効果的なランディングページとは?ポイントで紹介

ランディングページ(以下LP)とは既存顧客を効率的にコンバージョン(商品の購入や会員登録)を獲得するために最適化
されたページです。
ユーザーが求める情報に合わせなければやみくもにページを作成してもコンバージョンは獲得できません、
今回は効果的にコンバージョンを得るための必要な要素をあげていきましょう

 

LPで効果を出すには


LPではまず作成するときに効果が出るポイントをしっかりと抑えて作成する必要があります。
またLPを実際に配信してみて、ユーザーがどのようにLPを見てコンバージョンに至るのか、
この大きく2つのポイントを解説していきます。

LP制作時に気を付けるポイント

LPを訪問したユーザーが十分な情報を難なく見れることで、明確に商品やサービスを受けたい、
と思えるようなLPにすることでコンバージョンを効果的に得ることができるでしょう。

わかりやすいデザイン性

ユーザーが知りたい情報をぱっと見で得られるためにデザイン性を高めましょう。
ファーストビューが悪ければ、ユーザーはわずか3秒で離脱してしまうといわれています。
魅力的なファーストビューにしてユーザーを離脱させないためのポイントを紹介しましょう
1.キャッチコピー
ユーザーはまずキャッチコピーを読むことで自身の目的を果たせるか、利益を得ることができるかを判断します。
もちろん、長々しいものではなく一言で簡易的にユーザーの心をつかみましょう。

2.実績などの記載
皆さんはサービスを使うときに知っているブランドや多くの人が利用していることがわかると、
安心してサービスを利用することができると思います。
満足度や実績数、教授や有名人の権威づけを行うことでユーザーが商品やサービスを使うことの抵抗を減らし、コンバージョンに繋がります。

3.画像などのメインビジュアル
画像や色合いなどが重要なのは言うまでもありません。飛び込んでた画像や色でユーザーが違和感なくイメージできること、
それを見ることで理解したり、魅力を感じられるようなデザインをこころがけましょう。

一部の紹介になりますが、これらを徹底し第一印象が決まります。
怪しさやうさん臭さのないものになっていないか、徹底して見直して魅力的なページを作りましょう。

メリットを書く

ユーザーがLPを読むことでどのように共感し、利益や問題解決をするかを紹介しましょう。
アプローチの仕方として
1.問題提起型
ユーザーの不安や問題点を提起し、商品やサービスを利用しなかったことで損失するイメージをさせることで煽り、
コンバージョンを促します。
例として保険料の支払い過ぎや美容問題などがあげられます。

2.共感型
LPを読むユーザーの悩みを指摘して、解決方法を提示します。
ユーザーに「自分のことを分かってくれる」という内容を伝えて、信頼を勝ち取ることでコンバージョンを促します。

ファーストビューの最適化

わかりやすいデザイン性でもお伝えしましたが、ページを一目見ただけでユーザーがページを見続けるかが決まります。
ページの利便性もユーザーが残り続ける理由の一つになります。
ユーザーが広告の訴求から入ってきたポイントからファーストビューが違っていたら大きな違和感になります。
デザインを含めて内容に齟齬がないようにしましょう。
ページへ入ってきてどこに問い合わせすることができるか、電話タップボタンや問い合わせフォームへの誘導をしっかりと設置しておきましょう。
ボタンだとわかるか、そもそも目立っているかなどでユーザーが問い合わせやすい形を構築します。

LP改善時のポイント

LPを実際に配信してみてユーザーが利用した形跡を見ることで、想定とは違うポイントでユーザーが不便に感じているポイントを洗い出します。
LP制作する際にツールを導入することでデータを蓄積し改善するための案を考えます。

ページの解析をする

ユーザーがLPに入ってきて何をしているのか、どのくらい滞在したのかなどを調べるためのツールを一部紹介します。
・Google Analytics
Google社が無料で提供しているサイトのアクセス解析ツールです。
リアルタイムでのユーザーのアクセスや滞在時間、直帰率だけでなく、
CV数や独自に設定したイベント数などが計測できます。

・ヒートマップ
ヒートマップとはサイト訪問者がサイトをどこまで見ていたかや、どこをクリックしたかなど色で可視化させるツールになります。
色でわかるので一目でユーザーインターフェースとしての改善策を考えることができます。

ページの解析を行うことでLP改善のヒントを得ます。

解析によって改善するポイント

GoogleAnalyticsやヒートマップなどでLPの改善余地を見つけることが出来たら改善案を考えます。
改善案はすべて実行できれば理想ですが、作成に予算や手間がかかります。
改善できるものに優先順位をつけて改善していきましょう。

またLPは画像が多いため、SEO対策などを行っても検索結果の上位表示させるのが難しいです。
純粋にLPの効果改善を図り地道にコンバージョンを増やしていきましょう。

まとめ

ランディングページを効果的にするポイントを紹介してきました。
コンバージョンの目的を明確化し、効果的な施策を行いユーザーが求めるランディングページを作成していきましょう。

ランディングページが思っていたものと違うものが上がってきた。
効果が全く出ない。
なんてことが起こってしまわないように、制作を行っていくことをお勧めいたします。

J・GripマーケティングではLP制作のプロがお客様に合わせたLP制作を行います。
LPを作りたい、検討をしている。
ご相談だけでも無料なのでぜひお問い合わせください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

プロモーション、広告、制作、PRなら、
J・Gripマーケティング
ご依頼ください。

新技術や新手法が次々と現れる中で、常に最新かつ効果的なマーケティングソリューションを提供するために、弊社ではクリエイティブ制作、システム開発、分析専門担当、WEBプロモーション運用専門担当、企画担当などクライアントニーズの全てに応えることのできる体制を整えています。

おすすめ記事

  • Tik Tok広告

    TikTok広告の費用の目安はどれくらい?種類別の課金方式や相場を詳しく解説

  • Instagram広告

    Instagram広告の費用対効果を高める11の運用テクニック|費用相場や適正予算も解説!

  • Instagram広告

    Instagram広告に強い運用代行を選ぶには?おすすめ代理店5選

関連記事