コンテンツマーケティングの成果や課題を把握し、改善策を考えられます。

また、外注先の評価や感想、今後のコンテンツマーケティングの方針や提案などを伝えることも有効です。

この過程では、自社と外注パートナーとの信頼関係やパートナーシップを深めることが重要です。

コンテンツマーケティングの外注先選びで押さえておきたい5つのポイント

コンテンツマーケティングを支援している企業はたくさんあります。
そのため、失敗しないためにも外注先を選ぶときに押さえておきたいポイントを5つ紹介しますので、必ず確認しておきましょう。

コンテンツマーケティング外注のポイント

実績が豊富かどうか

コンテンツマーケティングの成功にはノウハウや経験が必要なため、実績が豊富な会社ほど成果が期待でき、信頼度は高くなります。

通常、コーポレートサイトや実績事例のホワイトペーパーなどで業績を開示しているので、必ずチェックしておきましょう。

また、実績をチェックするときは「〇△社のWebサイトへのアクセスをアップしました」のような抽象的な表現ではなく、「Webサイトからの問い合わせが20%向上」「流入数が半年間で10%増加」など具体的な数値を示しているかどうかも大切です。

対応可能な業務範囲はどこか

対応可能は業務範囲は、会社によって異なります。

コンテンツ制作だけでなく戦略設計の段階から改善施策の策定までトータルに対応しているかどうか確認しましょう。

もし、予算の関係で一部の業務をスポットで依頼する場合でも、コンテンツマーケティング全体をサポートできる知識とノウハウを持った担当者に依頼することが大切です。

例えば、記事の作成のみを依頼した場合でも、キーワードの把握やターゲット層の理解など戦略を考える上で活用する知識も必要となっています。

コンテンツマーケティングの業務はあらゆるところでつながっているため、費用はかかりますが、対応業務範囲が広い会社を選んだほうが安心だといえるでしょう。

得意分野は何か

Webマーケティング会社にはSEOや広告運用など得意な分野があります。

そのため、自社が外注したい業務を業務が得意とするな会社を選定することもポイントです。

大手のWebマーケティング会社は、幅広い業務分野に対応している一方で、コンテンツマーケティングは専門業者に比べて実績が少ない可能性があります。
そのため、可能であればコンテンツマーケティング支援を専門としている企業を選ぶことは、成果を出すための近道といえます。

強みがある分野はコーポレートサイトなどでも強調しているため、実績と共に確認しておきましょう。

担当者の対応は良いか

コンテンツマーケティングは、最短でも半年は継続する必要があるため、長くパートナーとして付き合える担当者であることも大切です。
問い合わせの段階では、営業担当者が信頼できるかを確認することも重要です。

企業の実績も重要ですが、人としての以下のポイントも大切です。

  • 人柄の相性はよいか
  • 対応はていねいか
  • レスポンスはよいか
  • 頼りにできそうか
  • 知識やスキルは十分か

特に大きな企業になるほど担当者の質にばらつきがあるので、中には信頼できない人もいることは否定できません。

コンテンツマーケティングを外注することは、それなりの費用がかかることです。
担当者と話をして合わない・信頼できないと感じた場合は、外注先の候補から外した方が無難です。

コンテンツ制作の体制が整っているか

コンテンツマーケティングは長期間継続して行うため、外注先の制作体制も重要なポイントとなります。

社員一人で企画・構成・分析など複数の業務を担当している、業務ごとに専門チームを作って完全分業で対応しているなど、会社によってさまざまです。

高いクオリティを維持しながら、継続してコンテンツマーケティングを実施している会社を選ぶことは非常に重要です。

一人当たりの担当業務が多い場合は、負担が多いことで個々の業務の質が落ちる可能性もあります。
また、完全分業制であれば、各チーム同士の連携がスムーズに行われているか、それぞれがどのような業務を行うのか確認するのもよいでしょう。

コーポレートサイトで制作体制を詳細している会社もあるので、事前にチェックしておくことをおすすめします。

コンテンツマーケティング外注のよくある失敗例と対策

コンテンツマーケティングを外注することで、自社の課題を解決できる可能性がありますが、それでも失敗することがあります。

最後に、コンテンツマーケティングを外注する際によくある失敗例と、そうならないための対策を確認しましょう

目的やターゲット、KPIなどを明確にしないで外注先に依頼する

コンテンツマーケティングの目的やターゲット、KPIなどを明確にせずに外注先に依頼すると、外注先が自社のニーズや要望を理解できません。

自社の商品やサービスに関する知識や情報を持てず、自社のターゲットやペルソナに合わないコンテンツを作成し、自社の目標やKPIに対して効果的なコンテンツを作成できないという問題が起こる可能性があります。

また、目的やKPIを明確にしないまま外注してしまうと、外注することによって得られるメリットと費用のバランスが曖昧になる可能性があります。

このような失敗を防ぐためには、コンテンツマーケティングを外注する前に、自社の目的やターゲット、KPIなどを事前に明確にして外注先と共有することが重要です。

自社のニーズや要望を明確に伝えることで、外注先が適切なコンテンツを作成できるようになります。

外注先の実績やスキル、価格などを十分に比較検討せずに決めてしまう

外注先の実績やスキル、価格などを十分に比較検討せずに決めてしまうと、外注先が自社の目的や方針に合わないコンテンツを作成してしまう可能性があり、コンテンツの品質や効果が保証されません。

たとえば、費用が安いことを決め手にしてしまうと、コンテンツの質が下がり期待した成果が得られず、逆にコストパフォーマンスが悪くなる場合も考えられます。

このような失敗を防ぐためには、外注先の実績やスキル、価格などを確認し、複数の候補先から比較検討をすることが重要です。

「コンテンツマーケティングの外注先選びで押さえておきたい5つのポイント」で紹介したポイントを踏まえて自社に合った外注先を探しましょう。

また、実績や評判、ポートフォリオやサンプルなどを確認することも有効です。

外注先にコンテンツの作成から配信までを一任してしまい、品質や効果のチェックを怠る

外注先にコンテンツの作成から配信までを一任してしまい、品質や効果のチェックを怠ると、以下のような問題が起こる可能性があります。

  • 外注先が自社のブランドやイメージにそぐわないコンテンツを作成してしまう
  • コンテンツのクオリティが低く成果が出ない
  • データ収集・分析をせず改善されない

このような失敗を防ぐためには、外注先にコンテンツの作成から配信までを一任しないで、品質や効果のチェックを定期的に行うことが大切です。

また、必ずコンテンツのテーマやキーワード、構成や文体、画像や動画などについて、外注先に丸投げせずに自社の担当者も積極的に関与しましょう。

さらに、コンテンツの品質や効果を確認し、必要に応じて修正や改善を依頼することも必要です。

この過程では、自社と外部のパートナーとのコミュニケーションが重要となります。

外注先に自社の商品やサービス、業界の知識や情報を十分に伝えないでコンテンツを作成させる

外注先に自社の商品やサービス、業界の知識や情報を十分に伝えないでコンテンツを作成させると、以下のような問題が起こる可能性があります。

  • 外注先が自社の商品やサービスの特徴やメリットを正しく理解できない
  • 自社の商品やサービスに関する最新のトレンドやニュースを反映できない
  • 自社の業界の専門用語などを適切に扱えない
  • 自社の競合や顧客の動向を把握できない

このような失敗を防ぐためには、外注先に自社の商品やサービス、業界の知識や情報をしっかりと伝えて、コンテンツの方向性や内容を確認することが必要です。

自社の商品やサービスに関する専門的な知識や情報を持っている外部のパートナーは、自社の商品やサービスの特徴やメリットを正しく伝えられます。

また、自社の商品やサービスに関する最新のトレンドやニュースを反映できる外部のパートナーは、コンテンツの鮮度や信頼性を高めてくれると期待できます。

外注先が最新の情報やノウハウを把握していると思い込んでしまう

コンテンツマーケティングの企業とはいえ、担当者が最新の情報やノウハウを把握しているとは限りません。

外注先がこうした情報を把握していると思い込んでしまうことで、以下のような問題が起こる可能性があります。

  • 古い情報での対策を行ってしまい成果が出ない
  • 適切なツールやプラットフォームではないものを使ってしまう

このような失敗を防ぐためには、担当者に自社のニーズに合った適格な提案をしてくれるかを確認し、最新トレンドやノウハウに関する質問をしてみることも有効です。

外注先とのコミュニケーションやフィードバックが不十分で、修正や改善ができない

外注先とのコミュニケーションやフィードバックが不十分で、修正や改善ができないと、以下のような問題が起こる可能性があります。

  • 外注先が自社のニーズや要望に応えられない
  • コンテンツの修正や改善に時間やコストをかけない
  • コンテンツの更新や管理を怠る

このような失敗を防ぐためには、普段から外注先となるべく多くコミュニケーションを取っておき、修正や改善をしやすい体制にしておくことが必要です。

まとめ

今回は、コンテンツマーケティングを外注するときに知っておきたいポイントを中心に解説しました。

コンテンツマーケティングを外注する外注するメリットは以下の通りです。

  • 社内リソースを温存できる
  • より効果の高い結果が期待できる
  • 自社で運用するよりコストを抑えられる可能性がある

ただし、コンテンツマーケティングは長期間の取り組みが必要であり、一緒に伴走できる信頼できる企業に依頼すべきです

信頼できる外注先を選ぶポイントは以下になります。

  • 実績が豊富かどうか
  • 対応可能な業務範囲はどこか
  • 得意分野は何か
  • 担当者の対応は良いか
  • コンテンツ制作の体制が整っているか

外注するにはそれなりの費用が必要ですが、社内リソースを温存でき、社内で行うよりも効果が現れるまでの時間を短縮できるため、最終的にはコスト削減にもつながります。

もし、すべての業務を外注できる予算がない場合でも、本当に外注が必要な業務を絞って依頼することも可能です。

株式会社J・Gripマーケティングでは、お客様が目標達成に貢献するためにさまざまなサポート体制を整えております。

成果の出るコンテンツマーケティングの外注先をお探しの企業様は、ぜひ一度ご相談ください。

プロモーション、広告、制作、PRなら、
J・Gripマーケティング
ご依頼ください。

新技術や新手法が次々と現れる中で、常に最新かつ効果的なマーケティングソリューションを提供するために、弊社ではクリエイティブ制作、システム開発、分析専門担当、WEBプロモーション運用専門担当、企画担当などクライアントニーズの全てに応えることのできる体制を整えています。

おすすめ記事

関連記事